Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
| Next»

2020年03月27日

安全より安心なのかなー

[つれづれなるままに]
興味深い話があった。
「重篤肺炎じゃないと検査は受けられない」とタライ回しにされたコロナ疑惑者の2週間の記録
これを書いた人の不安たるやものすごかったのだろうと思う。医療の結構な部分は「安心感を得る」というものが占めているのは言うまでもない。だからインフォームド・コンセントの重要性が言われているわけで、治りゃいいって話だけではないのだ。更に、人間の治癒力というのは気分に大きく左右される。これは比較対照試験で一定割合プラセボ効果が現れることでもわかる。まさに「病は気から」なのである。

ただ、そもそも薬は人間の治癒力を高めるものでしか無い。結局は人間の体が本来持っている力に頼っているのだ。特に未知のウイルスとかになれば、やれることは対処療法のみで、ウイルスの種類がわかってもやれることは限られている。インフルエンザとかはウイルスが体内で十分に増殖したあと、細胞膜を破って出てきたウイルスを拡散させるために人間に咳やくしゃみをさせる。インフルエンザのかかり始めではほとんど感染させないのはそのためだ。通常の呼吸だけでウイルスが大規模に拡散されることは無いのである。今回のコロナウイルスも、咳などの症状がなかったり、大声で話したりしない限りはウイルスの拡散は少ないはずだ。だから検査に対する対応はは別として、治療という意味での医療機関の判断は間違っていないと思う。

先の記事を書いた人は、感染していた場合の感染を広げる恐れについて言及して入るものの、自分の不安や不満を正当化する手段に使っているように思えるのは俺だけだろうか。俺の心が歪んでいるからなのか?基準のある「安全」より、個人の感情に帰属する「安心」を求めてもどうしようもないのに。

もう少し「正しく恐れる」という科学的な視野が欲しいもんだね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5442

2020年03月17日

感染シミュレーションが興味深い

[つれづれなるままに]
ワシントン・ポストが無料で提供しているストーリーが興味深い。

コロナウイルスのようなアウトブレイクが指数関数的に広がる理由と、「曲線を平坦化する方法」(Google自動翻訳でのタイトル)

このシミュレーションと、新型コロナウイルス感染 世界マップにある国別の新規感染者数のグラフを見比べると、中国は当然として、イタリア、フランス、スペイン、イラン、韓国などは、アウトブレイクを遅らせられずに来ていると見ることができる。中国、韓国はピークを越したと想定されるが、アウトブレイクを遅らせることができたとは言い難い。全世界で見るとピークはまだ迎えておらず、収束に向かうには最低でもあと2ヶ月はかかるはずだ。

そんな中、日本の新規感染者の増加はとてもゆっくりである。その増え方は、社会的距離を置いたシミュレーションの動きに近い。

感染源が不明な今、取るべき方法は「社会的距離を取る」ということに尽きるのだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5440

2020年03月11日

あの日から9年が経った

[つれづれなるままに]
今日は東日本大震災が起こった日だ。あの日のことは決して忘れないだろう。大きな揺れと共に停電となり、電車は止まり高速も閉鎖。情報源はワンセグやラジオしか無い。携帯も電話も全く通じず、家族の安否も不明である。

仕事場が少し落ち着いたので、暗くなってから車で家に向かった。あの夜は吹雪で、その上停電ですべてが真っ暗である。視界は数メートル先がやっと見える程度だ。

空はこれに雪が降りしきっている感じで、何かが不吉なものが空を覆っているように思えるくらいだった。


国道は走る車もほとんどなく、建物はすべて明かりが消えている。ホラー映画とかで出てくる人のいなくなった街そのものだ。たまにすれ違う車がいることで少し安心できるくらいの孤独感である。

その車の中で、NHKのアナウンサーが津波被害の状況を刻々と伝えているのを黙って聞いていた。アナウンサーもこみ上げてくるものを抑えきれず、声が上ずったりしているのが印象的だった。

家につくと、家族はみんな居間で寝ていた。ホッとしたのは言うまでもない。

翌日、仕事場は電力が回復していた。そこで福島第一原発1号機の爆発映像を見た。

これは家族を連れて逃げなければならないかもしれん。そんな思いが頭をよぎったが、逃げると言ってもどこへ逃げれば良いのか・・・14日には3号機が爆発した。

この頃には津波の映像も続々と報道され、ネットにも上がって来ていた。宮古市や田老町の映像は我が目を疑った。俺は昔盛岡に住んでいて、海に行くとなれば宮古とか田老とかだった。そのころ、あのバカ高い防潮堤を見て、なんて無駄なものつくってんだろうと思ったものだ。あの無駄に大きく見えた防潮堤をあっさりと乗り越える津波を見て、人間の知恵などこの程度なんだなと思うしかなかった。

あれから9年。いまはコロナウイルスで大変である。しかし、日本人はあの震災でもパニックを起こさなかった。災害の多い日本では、冷静に行動し、みんなが助かる方法を優先する遺伝子をもった人が生き残って来たからだと思う。他の国でどんどん死者が増えているのは、俺が俺がで行動し、被害を大きくしているからではなかろうか。今回の騒ぎでも日本人は比較的冷静で、その冷静さが死者の増加を抑えているのだと思う。

東日本大震災のとき、ぐっと来た映像があったのでもう一度載せておこう。


東日本大震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:06:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5438

2020年03月03日

日本オワタらしい

[つれづれなるままに]
少々面白い記事を発見。

一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ
やっぱり日本は終わりだ

超端折って書くと、今回の一斉休校の要請に対して、親が「働きにいけない」と反発したことについて、「そうじゃなくて教育がおろそかになることのほうが問題だろ。」という意見である。詳しくはリンク先を読むべし。

おっしゃるとおりである。だが、ある視点が欠けているように思う。それは「コロナウイルスなんて大したことないと思うのに、なぜここまで騒ぐの?」と思っている人が結構いるのではないか、という点だ。世の中は大騒ぎしているが、それが本当に危急存亡の危機とは思えない。そんな思いが根底にあるように思うのは俺だけではないはず。重大事と感じていないから、こんなことで働きにいけなくなるなんて・・・となるのではないだろうか。

罹患すれば死に至る病気であったら、反応は全く違ったものになると思う。

1.2億人の人口に対し、3月3日現在で感染者は275人。あのダイヤモンド・プリンセス号を日本の罹患者とカウントしても1000人に達していない。罹患率は0.0008%である。死者も12人となっている。データだけ見れば「大したことないじゃん」としか見えない。だから、今回の政府の動きは少々奇異に映る。本当に一大事であったなら、教育とか親が働けないとかの話など一瞬でぶっ飛ぶだろう。

なんだかバランス感覚乏しくね?と思った次第。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 20:20:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5435

2020年01月01日

今年のセルフお年玉

[つれづれなるままに]
あけましておめでとうございます。今年も誰もお年玉をくれないので、セルフお年玉としてスピーカーを買った。今までPC用に使っていたのはコスパ最強と言われていたロジクールのZ120BW。

PC専用として、以前は通常のプリメインアンプにYAMAHAのNS-05というそこそこ贅沢な環境だったのだが、PCのモニタをTVで代替えするようになってからロジクールのやつで我慢していた。

だけどそろそろ限界。だって音がよく聞こえないんだもの。ロジクールのZ120BWも値段から言ったら全く不満はない。しかし、所詮は2千円程度のものでしかないのだ。このスピーカーだとサクッと音楽も聞けないんだよね。

ということで、やっと重い腰を上げたわけ。その前に電気屋とかでPC用のスピーカーを視聴してみたけどピンとこない。スピーカーは聞いてみないとわからないんだよね。で、思い出したのがCROSSBREED クロスブリード!2万円少々で組む安価なAVシステムで紹介されていたFOSTEX アクティブスピーカー PM0.4c(W)。

アマゾンで頼んだらすぐ届いた。


中身はこちら。


早速繋いでみたらなかなか良い。音質は耳に変な刺激がなくかなりフラットで素敵。良い買い物をしたなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5415

2019年08月30日

国際関係アナリストなのにこれ?

[つれづれなるままに]
韓国・文在寅はGSOMIA破棄で自爆、安倍政権に吹いた「神風」とは
内容的には納得の行く話ではあるが、一つだけ気になる部分が・・・

この記事の最初の方で、日本政府が「化学製品の輸出制限は、安全保障上正当であると言われているが、一般的には、判決(韓国大法院〈最高裁〉が元徴用工らへの賠償を日本企業に命じた判決)に対する報復であると考えられている」というロジックがおかしい事に気がついた、みたいに書かれてある。

いや、日本は最初から安全保障上の理由から輸出制限をすると言っていたはず。ただ、その部分は勝手に「いわゆる徴用工問題」に対する報復と取られていたのは確かだ。決してロジックがおかしいのではなく、そこを強く否定しなかった情報戦においての戦い方のミスというべきじゃなかろうか。

気になったのはそれだけ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5371

2019年08月17日

クマ駆除への苦情について考察

[つれづれなるままに]
クマ駆除で札幌市に苦情約200件「山に返せなかったか」「施設に入れられなかったか」などの声 北海道

こういう苦情を見ていると、ある傾向に気がつく。その傾向とは「当事者じゃない人が騒ぐ」ということである。俺も以前全国的に話題になったネタにさらされたことがあったが、騒いでいる人はその殆どが関係のない人であった。関係のあった人はあまり騒がないのである。こういう案件では事件に関係のない、つまり、当事者でない正義の味方気取りの人が騒ぐのだ。人権問題しかり、環境問題しかりである。

想像してほしい。自分の街を体長1.4m、体重128Kgの動物が歩いている姿を。セントバーナードとかより遥かにでかいんだぞ。襲われたら命に関わる動物が自分の家の前にいたら普通の人間ならビビるに決まっている。その状況を味わってから、もしくは、よく想像してから「山に返せなかったか」「施設に入れられなかったか」とか言うべきである。

俺は山でカモシカに出くわした事があるが、マジでかいぞ。ニホンザルにもあったことがあるが、予想以上にでかいぞ。あの大きさでも威圧感があってちょっとビビるのに、ヒグマとなれば・・・俺はいま札幌市に住んでいるが、このクマが現れた街からはそれなりの距離がある。それでもやっぱり恐ろしい。

部外者は麻酔銃とか捕獲とかのお花畑理論や動物保護しろみたいな文句を言う前に、もっと想像力を働かせてほしいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5370

2019年08月08日

串カツ田中の前年割れは全面禁煙が原因なのか?

[つれづれなるままに]
不思議な記事を見た。

串カツ田中が5カ月連続前年割れの変調、全面禁煙が招いた2つの難題

この記事の中では、2018年6月に全面禁煙に踏み切った串カツ田中が、5ヶ月連続で既存店が前年割れをしているということを伝えている。その落ち込みの要因は客数減ではなく、客単価が減少していることらしい。その客数も、平日のサラリーマンが10%減小しているとのこと。その平日の客数減少を土日のファミリー層増加でカバーしているという。その結果、客単価が減少しているというのだ。

ここまでは事実として認識していいと思う。だが、その要因を「全面禁煙」に結びつけるのはどうなのだろう。これは少し考えれば分かると思うのだが、「全面禁煙によって平日のサラリーマン客が減少した」ことを正しいとすれば、串カツ田中の平日の売上はタバコを吸っている20%前後の人が支えていたことになる。また、家族連れの客数が増加しているのに客単価を上げられないのは、アルコール消費量が少ないことが原因としている。

これは20%の喫煙者たちをターゲットにしたほうが売上が上がると言っているのに等しい。

はたしてそうなのだろうか。世の中、母数を大きい方をターゲットにしたほうが成功する確率が高いと思うのだが、違うのか?

不思議な記事だよな、これ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:22:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5369

2019年08月07日

某隣国について

[つれづれなるままに]
某隣国はなんであんなに騒いでいるのだろう。特に「安倍やめろ」みたいなのは内政干渉も甚だしいのだが、よくわかっていない模様なのが香ばしい。

ついでに某隣国の大統領も「独裁者政権の国と手を組めば日本に対抗できる(エヘン)」みたいなことを口走って、全世界に「我が国こそが某独裁者政権の国の支援国であーる」とゲロしちまった。頭は確かかこの人。

それにもまして我が国の動きも香ばしい。朝日、毎日の各紙は完全に某隣国の味方であり、日本の報道機関とは全く思えない。さらには「仲良くしようぜ」軍団も現れ、日本より某隣国方面を大事にしている輩を見事にあぶり出している。

慌てず騒がず粛々と行こうぜ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5368

2019年07月19日

こういう候補者は選挙で選ぶな

[つれづれなるままに]
もうすぐ参議院選挙の投票日である。昔々、筑紫哲也が「今回の選挙はbad、worse、worstの中でbadを選ぶ選挙になるかもしれませんが・・・」みたいなことを話していた。うまいこと言うもんだなーと思っていたが、今の政治家の顔ぶれを見ても、選挙なんて所詮そんなものなのかもしれん。

そんな中、これだけは選ぶなというポイントを考えてみた。

まず選んではイケナイ筆頭は論理的思考ができない人だろう。最近のネタで言うと「年金だけだと2000万円足りない」とか「プラスチック削減のためにレジ袋やストローを・・・」とか騒いでいる人である。年金2000万円問題で言えば、「95歳まで生きるためには2000万円足りない」なんて話は、どういう状態に持っていきたいのかを決めれば算術的に求められることだ。不足していると言われている2000万円を全て年金で補うためには、負担を増すか受給者を減らせばよく、そのバランスをどこに持っていくのかを決めるだけなのである。それを「安心に暮らせないのは云々・・」と不安を煽るだけのバカタレは選ぶに値しないのは明らかであろう。計算できないやつが政治をできるとは思えない。

2つ目は信条をコロコロ変えるやつだ。もっと簡単に言えば、コロコロ政党を変えるやつ。当然党の名前を変えることもこれに値する。そもそも言うことがコロコロ変わるやつなんて信用できないにきまっている。

3つ目は今回の輸出規制を必要以上に非難する、もしくは韓国の肩を異常に持つやつである。これについては単に俺のポリシーということにしておいてほしい。

この3つのどれかに当てはまる奴は要注意。注意深く見てほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5359

2019年07月01日

想像したら気分が悪くなった

[つれづれなるままに]
生まれつき耳が聞こえず,やがて目も見えなくなっていく少女が書いた実体験の絵本が心に刺さる→大好きな旅行も小説もお喋りも手放して...「切ない」

こういう夢を見る時がある。言いようのない苦しさで胸が痛くなって目が覚める。窒息するような感じといえばいいのだろうか。

この記事を読んでいて、同じような感覚を覚えた。泣き叫んだって状況は変わらず、孤独感がどんどん増していく。どうすればいいんだ。

今普通に生きていられることの素晴らしさを改めて思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5354

2019年05月24日

GoogleにArmまでも・・・

[つれづれなるままに]
先日、GoogleがHuawei向けのサービスを停止するという発表があった。

米国と中国の貿易戦争、とりわけ情報機器関連は国防上の問題も含むため、米国はとにかく強く出てくるだろうとは思っていたが、こんな手があるとは。さらにはArmまでもライセンス供与を停止とのこと。やることが半端ない。

日本国内も大騒ぎで、キャリア3社が新商品の発売を見合わせる模様。日本では「安くて高性能」と大々的に報じられているHuawei端末なので、この新商品が発売できないのはちょっとした痛手だろう。

部品供給の面でも日本は打撃を食らうと報道されているが、これは本当なんだろうかなー。Huaweiの機械が売れなくなれば、その隙間をどこかが埋めてくるだろう。それには当然部品供給が必要なわけで、打撃も一時期的なんじゃなかろうか。というか、Huaweiに肩入れしたような報道が多いように思えるのだけれど、少々偏りすぎじゃね?

対するHuaweiであるが、こちらはAndroidに変わる独自OSを開発しているだのArmがなくてもKirinで大丈夫だの、こういう場合に備えて準備はしている模様。一気に息の根を止めないと、中国での消費でとりあえず生き延びて逆襲してくる可能性も否定できない。

さぁ、勝つのはアメリカか中国か。この戦いは相手が崩壊するまで続くんじゃないかなぁ。となればトランプ政権が長く続けば中国の負け、トランプがいなくなれば勝敗は不透明ってところだろうか。トランプに対する風当たりはますます強くなるんだろうね。それでもアメリカにはスパイ防止法があるからまだマシ。日本の場合は中国の味方をする人もかなり出るだろうね。知らんけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5345

2019年05月09日

なぜ特殊な人達を特殊としないのか?

[つれづれなるままに]
最近10才の不登校小学生Youtuberが香ばしい模様。どうでもいいので見てもいないが、不登校の小学生は全児童の1%にも満たないらしい。99%以上の児童は普通に登校している。その99%の人が標準であって、1%はレアケースなのである。それなのに、なぜ1%に属する人間の意見ばかりが世に出回るのか。たった1%をすくい上げることで他の99%になにか影響が出ないのか、とても不思議である。

不良から立ち直った人より最初から人に迷惑をかけずに普通に生きてきた人のほうが素晴らしい。そういう当たり前の感覚が、話題性に負けてしまうのは全く納得できないな俺は。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5340

2019年04月30日

新聞をまともにするために(令和の時代に望むこと)

[つれづれなるままに]
今日で「平成」が終わり、明日から「令和」になる。昭和生まれの俺としてはなんだか複雑な心境である。俺が若かった頃、明治生まれの人はまだまだ現役だった。大正はその期間が短かったのでそんなに多くの先輩はいなかったが、明治の方はたくさんおられた。で、思うことは「明治生まれの年寄り」である。

そんな俺も、気がつくと平成生まれの社員が部下となる年になっている。あと数十年もすれば令和生まれの若者たちから「昭和生まれのジジイ」と疎まれるのは間違いない。

さて、本題に。最近、ふとしたことから、新聞の読者層ってどのくらいの年齢なんだろうという疑問が湧いてきた。フェイクだ捏造だと言われて久しい新聞だが、それは誰に向けて書かれたものなのかと思ったのだ。今新聞は年配の方しか読んでいないと言われているが、本当にそうなのだろうか。

その疑問を解決するべく、北海道新聞の読者投稿の年齢を半月くらい調べてみた。投稿者=読者とは言い切れないが、新聞に投稿するくらいだから新聞を大事なニュースソースとしていることは間違っていないだろう。その結果がこれだ。




読者数の調査は2019年4月13日~30日、サンプル数は85である。人口構成比は札幌市の住民基本台帳人口の平成31年4月1日現在の数値を用いている。

予想はしていたものの、改めて実数を見るとあまりの偏り具合にめまいを覚える。60~80代の合計で人口構成比のほぼ倍の70%近くにもなるのである。これからみんなを支えていくであろう10~50代はたったの27%だ。人生残り10~20年の人の意見で北海道新聞の読者欄は構成されていると言えよう。

こんな読者層だったら偏って当たり前だよね。このあたりを令和では解消するべきだよなーとつくづく思った次第。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5339

2019年04月23日

平成最後の満月

[つれづれなるままに]
4月19日は平成最後の満月だった模様。記念に一枚。

null[拡大]

うーん、やっぱり夜はスマホのカメラだとだめだな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5338

| Next»