Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
«Prev | | Next»

2019年12月22日

満川ダム

[ダム巡り]
ここにもダムらしきものが・・・


満川ダムというらしいが、全く近くに寄れる道がない。遠くから眺めるのもほぼ不可能。ただ、ダムに向かっていくであろう脇道があったので入ってみた。

[拡大]

行き止まり!残念!

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:21:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5409

2019年12月20日

辺土上原ダム

[ダム巡り]
GoogleMapでダムらしきものを探すと、このあたりにダムっぽいものを見つけた。


ダム便覧とかで調べると、辺土上原ダムというやつらしい。早速行ってみる。

しかし、その近辺に行ってもダムらしきものは見当たらない。ただ、位置を調べるとこの脇道を入っていけばありそうである。

[拡大]

この道を入っていくと、たしかに土を盛って作ったような場所で、両脇は崖のようになっている。だが、両脇は草が生い茂っていてほとんど見えない。

[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5408

2019年12月19日

勝ちたくないように見えた日本代表

[決めてくれ~~]
昨日のE-1選手権最終戦は、韓国に0-1で負けた。

もう少し善戦するかと思ったが、得点されるまでの約30分間は完全に力&気合負け。その後、韓国のプレッシャーはかなり弱くなったにもかかわらず、点を取りたくないようにしか見えない戦い方で完敗。あんなユルユルのパスや前進してこない選手なんて、相手にとってなんの脅威もない。

サッカーは点を取るスポーツだって忘れてんじゃねーのか?とマジ思った。この位置では縦パスが出せないとかドリブルはリスクが高いとか思うのは勝手だ。だが、シュートしなければ絶対に点は入らないし、シュートするためにはゴールに向かっていかなかればならない。なんなんだあの不甲斐なさは。代表のレギュラーメンバーがほとんどいないんだから、ここで活躍するのは最高のアピールの場だったはず。やる気あんのか?

監督も監督である。第二戦で全く違うメンバーで望み、第三戦は第一戦とほぼ同じメンバーという戦い方しかしない。コンビネーションとかいろいろな問題はあるだろうが、毎回同じだと呼んだから使ってみるみたいな気合の抜けた采配にしか見えない。言い換えれば、第一戦のメンバーがベストメンバーで、その順列は何があってもそう変わらないということになる。少々許せないのは交代選手の使い方と、途中で全く行っているように見えない戦術の変更だ。やれればやられっぱなしで前半終了という姿をなんど見たことか。そんな遅い判断(判断しないという方が正確かもしれん)で、これから戦っていけるのだろうか?

不甲斐ない代表戦は、ここ6試合で4試合めである。時期的にはまだ問題ないかもしれんが、これでW杯予選やオリンピックは大丈夫なのか、不安は大きくなるばかりだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5412

2019年12月18日

大保ダム

[ダム巡り]
大保ダム大保脇ダムと共にぶながや湖を形成している重力式コンクリートダム。こちらがメインなので放流設備も当然備えている。スケールとしてはかなり大きいほうである。

[拡大]

このダム、途中から曲がっているのだけれど、ダム便覧によると
ダム軸が折れ曲がっている。当初は直線で計画されたが、河床部基礎に断裂系劣化帯が存在することが判明、それを避けるため、ダム軸を折り曲げる案を検討した結果、地形地質条件への対応、経済性等の観点からこれが採用された。
とのこと。アーチ型とかは結構見るけれど、折れ曲がったのは珍しい。

[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5407

2019年12月16日

大保脇ダム

[ダム巡り]
大保脇ダムは大保ダムと対になってダム湖であるぶながや湖を形成するダムの一つ。単純に水をせき止めるだけなので放流設備のないロックフィルダムだ。脇ダムという名称だがかなり大きい。

[拡大]

null[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5406

2019年12月14日

福地ダム

[ダム巡り]
福地ダムは北部5ダムの中で最大の貯水容量をもち、貯留ダムとして位置づけられているロックフィルダムだ。貯水容量は大きいのだが、ダム自体は意外にもさほど大きくない。このダムはもともとはアメリカが作ったものらしく、日本のロックフィルダムとは石の積み方の感じとかが違うように感じる。

[拡大]

[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5405

2019年12月12日

新川ダム

[ダム巡り]
荒川ダムは北部5ダムの中で、辺野喜ダムについで高い位置にある小さめのダム。小さめなので北部5ダムの中では取水ダムに位置付けされている。形式は重力式コンクリートダムである。

[拡大]

[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 21:21:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5404

2019年12月10日

安波ダム

[ダム巡り]
安波ダムは北部5ダムのうちで貯留ダムと位置づけられた、福地ダムについで大きなダムだ。ダムの形式は重力式コンクリートダム。このダムの横に、ロックフィルの「安波脇ダム」というのがあることを、さっきダム便覧で知った。後で行ってみよう。

[拡大]

[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5403

2019年12月08日

普久川ダム

[ダム巡り]
普久川ダムは「ふんがわだむ」と読む。で、ダム湖の名前は「フンガー湖」である。北部5ダムのうちの一つで、取水ダムとして位置づけられている。よく見るタイプの重力式コンクリートダムだ。

手前の植え込みで「フンガワダム」と書かれているのがユニーク。
[拡大]

ダム湖側はよく見えなかったが、木々の間から少し見えたのを撮影した。
[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5402

2019年12月04日

Torchlightやってみた

[Game Fan]
かなり前、Diablo、ダンジョンキーパー、SimCityの中毒性というエントリを書いた。そのコメントの中に
Diabloライクで売れたTorchlightは遊びましたか?
というコメントがあったのを突然思い出す。で、steamで検索したら、TorchlightもTorchlightⅡもあるじゃないか。早速Demo版をダウンロードしてプレイ。

まずはTorchlightからプレイしてみたが、英語のみであるけれどなんとなくわかる。わかるどころか操作とかはモロDiabloを踏襲しているのですぐに操作は理解できた。ちょっとだけプレイするつもりが、気がついたら5時間位やっちゃった。

やっぱりDiablo系は中毒性が高いな。こりゃ買わなきゃ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5401

2019年12月02日

辺野喜ダム

[ダム巡り]
辺野喜ダムは沖縄の北部、やんばるの森の中にあるダムの一つ。沖縄には河川が少なく、よってダムも少ない。そんな中で、沖縄の北部では5つのダムを調整水路で結び、統合運用しているらしい。その5つのダムのうち、一番高いところに位置するのがこの辺野喜ダムである。辺野喜とかいて「べのき」と読む。

このダム、道を上がっていった途中から見たら重力式コンクリートダムに見えた。
[拡大]

登りきって見ると重力式コンクリートダムとロックフィルダムの複合ダムだった。結構でかい。
[拡大]

[拡大]

ちょうど放水しているときだったので、ダムの上から吐水口を覗き込んで撮影。高所恐怖症の俺にはスリリングなアトラクションより怖かった。
[拡大]


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5400

2019年11月25日

手も足も出なかったレッズ

[決めてくれ~~]
しょぼい試合第3段はACL決勝のレッズ対アルヒラルである。しょぼいと言ったらレッズファンに申し訳ないが、開始数分で手も足も出ない感満載だった。U-22、A代表は「もっとやれるだろ(怒)」という思いもあっての「しょぼい」だったが、レッズは「ああ、これじゃ勝てない」という感じ。レッズの試合をまともに見るのは久々だったが、こんな試合しかできないチームではないはず。

それなのにチーム戦術がちぐはぐな感じで、個々が勝手に動いているように見えた。個人能力でも見劣りする部分はたしかにあったが、ポジショニングで十分カバーできるレベルにも思えたのだが・・・

レッズはワンタッチ後のボールを置く位置に全く意図が感じられなかった。ボールをもらってもとにかく前を向けない。たまに前を向いても、パスコースを探しているうちにあっという間に間合いを詰められ万事休す。守備と攻撃の2ラインで、その間を埋める選手がほとんどいないのだから、相手にしてみれば守りやすかっただろう。また、日本ではフィジカルモンスターの槙野がタジタジになるほどゴミスは強かったしカリジョもジョビンゴもうまかった。ほぼ勝てる要素なし。

唯一勝てるチャンスがあるとすれば、興梠が絡んでの何かだと思っていたけれど、興梠もほぼ孤立。ただ、唯一前に向かっていける感のある選手だったのは確かだ。

レッズが残留争いに巻き込まれているのも致し方ないのかもしれん、残念だけど。

逆に、アルアヒルの選手は本当に嬉しそうで、ゴミスの涙を見たときにはついうるっときた。おめでとうアルアヒル。クラブワールドカップではアジアの代表として頑張ってほしい。いい線行けると思うよ、マジで。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5399

2019年11月20日

恐ろしいくらいにしょぼかったベネズエラ戦

[決めてくれ~~]
久々に超しょぼい代表戦を見た感じ。一点目は「ま、しょうがないかな?」くらいだったが、二点目は「は?」、三点目は「何やってんの?」、四点目は「・・・」である。ここまでズタボロになってもメンバー交代もしないしベンチからの具体的な指示も感じられない。

しかし、ここで冷静になって考えてみると、森保監督なってチームづくりがうまく行っているのかよくわからなくなるのだ。確かに南野、堂安、中島という組み合わせは破壊力は十分だ。だが、なんのことはない、たまたま素材を組み合わせたらうまくいったと見えなくもない。この三人を機能させる大迫、柴崎、酒井、吉田あたりが欠けてしまうと一気にパワーダウンしてしまう。

今回などはその最たる例で、吉田、大迫、酒井が欠け、中島のワガママなドリブルだけが目立った。ワガママでも結果を出してくれればいいのだが、潰されまくりのシュート外しまくりだ。枠にさえ飛んでいない。あれではチームは機能しない。うまく行っているときは、ベテラン勢がワガママの隙間を埋めているからなのに、中島は未だにそのことに気がついていないように見える。ワガママを通したいのであれば、戦略は中島と言われるまでのレベルになってほしいもんだ。

それにしてもしょぼい試合が続く。東京リンピックにピークを持っていくとすれば、時期的にはこの時期にヘコむのもおかしくはない。だが、戦いぶりは弱い・下手くそとしか見えないのが辛い。後半は盛り返したように見えたが、取れたのはたったの一点である。すべての面でベネズエラに劣っていたことはしっかりと認識すべきだ。

それにしてもツマンネー試合だったな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5398

2019年11月19日

キルギスタン戦もコロンビア戦もしょぼかった

[決めてくれ~~]
まずはW杯2次予選のキルギスタン戦。勝ち点3を奪えた以外で見るべきものはなにもなかった。途中からキルギスタンの得点を期待するくらいひどかった。キルギスタンに点を決められていたら少しは目が覚めたかもしれん。得点もセットプレーからの2得点、それも一つはPKときたもんだ。久々にしょぼい試合を観た。

と思ったら、コロンビア戦もしょぼかった。コンビネーションのかけらも見られない。堂安、久保は個人技で負けてはいなかったけれど、勝ってもいない。それ以外の選手も同じだ。ボランチや最終ラインがボールを持っても受けるための動きはほとんど見られずじまい。上田はアントラーズで強くなったなぁと思っていたが、イザという試合ではやっぱり遠慮がち。可愛そうなくらいにボールを取られていた中山を交代させなかった理由もよくわからない。点差は2点だが、それ以上に力の差を感じてしまう試合だった。これでよくブラジルとかに勝ったなーと思う。メンバーをいじらなければもう少し良かったのかもしれないが、この試合を見る限りでは東京オリンピック大丈夫?という印象しか持てない。ちょっとメンバーをいじっただけでここまで落ちるのだから、オーバーエイジを入れたらもっとひどくなるのではなかろうか。自国開催のオリンピックなんだから、過去最高の成績は必須だろ?個人の能力はそれなりにあるんだから、後は集中力と強いハートだ。まー、それが難しいんだけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5397

2019年11月13日

ちょっとよくわかんない

[Bike!Bike!Bike!]
先日Power RSファーストインプレというエントリにコメントがついた。よくわかんなかったので、とりあえず俺が参考にしているサイトなどをここに書いておこうと思う。

サスのセッティングについては
サスペンションセッティングの方法 その1 | 激安バイクタイヤ交換 モトフリーク東京
とか、
サスペンションセッティングの働きとサスペンションセッティング方法
とかを参照している。

また、タイヤの空気圧については、ヤマハでロードスポーツの開発やレーシングライダーでも活躍し、ヨコハマゴムでタイヤ開発テストなどを行っている和歌山利宏さんのブログ「テストライダーという仕事」の
タイヤについて
というカテゴリのエントリを参考にしている。ここによれば、タイヤは指定空気圧で乗るのが正解らしい。なので俺は当然指定空気圧で走っているし、乗る前には空気圧を必ず測って指定空気圧に合わせている。

以前車検に出したら、指定空気圧よりかなり低めにされていて驚いたことがあった。バイク屋でも空気圧を下げちゃうし、結構なバイク雑誌で「空気圧を下げてグリップ力を上げる」みたいなことを書いているから、こういうコメントがあっても不思議じゃない。ちなみにサーキットでも指定空気圧で走ってみたけれど、もともとそんなに速く走れないので空気圧を変えたらタイムが変わったということはなかった。泣ける。

ま、こんな感じ。とりあえず俺の頭の中の情報を開いてみた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5396

«Prev | | Next»