Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
| Next»

2017年07月17日

新しいCPUファン 

[DIYする?]
新しいケースファンの爆音に恐れおののき改造してみるも無残な失敗に終わったので、改めて新しいケースファンを購入したが、それでもマシンが落ちてしまうという、何やってんだお前状態の俺。そんな状態になってやっといろいろなデータを見始めるなんてダメダメなのだが、調べて見るとCPUが上限温度に達してのダウンの模様。わかってたら最初からCPUファン買ってたのに(泣)。何事も思い込みで動くのはやめましょうねという、ありがたい教えを頂いた気分。

原因がわかったので、早速新しいCPUクーラーを購入。購入したのはこれまたENERMAXのファンである。

null
ENERMAX エナーマックス PCケースファン クラスターアドバンス14㎝ UCCLA14P

早速CPUファンを交換する。CPUファンが強力になれば、新しく買ったENERMAXのケースファンでも十分なはず。

交換前はこんな状態。
null

見事に黒い。ちなみにここについているケースファンは爆音のオウルテックF12-N/38である。

交換後はこちら。
null

ん~~、白いね。おそろいだし。最後にマザーボードで回転制御しておしまい。色々設定を変えてみたが、CPU温度が55℃近くになったらフルパワーという制御で十分機能している模様。CPU温度がまれに60℃を越えることもあるようだが、新しい2つのファンがフルパワーで回るとみるみるうちに温度が下がる。ケース内もさほど熱気がこもらないようになり、やっと目的達成である。やれやれ。FANだけで7000円くらい使っちまったぜ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5009

2017年07月14日

ケースファン再び交換 

[DIYする?]
新しいケースファンの爆音に恐れおののき改造してみるも無残な失敗に終わった。仕方がないので新しいファンを購入する。

それがこれ。
null
ENERMAX LEDファン クラスターアドバンス12㎝ UCCLA12P

スペックは回転数600~1800rpm、風量26.5-86.7CFMとのこと。本当に最大風量86.7CFMであればオウルテックF12-N/38の102.4CFMの80%近いパワーだ。これで十分なはず。早速付けてみるが、ファン背面から出る風量は贔屓目に見てもオウルテックF12-N/38の半分程度でしかない。うーん、ちょっと不安。

ゲーム(The Long Dark)を起動させプレイしていると、忘れた頃にダウンしやがった。ENERMAXお前もダメか!

だが、なんだかおかしい。温度を調べていると、どうもダウンする原因はCPUのオーバーヒートのようだ。CPUクーラーはしっかり排熱している前提で、その熱い空気がケース内にこもるのがダウンの原因だと思いこんでいたが、もしかしたらCPUクーラーのファンが弱いのかもしれん。そういえばこのCPUクーラー、すでに8年ものだもんな。

ということで、CPUクーラーのファンを別途購入することに決定。そのファンが来るまでは爆音F12-N/38で凌ぐことにした。

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5006

2017年07月11日

ケースファンの改造 

[DIYする?]
PCの熱対策で強力なケースファンへ交換した、そのケースファンはあまりに強烈で排気音が無茶苦茶うるさい。冷え方は申し分ないが、あの音は少々いただけない。買い替えを検討したが、その前に少々試してみたいことがあったのでやってみた。

それはケースファンの電源に抵抗を入れることだ。もう使っていないビデオカード用のクーラー「MUSASHI」には、ファンのコントローラーがついている。これを爆音ファンに噛ませたら速度調整が出来るんじゃないかと思ったのだ。

これがそのコントローラー。
null

早速MUSASHIのファンから切り離し、4pin用の電源アダプターを改造してつなげてみた。電源を入れてみると、しっかりコントロール出来るではないか!やったね!

と思ったのもつかの間、時間とともにファンの回転が落ちていく。そして最後には止まってしまった。コントローラーの基盤を触ってみると結構熱い。焼けちゃったのかも。1台で容量オーバーなら2台並列で、と繋いでみたが、これも駄目。

結局買うしかないという結論に至った次第。トホホである。

続く

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5003

2017年07月08日

ケースファンを交換した 

[DIYする?]
俺のメインPCは、ネットで洋ドラを見るかゲームをするかということにしか使われていない。ゲームはもちろんバリバリのFPSだ。当然、CPU・ビデオカードに掛かる負荷も大きい。発熱量も半端なく、夏場に長時間ゲームをするとかなりの確率で落ちる。

熱でのダウンを防止するために、夏場はケースを開けて扇風機で風を送ったししていたのだが、普通に考えればケースファンを強力なものに変えればいいだけの話である。だが、強力なケースファンはうるさい。なので交換をためらっていたのだが、あまりに落ちるのでケースファンを交換することにした。

今まで使っていたのはサイズのKAZE-JYUNI、12cm 1200rpmだ。



これ、商品説明では68.54CFMとあり、なかなかの風量である。このFANはケース購入時に一緒に買ったものなので、多分8年くらいは使っていると思う。たまにエアダスターでホコリを払ってはいたものの、外してみたらこんな状態になっていた。

null

新しく購入したのはこれ。風量だけで選んだといっても過言ではない。

null
オウルテック 安心の2年間交換保証 PCケース用山洋電気製標準ファン 12cm 38mm厚 2600rpm F12-N/38

スペックだけ見ると風量は102.4CFMで今までのやつより50%増し程度だし、ノイズも24dBが39dBになるだけなので、ちょっと我慢すれば大丈夫と思っていた。だが、付け替えてみてその爆音さにびっくり。風量も今までのFANの4倍くらいあるんじゃないかという強烈ぶりで、少々離れていても排気圧を感じる爆裂パワー。実際、通常時のCPU温度が55℃平均から45℃平均まで10℃も下がったという驚きの凄さだ。騒音に関してはFAN自体がうるさいというより、パンチングされたケースからの排気音とかがものすごく影響しているように思う。性能は期待の遥か上をいくものだが、そのうるささにはホトホト参ってしまった。バイクカバーといいこのFANといい、最近はハズレの買い物が続いている感じ。

この爆音を解消するには買い替えが一番かなと思ったが、ふとある一手が浮かんだのでチャレンジしてみることにした。

つづく

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5000

2017年05月11日

Ryzen欲しい 

[DIYする?]
AMDの新CPU Ryzenシリーズの評判がよい。どこを見ても圧倒的なコスパとのこと。うーん。俺はAm5x86から、ほぼAMDのCPUしか使ってこなかったAMDびいきである。AMDがIntelを若干でも超えたのは、K6、第7世代のAthlonくらいではなかったかと思う。ただ、同程度の性能であれば価格はかなり安かった。

そんなAMDが、ついにIntelと同程度以上の製品を出してきたのは感慨深い。ただ、気になるのは、どこの評価記事もどういうわけか勝手にIntelの対抗馬を決めて評価している点だ。まぁ、製品のラインナップ上、その比較方法は分からないでもない。だが、マーケティングでも価格が非常に大きな要素を占めている。であれば、同じ価格で性能を比較するべきではないのか?同じ価格で比較すればIntelの完敗だから比較しないのではないかと勘ぐってしまいたくなる。

という評価記事に対するちょっとした不満はさておき、マジでRyzen欲しい。きっと一番下のクラスのRyzen1400でさえ、今使っているPhenom II x4 965の3倍以上の性能だろう。欲しい欲しい欲しい。ただ、購入するにはマザーボードとメモリも買い替えなくてはならない。結構な出費となってしまうわけで、おいそれとは手を出せないのも事実。マザーボード、メモリ、CPUを新規購入するのであれば、ビデオカードも新しくしてHDと光学ドライブとケースと電源を買い揃えて、一台新しく組んだほうがいいよね、という話もある。これだと15万超えだね無理無理。今のPCは、ほぼゲーム機と化している。新しく組んでも当然ゲーム機になるわけで、ゲーム機に15万円はどうなのか・・・ってところだ。15万円あったらPS4+VRでお釣りが来るもんね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4969

2016年01月04日

PC更新したった 

[DIYする?]
TV買いついでに、TVでHuluとかも見ようと画策。方法としては3つくらいある。
1、FireTVかGooglecastを買う
2、PS3を直す
3、PCをつなげる
1については家族もフツーに見れるしコストパフォーマンスも悪くない。2は全くカネがかからないが、直しても直しても2週間くらいでダメになるので多分却下。3についてはWindows8のライセンスを使ってWindows10が入れられるが、その前にいまだAM2+であるマザーボードをAM3にしたい。そうなればメモリもDDR2からDDR3にしなくちゃならない。これが一番カネがかかる選択肢だけれど、PCを復活させればまたゲームができるぞという半端ないインセンティブがかかっている。

結局ゲームしたさに負けてPCを更新してつなげることにした。

購入したマザーボードはこれ。


中身はこんな感じ。


メモリは8GBの二枚組を購入。なんだか写真がボケてるなぁ。


さっさと組み立ててWindows10Pro64bitをインストールしたが、HDDの中身をそのままにしたままインストールしてしまい大失敗。どうすっかなーと悩んだが、HDDをまっさらにして再度インストールした。Windows10のインストール用メディアはWindows8とかのシリアルナンバーをそのまま使えるのがいいね。

その後、R9 200シリーズのビデオドライバ、Huluとかを見るためのブラウザ(FireFox)、Steamを入れてHDMIケーブルで接続して終了。結構いい感じで驚いたけれど、問題はどうやってゲームするか、つまりマウスとキーボードをどこに置くかだなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4677

2014年01月05日

R9 270X こうたった 

[DIYする?]
ついに札幌にメインPCを持ってきた。ついでに早速ビデオカードも購入。購入したのはTSUKUMOのネットで2万円を切る価格で販売されていた玄人志向のR9 270Xだ。

箱はお馴染みのヤツ。


中を開けたらこんなのが入っていた。


サイズ的にはいままで使っていたHD4870よりも小さいが、電源は相変わらず6Pin2本必要。結構電気食いなんだろう。まぁこのクラスだったら省電力よりハイスペックだよな。

早速マシンにインストールして動かしてみるが、相変わらずATiはドライバがインストールできてもCatalystはインストールエラーが出たりして泣ける。このカード、FANは一個だけだが動作音は意外に静かだ。

とりあえずHD4870と比較するために3DMark06を走らせてみたが、18000台でそんなにすげーという感じの数値ではない。ちょっと残念な感じだけれど、まずはゲームをしてみないと・・・と思ったらなんだかStreamに繋がらない。なんでやねん。ということで、とりあえずゲームは持ち越し。さて、カクカクだったMetro2033はちゃんと動くかな?

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:30:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4086

2013年12月26日

次のビデオカード候補 

[DIYする?]
最近は次のビデオカードを何にするかでちょっとウキウキしてる俺。いろいろなサイトでの性能比較や価格帯を見ていたら、なんとなく今の状況がわかってきた感じがする。本当ならハイエンドが欲しいのだけれど、お財布がウンと言ってくれない。ということで次はミドルレンジの上の方にする予定。

価格で言うと、前世代のHD7870あたりがかなり財布にやさしい。ただこれは今使っているHD4870に比べたら圧倒的な性能なんだろうが、ヘビーなゲームが出てきた場合は2年持たないかもしれん。そう考えると妥当なラインはR9 270Xクラスだろう。NVIDIAだとGTX760あたりがコスパが良さそうだ。で、R9 270XとGTX760のどちらが良い性能かが問題。これはテストによって結果が違うようで、一概にはどちらがいいとは言いにくい感じだ。個人的にはRadeonを使ってきたしCPUもAMDなのでR9 270Xかなーと。

このクラスのカードを入れた場合、その他のパーツが足を引っ張るかもしれん。Phenom II 965BEがどこまで頑張れるかだが、なんといってもマザボがAM2+。せっかくのBEが宝の持ち腐れだったりする。まぁこれは今後の課題ということで・・・

まずはHD4870でカクカクだったMetro2033がどこまで動くかだな!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 01:45:42 - 2 コメント - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4078

2010年08月25日

サーバ・メインマシンを組み立てなおす 番外編 MUSASHIすごいぞの巻 

[DIYする?]
先日メインマシンの組み立てが終了したときの出来事。

壊れたと思っていたHD4870が生きていて、意味もなく得した気分にひたっていた俺。あれこれ設定を見直していたのだが、HD4870は極めて安定して動いている。ここまで安定しているのであればオーバークロックしても問題なさそうである。ということで早速Catalyst Control Center(以下「CCC」)を開いて設定を見直す。今のところチップの温度は60℃くらい。一割くらいあげても問題なさそうだ。それにしてもMUSASHIは静かだ。FANの音はほとんど感じない。

[拡大]

まだ動作に若干の不安があるのでケースは開けたままにしている。オーバークロックついでにHD4870のチップセットがどのくらい熱くなっているのか触って確かめてみる。

触ってみるとかなり熱い。熱いだけじゃなくて、何となく空気がこもっている感じがする。あれ?と思ってFANのそばに手をかざすとまったく風がこない。ああぁ、これもFANが焼き付いたかと一瞬思ったが、先ほどFDの電源ケーブルの取り回しを直しているときに何かやっちゃったような気もしないでもない。で、FANのケーブルをたどるとどこにも接続されていなかった。

なーんだ。電源につながっていなかっただけじゃん。そりゃ静かだよな。って、これかなりヤバいだろ。あんた、チップを焼いてしまうつもりなのかい?

電源をつなぐとFANは元気にまわり出した。それとともにチップの温度もぐんぐん低下していき、少し経つと45℃まで下がった。

すごいねMUSASHI。何がすごいって、バカみたいに電気を食うHD4870がとりあえずFANレスの状態で動いてたってこと。にわかにはちょっと信じられんことなんだが、3Dグリグリなソフトは動かしていなかったのが幸いしたに違いない。あぶねーあぶねー。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2952

2010年08月24日

サーバ・メインマシンを組み立てなおす その3 

[DIYする?]
サーバは完成。後はメインマシンだ。

メインマシンは何が壊れたのかがわかっていない。だからひとつひとつ順番に確かめていくしかない。

まずは電源以外のパーツを全部外す。



その後、今までサーバに使っていたマザーをCPUごと装着。このマザーのチップセットは770で、今まで使っていた790GXよりは古いタイプ。しかしかろうじてPhenomⅡが動くはずだ。サーバダウン時にBIOSも最新にしておいたので問題なかろう。

このマザーにはビデオ機能がないので、とりあえずバカチョンで動くと思われるNVIDIA RIVA TNT Vantaを差し、メモリとDVDドライブを繋いで起動させてみた。この段階では問題なく起動する。メモリは問題なさそうだ。次にビデオカードをHD4870に差し替えてみる。これが動いたらかなりの確率でマザーが壊れていることになるだろう。

ボードを差し替えて恐る恐る電源を入れると、あっけなく起動した。おいおい、やっぱり問題はマザーかよ。ということは、今までの度重なる不調もマザーボードが原因だった可能性が高い。

次はCPUだ。CPUをPhenomⅡに差し替え起動させると、これまた全く問題なく起動した。最後に今まで使っていたHDを入れて完成。いやぁHD4870が生きていたのは助かった。これでmusashiをつけたかいがあったってもんだ。



高負荷での状態は試していないので、本当に大丈夫なのかはまだ判らない。それでもとりあえず今までの環境が戻ったってのはいいことだ。よかったよかった。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2949

2010年08月22日

サーバ・メインマシンを組み立てなおす その2 

[DIYする?]
昨日の続き。

マザーを装着したら電源ユニットをセット。その後DVDドライブを入れると少し隙間が埋まってきた。



サーバのHDは大容量にしてしまうと再起動時にたまーに行われるディスクチェックに時間がかかりすぎるので、そこいらに落っこちている100GB以下のIDEを2台使う。個人のサーバ、それもこのサイトを置くだけなんで、大容量にしても宝の持ち腐れだもんね。1台はホストOS用、そしてもう1台にはVMwareServer上で動く仮想マシンのイメージディスクが入れてある。

そのHDはケース内部の3.5インチのベイを使うのが普通。だけどこの後でメディアサーバ用のSATAも追加する予定なので3.5インチベイは開けておきたい。ということで、5インチベイで3.5インチが使えるアタッチメントを使う。



後はIDEケーブルでHDを繋ぎ、4ピンの電源を入れる。さぁこれでほぼサーバの組み立ては完了だ。



この後、冷却性を高めるために電源ユニット下に8cmのケースファンを2個、前面にも12cmのFANを装着した。効果はなかなかのもので、背面から出てくる空気に熱はほとんど感じられない。スカスカケース+大容量FANによる冷却効果は抜群と言うところだろう。

続く

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2948

2010年08月20日

サーバ・メインマシンを組み立てなおす その1 

[DIYする?]
この猛暑で今まで動かしていたサーバが死亡、その後、後を追うようにメインマシンも死亡し踏んだり蹴ったりの俺。以前書いたようにありあわせのパーツを使い、サーバとメインマシンを復活させた。

まずはサーバの組み換えだ。今まで使っていたサーバのケースはいつのものかよくわからんくらい古いフルタワーケース(NewPC作るどー その5 [OS入れるぞ]の右側の奴)だ。ケースファンをつけるにも5cmくらいの奴しかつけるスペースがなく、冷却に関しては非常に心もとない。また、サーバはあまり時間をおかないで切り替えたいので、新しいサーバのケースはNewPC作るどー その2 [ケース組立]で使った冷却性は優れていそうな超安物プラケースを使うことに決定。

まずは押入れにぶち込んであったケースを引っぱり出す。



これにガキンチョ用マシンから没収したマザーボードを装着する。



それにしてもスカスカなケースだよな。なんだか笑える。

続く。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2947

2010年04月06日

MUSASHIを付けてみた 

[DIYする?]
先日購入したVGAクーラー「MUSASHI」を取り付けてみる。

まずはマシンからHD4870を外す。このHD4870はASUSのやつなので、ASUSお得意のでっかいFANが付いている。

[拡大]

ひっくり返して黄色で丸をつけたネジを外すと、巨大なFANとその隣のヒートシンクが外れる。

[拡大]

FANとヒートシンクを外したストリップ。かなり昔のビデオカードみたいに見えちゃうのはご愛嬌。

[拡大]

メモリとかもともとヒートシンクが付いていた箇所に、付属のヒートシンクをペタペタと貼り付ける。脱脂を十分にしていなかったので、ちょっとくっつきにくかった。

[拡大]

最後に、今までのよりでっかいクーラーを取り付けて作業完了。クーラーが今まで以上にでかくて、ケースに入れるのが一苦労だった。

[拡大]

さて、その効果のほどだが、まずビックリしたのがその静かさだ。ASUSのFANはお世辞にも静かとは言い難いものだったが、それを割り引いても静かさが段違いだ。というか、このクーラー自体からの音は確認できないと言うべきかもしれん。冷え方も十分過ぎるほどで、今まではアイドリング状態でもGPU温度が40℃を下回ることなどなかったのだが、このクーラーにしたら37℃まで下がった。恐るべしMUSASHI。静かになった上によく冷えているので、クロックは5%ほどアップさせておいた。ただ、起動時のハングアップは改善していないので、これはビデオカード以外の原因なんだろう。

いやぁ、4000円以下でこの効果は素晴らしいね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:00:00 - 2 コメント - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2811

2010年04月01日

Zoneで生き残るための必殺アイテム 

[DIYする?]
S.T.A.L.K.E.R. Call of Pripyatが止まらない。なにをするわけでもなく、Mapの中をうろうろするだけでも面白い。しかし、その面白さに水を差すアホウがいる。そう、ゲームに使うメインマシンだ。

システム不調の原因とその対策で書いたとおり、ビデオカードの熱が怪しい。確証はない(キッパリ)。

金は無いがあまりにもムカついたので、とりあえずVGAクーラーを購入してみた。購入したのはコレ。

[拡大]

なんでコレにしたかというと、まず第一に値段。4000円を切る値段が素敵だ。その次にメーカー。メインマシンには同メーカーのCPUクーラー(Zipang)を使っているのだが、非常にコストパフォーマンスがいい。写真で見る限り、Zipangなどと同じようによく冷えそうだ。

最近はパーツ屋に行く時間も取れないので、ネットで注文した。送料がシャクだが物理的に買いにいけないのだから諦めるしかない。注文の翌日に届いたのにはちょっとビックリ。

箱を開けてみると、思ったよりデカイ。まぁ、今使っているHD4870もかなりデカイのだけどね。さぁ、この兵器はZoneで生き残るための必殺アイテムになりうるのだろうか・・・今日は眠いのでここでおしまい。交換は次の休みまでお預けだな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2806

2010年02月25日

システムが不安定な原因は 

[DIYする?]
以前も書いたが、メインマシンが依然不安定だ。傾向を調べてみると、電源投入時、特に20時間とか間をあけて電源を入れると確実に一回で起動しない。BIOS画面さえ立ち上がらない場合もある。その後はログイン画面までは大体OKなのだが、ログイン時というか、あるタイミングで必ずと言って良いほどフリーズする。そのタイミングはなんとなくであるがビデオカードが本格的に動き出すタイミングのような感じだ。

通電してから一定時間を経過すると安定するので、熱暴走ではなさそうだ。車でもないのに暖機運転が必要という感じ。となると、一番怪しいのはビデオカードかもしれん。次に怪しいのは電源だ。ということで、幸いにこのマザーはオンボードビデオも備えているので、HD4970を外して起動してみる。

ビデオカードを外して電源を入れると、思い切り静かになってビックリした。一発目はBIOSが立ち上がらなかった。やっぱりかよと思いつつリセットするとすんなり立ち上がった。今のところ全く問題ない。ということは、やはりビデオカード自体の何かか電源の供給量不足か、ということになりそうだ。俺の勘としては、怪しさは「ビデオカード<電源」である。電源の予備は腐ったやつしか無いので、簡単に交換して調べる訳には行かないのがつらい。しかしこの電源、一応700Wだし買ってからたったの一年しか経っていない。もし俺の勘が正しくて不調の原因が電源であれば、電源購入時にコメントでぷえるさんが指摘したとおりに「ハズレ」だったのかもしれん。コメントでは違う型番だったみたいだけど、同じメーカーだからなぁ。

コストで言えば、今は大容量の電源もかなり値段が落ちているようだから電源の交換はまだ安上がりだろう。問題はビデオカードがアレだった場合だ。もうNVIDIAに戻るつもりはないので買うとすればHD5800番になりそうだけど、5870はちょっと手が出る価格じゃない。かといってその下のクラスの5770あたりになると今の4870同程度なので買う意味は全くない。ということは5850・・・だけど2万前後だよなぁ。こっちはマジにきついなー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 23:00:00 - 4 コメント - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2770
| Next»