Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
Next»

2021年04月16日

2021年04月10日の普久川ダム

[今日の普久川ダム]
いい天気
[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5526

2021年04月09日

2021MotoGP第二戦

[Bike!Bike!Bike!]
2021MotoGP第二戦はクアルタラロが優勝。第一戦と同じような展開で、序盤はDucatiが圧倒的なパワーでトップを走り、それをヤマハ、スズキが追うという構図が続く。

第一戦はビニャーレスが中盤以降に素晴らしい速さを見せて優勝したが、第二戦は同じような展開ながらクアルタラロが躍進。残り5周でTOPに立ち、そのままチェッカー。今年のヤマハはいいね。スズキもなかなかいいマシンの仕上がりのようだけれど、今のところは総合的にヤマハのほうが少し上というところか。

Ducatiはチート使ってんじゃないの?と思えるほどストレートが速い。その速さは笑えるほどだ。ストレートが速すぎて、コーナリングで逆にタイムロスしてんじゃね?他のマシンをごぼう抜きだもの。あの速さは異常だ。ストレートで速いのは何事にも変えられないアドバンテージだもんなぁ。

それに比べ、HONDAは今年も見る影もない。どうしたHONDA。マルケス頼みのマシン開発が、ついに破綻したというところか。マルケスが誰でもそれなりに速く走れるバランスの良いマシンに乗ったらどうなるんだろうね。これほどまでに弱いHONDAは見たことがない。中上も今ひとつだしなー。ガンガレ中上。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5525

2021年04月07日

大雨で路面にゴミ多し

[Bike!Bike!Bike!]


3月の終わりから、突然の大雨に度々見舞われているうちなー。川の水は増水し、付近の赤土をたっぷりとコバルトブルーの海に流してくれる。沖縄の川はとても短くて、土砂が途中で堆積するようなところは存在しない。山も低いけど。

なので沖縄の水道水はなんだか荒々しい味がする。本土の深い森の中を通り抜けてきた、良く磨かれた雪解け水とはまったく違う味である。水温もかなり高いし、気温による水温の変化も激しい。水で手を洗って、頭がキーンみたいなことはありえない温さだ。

道路も雨になるとガンガン水が流れる。山から落ち葉とか砂利とかそんなものも運ばれてくる。だから大雨のあとの道路はいろんなものが落ちていて、ちょっと危険だ。今日も道には杉の木の枝葉や石ころなどが散乱していた。あぶねーあぶねー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5524

2021年04月05日

2021年04月03日の普久川ダム

[今日の普久川ダム]
最近はちょっと天候が安定しない。
[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5523

2021年04月01日

MotoGP開幕

[Bike!Bike!Bike!]
ついにMotoGP2021年シーズンが開幕した。昨年はコロナの影響でMotoGPは第二戦(7/19)のスペインGPからスタート。その初戦でマルケスが転倒リタイヤし、2020年のマルケスはこれで見納めとなってしまった。MotoGPも日程が大幅に変更され、全20戦が15戦に縮小、日本GP も中止となってしまった。

今年はとりあえず予定通り開催されたが、マルケスの復帰はまだ先のようだ。レースはDucati勢の圧倒的なスピードに度肝をぬかれるが、スタート6番手から追い上げたヴィニャーレスが他を圧倒する速さを見せて優勝。最終ラップのミル、ザルコ、バニャイアの争いは面白かった。圧倒的なストレートスピードのDucatiにバランスのSUZUKI、YAMAHAがどう絡んでいくのか、これからも見ものだ。

残念なのは昨年に引き続きHONDAの低迷である。マルケスだから勝てたマシンであることがこれ以上ない形で明らかになっているわけだが、あのHONDAがこのままで終わるはずはないと思う。ただ、難しいマシンであることに変わりはなさそうなので、あのマシンを自在に操れるライダーが出てくるのかは極めて疑問だ。

本間俊彦さんが、「今のMotoGPの状況は、現状打開のためにライダーをシャッフルして、誰かが解決策を見出すのを待っているような感じ」みたいなことを話していたが、本当にそういう様子に見える。以前よりフロントからあっけなく転倒する状況は減っているように見えなくもないが、根本的な解決には至っていないようだ。

さて、次回は同じカタールで4/4に開催される。初戦は転倒に終わった中上選手だが、同じサーキットでの2戦目は調子を上げてくるので期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5522

2021年03月21日

3週間ぶりのライディング

[Bike!Bike!Bike!]
ここ数週間は週末に雨が降ったのでバイクはお預けだった。3週間ぶりに雨がない週末を迎えたので出発。って、おい、書きかけのままでアップされてるじゃんか。



この日もいつもの道を2周走ってみた。お楽しみの峠は合計4回走った。今日はなぜかフンガーダム近くの路肩にバイクが停めてあった。こんなところにバイクが停めてあるのは極めて珍しい。車種まではわからなかったが、比較的大きなSSだ。近づいて行くと、なにやら路面が濡れているように見える。その水のようなものは、停車しているバイクのあたりから流れていた。バイクが汚れるのも嫌なので、濡れているところを思いっきり避けて通り過ぎる。

ぐるーっと一回りして、再度その峠を走ったら、そのバイクはまだ同じ場所に停車してあった。こりゃおかしい。路面の濡れも全く乾いていない。もしかしてこの液体は水ではなくてオイル?突っ込んでクランクケースを割ったのか?3回目もまだ停車してあった。こりゃ完全に事故である。いやー、オイル踏まなくて良かった。

流石に最初に通り過ぎてから4時間後の4回目には、そのバイクは無くなっていた。バイク屋が運んでいったのだろう。ただ、路面はオイルの上に枯れ葉がかけられてあるだけ。「明日のあさイチとか走りに来た人はヤバそうだな、しっかりオイル処理してくれよ。」とか思ったが、思っただけで俺もそのまま通り過ぎた。

クランクケースやっちゃったら大出費だなー。安全運転が一番。事故らない、怪我しないことが最優先だよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5521

2021年03月18日

2021年03月13日の普久川ダム

[今日の普久川ダム]
[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5520

2021年03月12日

「異世界モノ」は世の中の要求をよく表しているな

[つれづれなるままに]
最近、ネットでコミックを読むようになってきた。そこそこ面白いのが「異世界モノ」で、転生したら・・・みたいなやつがそれなりの数の作品数になっている。

この異世界モノの特徴は、スキルとかを苦労して手に入れるというより、早い段階で圧倒的な力を得て、それから活躍みたいな流れが多く使われていることだ。実はこういう展開は、昔のスポ根マンガにも結構あった。いわゆる「必殺技」である。ちょちょちょっと練習して必殺技を編み出し勝つ、みたいなやつだ。古くは柔道一直線、巨人の星、アタックNo.1などがあり、キャプテン翼や侍ジャイアンツなどもそのたぐいである。異世界モノでも、現在TVアニメでリメイクされているダイの大冒険などはこれに近い。というか、ここが発祥なのかも。

今までと少し違うのは、意外と簡単に解決策が導びかれるというところかもしれない。これは、わからないことはスマホ検索ですぐに答えが出てしまうことに慣れた人たちが増えているからではないかと思っている。読む時間が通勤・通学とかの短時間に限られているということもあるだろう。

以前は、外国人が電車でマンガ本を読む日本人を見て驚きバカにした。まともな大人がコミックを公衆の面前で読むとは!という感覚だったらしい。これから電子媒体の日本初コミックがどんどん出てくれば、これまでバカにしてきた外人も、どんどんコミックを読むようになるに違いない。マンガ万歳。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5519

2021年03月09日

コミック市場が過去最大の売上を記録したらしい

[つれづれなるままに]
コミック市場が賑わっているらしい。これまではジャンプとかが大賑わいだった1995年が最高だったとのこと。ちなみに1995年のジャンプは、SLAM DUNK、SHADOW LADY、MIND ASSASSIN、ドラゴンボール、みどりのマキバオー、とっても!ラッキーマン、るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-、ボンボン坂高校演劇部、地獄先生ぬ~べ~、ジョジョの奇妙な冒険、キャプテン翼 ワールドユース編、こちら葛飾区亀有公園前派出所、DRAGON QUEST ダイの大冒険、影武者 徳川家康、NINKU -忍空-、RASH!!、ろくでなしBLUES、BOY、BAKUDAN、王様はロバ -はったり帝国の逆襲- などが連載されていた。すっげー豪華。俺はこの頃はジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン、ヤングジャンプ、ビッグコミック、ビッグコミックオリジナル、モーニングあたりは必ず読んでいた漫画好きである。ところが今ではほぼ何も読んでいない。俺のマンガ離れと時を同じくして、紙媒体のコミック誌は衰退の一途をたどっていた。そんなコミック誌が、なんと過去最高の売上を記録したというのだからオドロキだ。

2020年コミック市場は過去最大の6126億円 『鬼滅の刃』と巣ごもり需要が要因

この記事では、賑わった原因を『鬼滅の刃』と巣ごもり需要としているが、多分違う。電車とかに乗って周りをよく観察すればわかるが、スマホなどでマンガを見ている人がとにかく多いのに気がつく。そして、その人たちは決して有名なマンガばかりを読んでいるのではないこともわかるはずだ。

売上拡大の騎手は電子媒体なのは、異論を挟む余地はないだろう。ではなぜ電子媒体がここまで流行っているのか。これは販売方法が超優れているからだ。まずはタダで読ませ、面白かったら買って続きを読む。そんなビジネスモデルがニーズに完璧にマッチしたのだ。著作権云々で融通の効かないビジネスモデルを頑なに守っているところとは一線を画している。俺はこのビジネスモデルが市場を盛り上げている最大の要因だと思う。賑わっていれば面白い作品を仕上げる人も増えてくる。で、面白い作品はネットとかで話題になり、ますます売れる。そういう正の連鎖がうまく回っているのだ。上の記事を書いた人はそんなこともわからんのかな、と思う。

その他に、電子書籍には「安い」「すぐ読める」「かさばらない」という大きな利点もある。特に「安さ」においては、超有名タイトル出ない場合は一話100円未満で、サクッと手が出せる価格だ。ま、よく考えたら雑誌より逆に高いのだけれど、少量他品種で好きなものだけつまめるってのは大きな強み。

日本が誇るマンガ文化は、これからもどんどん賑わっていくんじゃなかろうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5518

2021年03月06日

オカルトチックな場所

[つれづれなるままに]
これは沖縄県北部のとあるところの写真だ。見ての通り、かなりの数の看板とかがあちこちに存在している。どこか違う世界に連れ去られそうで怖い。
[拡大]
[拡大]

これをちょっと加工してみた。
[拡大]
[拡大]

マジ怖いんだけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5517

2021年03月03日

2021年02月28日の普久川ダム

[今日の普久川ダム]
絶賛放水中。ここ2,3日の大雨でダムの水量が増えたらしい。

[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5516

2021年02月27日

純正ブレーキパッドは良く効く

[Bike!Bike!Bike!]


先日フロントのブレーキパッドを交換した。前も書いたが、今まではタイヤ交換時か車検時に交換していたブレーキパッドだが、今回初めて行った某ラ〇〇ラ〇〇でのタイヤ交換では、異常に時間がかかっただけじゃなくブレーキパッド交換しますかの一言もなかった。その後、すぐにブレーキパッドがかなり消耗しているのに気が付いた。なんたるちあである。気が付かなかった俺もダメだけど。

今回は純正のブレーキパッドを装着。フルード交換、キャリパー揉み出しとか、一通り整備してもらったのでブレーキ周りはとてもきれい。走り始めて、その初期制動の強さにびっくりした。そういえば、以前に交換したときに「握り始めの効きが甘いなぁ・・・」と感じたことを思い出す。以前のパッドは純正品ではなく、バイク屋に勧められるものを装着していた。メーカーは・・・忘れた。グッと強めに握ればそれなりに効くのだが、ちょっとブレーキをかけたときはスーッと前に進んでしまう。ある意味ではコントロールしやすいと言えなくもないのだけれど、その違和感に慣れるまでしばらくかかった。今回は純正に戻したので、その前の状態に戻ったわけだ。

以前のパッドは、タイヤ交換後からブレーキング時の「キューン」みたいな音がでかくなった。静かな道だと歩行者が振り向くくらい。その音も純正に変えたらしなくなったのは嬉しい。ハードなブレーキングだとそれなりに音は出るが気にならないレベル。これはパッドのせいではなく、バイク屋の腕なんじゃないかと思う。

今までブレーキパッドは何回取り替えたかなぁ。全く覚えていない。リアブレーキは一度も交換していないはず。リアは交差点で停止している時とか、坂道発進でしか使わんからなー。要は、バイクが動かないようにするためだけにしか使っていないわけで、これでは摩耗するわけもない。

このブレーキパッドに慣れるには、もうちょっと掛かりそうだな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5515

2021年02月24日

2021年02月20日の普久川ダム

[今日の普久川ダム]
ここ数日、ずっといい天気。最高だね。

[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5514

2021年02月21日

リアブレーキ論争に終止符か?

[Bike!Bike!Bike!]
バイク乗りにとって、結構話題になるのがリアブレーキの使い方だ。雑誌とかで「ブレーキングのはじめに、ちょっと早めにリアブレーキをかけると車体が安定する」というようなことが書かれてあったので、俺もそれを真に受けて練習してみた事がある。こんなことを書いたこともあるが、結論から言えば、リアブレーキの操作に気を取られて危険かつ遅い、である。そもそもかなり強いブレーキングだとリア荷重がほぼ抜けてしまい、チョコっと踏んだだけでロックしてしまう。接地していないタイヤで制動力など生まれるはずもない。なので、最近はリアブレーキなど気にしないようにしていた。そんなとき見た動画かこれ。

本間利彦さんの解説はとても理にかなっている。コーナリングスピードの話もそうだし、現在のMotoGPがなぜあんなにフロントからコケるのかの話もそうだ。この話はレースの場合の話だけれど、フロントブレーキだけで間に合っているのであれば、無理してリアブレーキを練習する必要はないと確信できたのは大きい。
本間利彦さんのリアブレーキの動画はもう一つあるので、これも載せておこう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5513

2021年02月18日

SSはやっぱり特殊なのかも

[Bike!Bike!Bike!]
最近気になった動画がこちら。新型CBR600RR羨ましすぎ。

CBR600RRを購入して既に10年以上が経過した。そのため、乗り始めの感覚はすっかり頭の片隅に追いやられていたのだけれど、こちらの動画を見てあの頃の驚きふつふつ蘇ってきた。今ではなんの気なしに乗っている。ほんと慣れというのは恐ろしい

リンク先にも書いてあるが、エンジンのレスポンスの異常な速さ、強烈なストッピングパワーは全くの異次元レベル。それまでもNSRとかRVFとかに乗っていたにもかかわらず、タイミングが違いすぎてもう大変。コーナー入り口で軽くブレーキングすると、予想を遥かに上回って減速してしまう。アクセルをちょっと開けると開けた瞬間に加速をし始める。とにかくテンポが違いすぎてギクシャクギクシャクしていたっけ。

こんなことはNSRから久々に4ストに乗り換えたときもあった。NSRは2ストにしてはかなりエンジンブレーキが効いたのだが、それでもやっぱり2スト、フリッピングとかなしでラフにシフトダウンしていってもOKだった。当然アクセルオフでガクガクすることもあまりない。なので、しばらく2ストに乗っているとアクセル操作がラフになってしまう。だが、4ストは違う。アクセルを戻しただけでがっつりフロントに荷重が移動し、アクセルを開けると一気にリアに荷重が移動する。あまりにギクシャクしすぎて、自分の下手さに驚いたくらい。

教習所のCB750に乗ったときも驚いた。アクセルを戻したときの回転の落ちが遅く、シフトダウンするときのギクシャク感がすごかった。ライディングポジションも全く違うので、どうやってステップを踏みつけるのかわからなかった。まー、前傾姿勢の厳しいバイクばかり乗ってるからなぁ。ちなみに今まで乗った中で一番前傾がきつかったのは88年モデルのNSRかな?

あー、バイク乗りてー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5512

Next»