Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
«Prev | | Next»

2019年01月26日

韓国・オーストラリア散る

[決めてくれ~~]
驚いた。前回大会の決勝戦を戦ったチームがどちらも負けた。韓国は試合を優位に進めるも、「あれは仕方ないよな」というミドルに沈んだ。オーストラリアはちょっとした不注意が負けにつながってしまった。いずれも力負けというわけではない。これがサッカーの怖いところだろう。

勝ったカタールもUAEも満身創痍だ。特にUAEはけが人も多く、次の試合は持てる力を十分に発揮できるか疑問である。

対する日本側のブロックは、カタール-UAEに比べれば順風満帆である。日本は出場停止者0、延長なし、イランもほぼ同じだ。カタール-UAEは2試合続けて死闘になるだろうし、実力や空き日程からみても決勝戦は日本-イランの勝者のほうが有利だろう。カタールとUAEには申し訳ないが、日本-イランが事実上の決勝戦になる可能性は高い。

今大会ではイランの力が抜きん出ているように思う。さて、日本はそのイランに勝てるだろうか。シュートがことごとくGKに当たっている南野がゴールを決められるだろうか。大迫、原口、長友がキモかもしれんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5306

2019年01月25日

イランは強いぞ

[決めてくれ~~]
ベトナムをPKでどうにか振り切った日本代表。グエン・コン・フォンがうまいのか日本の選手がいまいちなのかよくわからんが、イラン-中国を見る限りでは、イランにはグエン・コン・フォンクラスがゴロゴロいる。うはっ。大丈夫だろうか。

特に20番のアズムンはやばい。足バカっぱやじゃんか。技術もしっかりしているし、高さもある。かなり厄介だな。

対する日本は・・・うん、イマイチだったな。前半のガッチリ引かれた場面で無理しないのはいいとして、先制点を取られて前がかりになってきたベトナムをいなす事ができなかった。北川にボールが収まらない、北川と周囲の息が合わない、北川が北川がぁ!という感じ。北川だけが悪いのではないが、フィジカル的にも技術的にもまだまだだということが改めて露見した。ただ、アジアの大砲と言われた高木もこんな感じだったよな。オフトが周囲の雑音を気にせず使い続けて本物の大砲になった。北川はここで力をつけてオリンピックに持っていってほしい。

南野は今大会は持ってないね。シュートはことごとくキーパーに当たってしまう。アジア大会前に当たりすぎだったのかもしれんね。

堂安は悪くはないけれど、こんなに痺れる気の抜けない試合をここまで続けることは初めてなんじゃないだろうか。表情を見ていると、今までの余裕がなくなりつつあるように感じる。予想していた以上に厳しい、そんな思いを新たにしているのだろう。この経験が彼をますます大きくしてくれるだろうね。

それにしても大迫である。途中から出てきて資質の違いをまざまざと見せつけてくれた。たった一人でここまで違うのかとさえ思った。代えの効かない選手という言葉は、まさに大迫を指すためにあるのじゃなかろうか。

今大会を見ていて、全体的にドリブルが封印されているような気がする。もしかしたらイラン、オーストラリア、韓国に当たるまではドリブルを見せないようにしているのかもしれん。

イラン戦は本当に厳しい戦いになるだろう。ただ、イランはここまで大した苦戦もなく順調に勝ち進んでいる。そこがつけ入る大きなスキになるのではないか。実際日本も前回大会では盤石の成績でグループリーグを突破したが、余裕を持ちすぎたのか相手をなめたのか知らんがベスト16でUAEにPK戦で敗退した。まぁ、圧倒的な力の差を見せたまま優勝した2000年大会の日本みたいな例もあるけどね。

今日は逆のブロックの準々決勝だ。やっぱり大会の面白さはベスト8からだね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5305

2019年01月23日

ベスト8出揃う

[決めてくれ~~]
アジアカップはベスト8が出揃った。ベトナム以外は驚きのあまりない国ばかりだ。ベスト16で比較的安泰にコマを進めたのはイランのみ。8試合のうち4試合が延長、そのうち2試合がPK戦で決まり、90分でケリが付いた4試合についても中国は逆転勝利、日本はボールを持たれまくった中での1チャンス、カタールーイラクはカード7枚に足をつらせる選手続出のノーガード殴り合いであった。

そんななか、日本はマジで強豪の戦い方になってきているような気がする。どんなにグダグダでも勝つ。相手に持たれても要所だけは締める。運も味方につける。いままで日本が強豪国にやられてしまったことを全てやっている。ちょっと期待しちゃうなこれ。

中でも、吉田、長友、原口、特に原口の気合がすごい。全ては勝利のためを恐ろしいまで徹底している。多分ここに大迫も入るだろう。そこに柴崎・酒井が加わった6人が醸し出す雰囲気がチームを動かしている。確かに中島、南野、堂安は面白い。だが、旨さ、速さは感じても「強さ」を感じないのだ。最後まで集中を切らさず戦う姿は、ベルギー戦を始めとした厳しい戦いの経験からくるもなのだろう。ロシアW杯で日本代表はまた一つステージを上がったんだなぁと思う。

だからこそこの大会は優勝してほしい。それが新しい選手の糧となり、もう一段上に行けるかもしれない。さあ明日はベトナム戦だ。どういった戦い方をするのか楽しみである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:01:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5304

2019年01月22日

驚きのサウジ戦

[決めてくれ~~]
昨日のサウジ戦はかなり驚いた。ボールをキープできない。セカンドボールはガンガン拾われる。サイドはちょくちょくえぐられる・・・ぼーっと観ていると、どっちが強豪国かわかったもんじゃない。

だが、なぜか安心感があった。なんというか、「ああああっ危ない!」というドキドキがないのだ。それは多分選手から慌てた感じが伝わって来なかったからだろう。以前だったら気が気じゃなかったはずなのだが。

で、後半途中から、「このまま勝てる可能性70%以上だな」と思うようになった。残りの30%はポカとかスーパーミドルとかで一点入れられるかもしれんという不安だ。ガッチリ崩されて入れられるというのは想像し難く、そのくらい最後の最後はしっかりと止めていたと思う。

こんな勝ち方ができるようになるとは。数年前では思ってもみなかったことだ。ポゼッションを高く保っているのだけれど結果は負け、強豪との試合ではそんな姿をたくさん見てきた。それがどうだ。今では強豪にやられた戦い方を日本が行っている。当然反省点はたくさんあるだろう。だが、あれだけ攻められても勝ちきったといういのは今まであっただろうか。サウジの決定力不足にも助けられたけれど、そこを計算に入れての守り勝ちである。

日本も強くなったもんだ。大舞台での経験というのはこういうところで生きてくるんだろうなぁ。

さて、次はベトナム戦である。ベトナムこそ心してかからないと足元を救われる可能性が高い。集中力を切らさず、確実に勝ちきってほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:01:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5303

2019年01月21日

The Long Darkがまたアップデートしてた

[Game Fan]
しばらくやっていなかったThe Long Darkだが、結構大規模なアップデートが行われた模様。最後にやりかけていたのはストーリーモードだのだけれど、どこかでけつまづいてそのままだったような・・・あれ?それはチャレンジモードだったかな?

まあいい。このアップデートを機会に、ストーリーモードのEpisode.1からやり直している。アップデートしたら飛行機で飛び立つ前のところも追加されていたり、マザーのクエストなどの会話UIが変わっていたりした。過去のセーブデータが使えるかは不明。帰ったら確認してみよう。

やり始めてみると、オオカミにはちょっと腹が立つがやっぱり面白い。やり始めはゲームの感覚を忘れていて、2回ほど凍死する。だめじゃん。やっとマザーのクエストのところまで来たので、これからコツコツ進めてみよう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 20:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5302

2019年01月18日

一位通過は当然の結果

[決めてくれ~~]
ウズベキスタンを2-1で撃破した日本代表。これでグループリーグ一位通過が決まった。

ウズベキスタンは前の試合から5人スタメンを入れ替えてきた。というか、ウズベキスタンはグループリーグのデータを見る限り、絶対的なスタメンがいない感じだ。対する日本は北川以外総入れ替え。W杯ロシア大会のポーランド戦から、大きくメンバーを入れ替えるというのが恒例になってきている感じ。

試合はどちらも「絶対に勝たなければ」ということもなく、静かに進んだ。やっぱり日本のほうが実力として上かな?とか思っていたらショムロドフにやられた。一瞬早く右足のアウトサイドで蹴ったあのシュートはうまかったね。槙野の対応はちょっと???だったけど、あのスピードで三浦がちぎられ槙野もサクッとかわされたほんの少しのタイミングであのシュートだからなぁ。

その後、すぐに同点に追いついたのはよかった。塩谷のミドルはすごいの一言。スタメンではないメンバーだったが、悪くはなかった。気になったのは北川の自信のない感じと乾のスタミナぎれ、それに槙野のちょっとしたポカかな。チーム全体では、ほんの少しだけれど注意力が切れる時があることが気になる。これからの相手にはそれが致命傷になるから、どんなときでも集中力を切らさないでほしい。

ウズベキスタン戦を見る限りでは、スタメンにシュミットと塩谷を使ったほうがいいように思えた。特にシュミットはかなり安定して見えたのだがどうか。

さて、次の対戦相手はサウジアラビアだ。なんだかんだ言ってもサウジとは相性が良いんだよね。気を抜ける試合ではないけれど、余裕を持って戦ってほしい。余裕で勝つだろ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5301

2019年01月16日

スマートブレスレット昇天

[つれづれなるままに]
俺は2016年頃からスマートブレスレットなるものを使っている。当然のごとく超安価なやつだ。最初に買ったやつはたったの2,000円。それでも着信通知、メール通知、歩数計、睡眠測定がついていてそれなりに便利だった。ただ、モロ中華製で、日本語表示はかなり怪しかった。

その後脈拍測定ができるものが主体になったので、そちらに買い替えた。こちらも悪くはなかったのだが、睡眠測定がイマイチで少々残念だった。だが、このブレスレットは一年でこの有様だ。

寿命とか作りが悪いとかじゃなく、単にどこかに引っ掛けちゃったんだと思う。この他にも余ったベルトを止める輪っかみたいなのもブチ切れた。ここの部分が裂けちゃうと致命的だよなぁ。シリコンゴムみたいな材質だとやむを得ないけれど、一年でゴメンは残念。

ということで、また新たにスマートブレスレット安価品を購入することになりましたとさ。本当はカッコいいスマートウオッチがほしいのだけれど、カッコいいやつは電池の持ちがイマイチらしい。せめて1週間は持ってほしいので、当面は安いブレスレットでいいかなと・・・

次のやつはこれね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5300

2019年01月14日

まずは一次リーグ突破

[決めてくれ~~]
オマーンを1-0で破り、日本は決勝トーナメント進出を決めた。開始直後からチャンスが続いたが、シュートはことごとく相手に止められてしまった。こういうときは入らないんだよなー。特に南野、堂安については、今日はどんなには打っても入らないんじゃないか?と思った。運良く得たPKも、相手キーパーの読みはピッタリ当たっていた。まぁ、原口なら相手キーパーに読まれても決めるだろうと思っていたが・・・

その後もチャンスが続いたが決めることは出来ず前半終了。後半はテンションが一気に下がった感じの試合運びで眠くなる。長友のハンドはヤバかった。珍しく中東の笛が日本に有利に働いたな。こんなの初めてじゃなかろうか。

それにしても武藤はイマイチだったなぁ。前から思っていたけれど、武藤の選択って相手にとって怖さがないんだよね。パスもランもゴールから遠ざかることが多い。もっとゴールに向かえよ。ボールの収まり具合でいうなら、南野のほうがいいよな。1トップの重要なポイントが「ボールが収まること」とすれば、北川も武藤も失格。大迫不在の場合は1トップは南野で、トップ下に堂安、左に乾、右に原口とか面白そう。決勝トーナメントで北川・武藤は厳しいんじゃないかな?

さて、なんだかんだ言ってもオーストラリアがヨルダンに負けた以外はほぼ予想通りな結果で来ている今回のアジアカップ。今回の代表はまだモタモタしている感じがあるけれど、戦い方や個人のスキルなど頭一つ抜けている。これからどんどん調子が上がってくるんじゃないかとかなり期待している。ただ、チームが出来上がっていないかもしれない決勝トーナメントの1回戦が最大の山になるんじゃないかと思う。そこを乗り切れば、決勝戦までは行けるんじゃないかと。

期待しているぜっ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5299

2019年01月10日

トルクメニスタン戦はグダグダだったなぁ

[決めてくれ~~]
俺だって2~3桁億のM&Aなら関わったことあるよwww。関わったことはな!

という話はさておき、トルクメニスタン戦は録画していたものを眠い目をこすりながら2/3は寝ていたけれど観た。トルクメニスタンもそれなりに技術はしっかりしていて、負けてもおかしくなかった。どっちが強豪国かわからんなあれじゃ。

そんな中でもとりあえず勝ち点3。2011年のアジアカップも初戦のヨルダン戦はひどかった。その次のシリア戦もひどかった。グループリーグ最後のサウジ戦は楽に勝てたが、楽勝はこれだけ。準々決勝準決勝決勝ともにギリギリの勝利だった。

逆に前回は初戦のパレスチナ第二戦のイラク第三戦のヨルダンに危なげなく勝利。実力をいかんなく発揮しており、順調に勝ち進むだろうと思っていたが、なんと決勝トーナメント一回戦で屈辱の敗退。こんなもんだよね。

今回は2011年に似ているかもしれん。まだわからんけど。次の相手は首の皮一枚になったオマーン。今の代表の真価が問われる試合になりそうだな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5298

2019年01月09日

アジアカップ始まってますな

[決めてくれ~~]
アジアカップが開幕している。我らが代表は今日初陣だ。相手はトルクメニスタンなので、まず大丈夫だろう。といってもアジアカップはそう簡単な試合にならない。これはW杯で強豪国がグループリーグにピークを持ってこないのと同じような理由だ。そこにつけ入るスキがある。アジアカップでは日本は強豪国だから、きっちりと研究されたうえに相手は全力で戦いを挑んでくる。そう簡単に勝てるわけがないのだ。現にオーストラリアはヨルダンに負けたし、韓国もフィリピンに苦戦した。

だが、やっぱり実力の違いというのは大きい。少し前まで日本が世界の強豪と当たったときに、前に行きたくてもいけなかったのと同じだ。慢心しなければ取りこぼしはありえない。

中島と守田が負傷でメンバーから抜けたは残念。久々に乾が徴収されたが、個人的には原口に頑張ってほしい。中島もいいが、攻守にわたってチームに貢献できるのは原口のような気がする。勝ちに行くときは中島、若干守備に重点を置く場合は原口かな?あのベルギー戦での先取点は、頑張ってきた原口へのご褒美としか思えなかった。原口がこんなにフォアザチームの選手になるとは思っても見なかった。だからこそ原口にはもっと活躍してほしい。

アジアカップは優勝しかないだろ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 19:19:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5297

2019年01月07日

新年明けましたおめでとう

[つれづれなるままに]
とっくの昔に明けてるけどな。

さて、昨年は秋口からいろいろあって更新が滞りがちだった。というような書き出しは、実は放置されつつあるブログに良く見られる書き出しだったりする。なので、できるだけこのフレーズは使わないようにしようと心に決めていたのだが、マジだから仕方ない。それにしてもこれを書いたのは10年近く前なんだなー。感慨深い。

実生活でいろいろあって、かつ自分の時間が少なくなると、どうしても何かを削らなければならない。更にはその実生活を赤裸々に書くわけにも行かず、結局更新がおろそかになる。

そもそもこのブログ、2014年あたりまではほぼ毎日更新だった。良く書いていたなぁと思う。今でも書こうと思うえば書けなくはないが、毎日更新するほどの気力がなくなっちゃった。だって書き始めてもう15年だもの。じじいになったし、もう毎日でなくてもいいだろ。

ということで、今年もよりゆるく続けていきますのでよろしく。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5296

2018年12月29日

今年も終わるなぁ

[つれづれなるままに]
気がついたら12月29日。今年もあと3日で終る。個人的にもいろいろあったけれど、世の中もなんだか一気にきな臭くなっている。昨年は北朝鮮がお騒がせしてくれたが、今年は中国韓国北朝鮮が相変わらずのお騒がせっぷりなところに、米中貿易戦争とかまで勃発。久々に魑魅魍魎な感じになってきている。国内ではアベガーもしくはアベノセイダーズが相変わらずの騒ぎっぷりだったが、結局モリカケも一時的なブームで終わった感じ。ま、証拠を出せなかったんだから仕方ないよね。アベガー勢は全く論理的じゃないもんなぁ。

最近でも辺野古&ローラで楽しませてくれているが、反対している人は普天間のままでいいということでFA?というのは誰も追求しない。アホくさい話だ。

で、韓国軍のレーダー照射である。以前も少し書いたが、未成熟な国に目くじらを立てるからバカにされる。慌てず騒がず理路整然と、しかし声高らかに反論するべきだ。

脳科学者の中野先生によると、人間は置かれた環境で生き延びられる性質もった遺伝子を残すことで繁栄してきたらしい。同じような風貌でも、中国人韓国人日本人が全く違うのはそのためなのだろう。そして、その遺伝子の影響がなくなるには四世代かかるらしい。日本は「前の戦争は日本が全て悪いんです」みたいな教育を二世代以上に渡って行い、それに適応出来た人間を優遇してきた。その結果がこれだよなーとしか言いようがない。

来年は良い年になりますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5294

2018年12月28日

満男おつかれさま

[決めてくれ~~]
アントラーズの小笠原満男が引退した。先日のクラブワールドカップ3位決定戦の終盤に交代要員で起用されたとき「あ、引退するかも・・・」という思いが頭をよぎった。だが、同年代の曽ヶ端も現役だし、他チームでも小野伸二も稲本も現役続行している。頑固な満男だから、もう少し頑張るかもと思っていたのだが、膝の状態は想像よりはるかに悪かったということか。

満男が入るとチームが締まる。そんな場面を何度も見てきたように思う。彼がいなくなって、アントラーズは大丈夫だろうか。若干の不安を覚えるほど、満男の影響は強かった。

一つの時代が終わったような気がして寂しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:01:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5295

2018年12月14日

だんごむし入手した

[つれづれなるままに]
前から気になっていただんごむしガシャ。発売されてから、普段は見ることのないガシャポンマシンでだんごむしを探し続けたが見つからない。

実は一度だけ家の近くのドラッグストアで見つけたのだが、なぜか「販売中止」の紙が貼ってあった。子供が学校とかに持っていって騒ぎになり、親からクレームが入ったのではないかと思ったのだが、真相は不明。近くのドラッグストアにあったのだから他でもすぐ見つかるだろう、そう思ったのだが見つからない。探し始めてすでに2ヶ月が経過したが駄目である。

もう待てないので、アマゾンで購入した。ガシャで買えば500円だが、なんとアマゾンでの販売価格は2,170円。どうせだったら3種類セットで買えばよかったかなー。

null[拡大]

小さいころはよくだんごむしを丸めて遊んでいた。なつかしー。だんごむしってワラジムシと違い光沢があってきれいなんだよね。名前のとおり全体的に丸みがあって動きもちょっと鈍い。なんとなく愛嬌がある感じなんだよなー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5293

2018年12月13日

「生まれてきてくれてありがとう」って気持ち悪い

[つれづれなるままに]
「生まれてきてくれてありがとう」とかいう言葉を目にするたび、とても気持ちが悪くなる。この言葉はなにに感謝しているんだ?

文字通りに取れば「生まれてきた」という現象に対する感謝となるが、言葉として「~してくれて」というところが不要である。そもそも生まれてくるのは偶然の産物であり、その偶然を感謝するのであれば「出会えてよかった」というような言葉のほうが良い。

また、「生まれてきた対象」に対する感謝であれば、これもまた「~してくれて」というところが不要である。生まれてきたのはその人の意志ではない。そもそも「~くれる」という言葉は、人が人に対して行った行動に対してつける言葉だ。だから、「生まれてきてくれて」は非常におかしな言葉遣いである。ああ気持ち悪い。

「産んでくれてありがとう」もかなり気持ちが悪いが、こちらはまだ産んでくれた対象、つまり母親に対する感謝なのが明確だし、「産む」という行動に対しての「~してくれる」だからかろうじて許せる。ただ、もう少し気の利いた言い回しはたくさんあるのに、なぜ「産んでくれてありがとう」なのか理解しかねる。つか、種を植えた親父への感謝はないのか?こういう言い回しをよしとするなら、「まぐわってくれてありがとう」のほうが両親への感謝を表す最高の言葉じゃないのか?誰も言わないだろうけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5292

«Prev | | Next»