Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
Next»

2020年08月31日

五戸高校が無くなる

[決めてくれ~~]
手倉森兄弟ら輩出、高校サッカー名門五戸が歴史に幕

驚いた。まさか五戸高校が・・・。俺が高校の頃は、青森の高校サッカーの強豪といえば五戸と光星で、県大会ではこのどちらかに当たった時点でおしまいという感じだった。個人技の光星、総合力の五戸というイメージがあったのを覚えている。県大会であたったときに、右のサイドから左のサイドにさくっとサイドチェンジされて攻められ、レベルの違いを痛感した覚えがある。ほぼワンステップでサイドチェンジ、受け手もぴたっと浮き玉のパスを止める。距離を詰める時間さえなかった。何じゃそりゃというのが正直な感想。準決勝だったがあっさり3-0で負けた。

今では青森山田が圧倒的な強さを誇っており、県大会のトーナメントでは決勝にしか出ないという恐ろしいときもあったくらい(今は準決勝からの模様)。ただ、青森山田は全国から選手が集まっているが、五戸は純粋に五戸出身者のチーム。なんだかんだ言っても全国大会では五戸を応援していたものだ。

そんな五戸高校が、少子化の影響で21年度末での廃校が決定だなんて。残念だ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5471

2020年01月21日

ウズベキスタンがんばれ

[決めてくれ~~]
先日のウズベキスタンーUAE戦はものすごく面白かった。ウズベキスタンはほとんど後ろにボールを下げない。しっかりとした横パスとワンツーパス、裏に抜けるパスなどを繰り出し、結果としてUAEを圧倒した。いいねあのチーム。個人的にウズベキスタンの戦い方はユーゴとかの戦い方にダブって見えて大好きだ。あんなチームに優勝してほしいと思う。

これで準決勝のチームが出揃った。韓国はオーストラリアと、サウジアラビアはウズベキスタンと戦う。個人的にはサウジと韓国、オーストラリアとウズベキスタンだったら面白かったのにと思う。勝ち進むのは韓国、ウズベキスタンかな?今回のオーストラリアは準々決勝の一試合しか見ていないが、最近は日本の戦い方に似てきているようにみえる。パワーとフィジカルで押してきた姿は影を潜め、パスをしっかりと回してくる。その綺麗さと反比例して、怖さはぐっと少なくなった。だって防御線をたくさん張れるんだもの。あのスピードでは韓国に勝てないんじゃないかな?

サウジーウズベキは、先の試合だけを見る限り、ウズベキスタンのほうが強いんじゃないかな?と思う。しかし、ウズベキは守備に若干の心配がある。逆にサウジは今大会まだ一点しか取られていない。ウズベキがサウジの守備を崩せるかどうかがカギだな。

準決勝は1月22日だ。この試合と3位決定戦は見ものだな。ここに日本がいないのがよくわからん。森保は日本のファンに謝るべき(泣)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 21:10:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5425

2020年01月16日

U23アジア選手権勝点1で終了

[決めてくれ~~]
なんたるちあ。U23アジア選手権はたったの勝点1で終了だ。今大会で初めて戦っているように感じた試合だったが、不可解な笛もあって若干水を差された感じは拭えない。どうせだったら負けて大事になればよかったのに、と思ってしまう。

それにしても不甲斐ない。前の二試合よりは得点の可能性を感じたが、シュートはカタールより少ない8本である。シュートを撃たなければ入るはずもない。

それにしてもVARって必要なんだろうか。個人的にはジャッジの主導権は主審にあるべきだと思う。いちいち無線で確認し、どうでもいいところで試合の流れが途切れるのはいかがなものか。テニスのチャレンジシステムのような感じのほうが良いのではなかろうか。

日本代表については、監督の進退を含めてしっかり考え直してほしい。このままじゃオリンピックのメダルなんて夢のまた夢、寝言は寝て言え、だな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5423

2020年01月13日

あっぱれな予選敗退だったな

[決めてくれ~~]
昨日のシリア戦、途中から「勝てないなこりゃ」と思っていたら、勝てないどころか負けやがった。その引き金になったのはバックラインでのリスクを無視したショートパス回しだったのは言うまでもない。後半終盤はお互いに疲労が溜まっていたせいか、あらゆる場面でミスが目立った。シリアもディフェンスが信じられないようなパスミスを連発していたが、その後に日本もしっかりと同じことを繰り返した。ミスは同じくらいだったのだろうが、それを「ものにするんだ!」という気迫の差が出たというところか。

それにしても1試合を残して予選敗退が決まったのは、フランスワールドカップ以外に記憶にないのだけれど、どうなんだろう。それも全く勝てる感じがしないまま終わったなんて、あまり記憶にない。ここまでの状態で、まだ森保監督に任せるのだろうか。

負けたら終わりの試合で、いつもどおりに2試合目に大きくメンバーを入れ替えて望む。そのやり方は就任当時から変わっていない。代表の試合はクラブと違うのだ。短期間で急造チームに結果を出させなければならない。代表は育成の場でも何でもない。純粋に結果だけを求められるものだと思う。こんなこと、俺が言うまでもない話だ。

試合後のインタビューも聞いていて腹立たしくなる。負けて悔しくないのか?それもあんな不完全燃焼の試合をして、だ。選手から戦う姿勢はほとんど感じられなかった。技術、体力ともにシリアに劣っている部分はない。だが、負けた。残り時間も少なくなってから少し慌てた感が伝わってきたが、きれいに攻めたいというふうにしか見えなかった。パスか来てからパスの出す相手を探し、かつパススピードも遅い。そのうえドリブルも仕掛けない。あんなので攻めきれるわけがないじゃないか。

今回の2試合で、多少気合が伝わってきたのは食野、相馬くらいか。もうみんな落第じゃ!。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5422

2020年01月11日

U-23代表は最近のA代表よりマシ

[決めてくれ~~]
U23アジア選手権でサウジアラビアに見事に負けた。内容で負けていたとは思わないが、試合には例のごとく負けた。この大会は東京オリンピックの出場権がかかっている。出場権はグループリーグで2位以内に入るのが大前提である。日本と同グループの国は、日本が決勝トーナメントに進んだら一枠しか残らない。これが他のグループと大きく違うところだ。だから必死なのだ。もう一方のカタール-シリアも負けたくないという意思がはっきりと見て取れた。

それに比べ日本はどうだったか。セルジオ爺の言うとおりじゃないか。サッカーで確実なチャンスなどめったにこない。確率を高めようとするのはいい。だが、チャレンジしなければ確率など上がるはずはないのだ。宝くじだって買わなきゃ当たらない。ゴールもシュートを打たなければ絶対に生まれない。

ただ、あんな状態でもゴールに向かう姿勢が多少感じられ、最近のA代表よりはマシに見えた。どんだけここ数試合のA代表がトンデモな出来だったかよくわかる。

森保監督、大丈夫かな?心配になってきた。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5419

2019年12月19日

勝ちたくないように見えた日本代表

[決めてくれ~~]
昨日のE-1選手権最終戦は、韓国に0-1で負けた。

もう少し善戦するかと思ったが、得点されるまでの約30分間は完全に力&気合負け。その後、韓国のプレッシャーはかなり弱くなったにもかかわらず、点を取りたくないようにしか見えない戦い方で完敗。あんなユルユルのパスや前進してこない選手なんて、相手にとってなんの脅威もない。

サッカーは点を取るスポーツだって忘れてんじゃねーのか?とマジ思った。この位置では縦パスが出せないとかドリブルはリスクが高いとか思うのは勝手だ。だが、シュートしなければ絶対に点は入らないし、シュートするためにはゴールに向かっていかなかればならない。なんなんだあの不甲斐なさは。代表のレギュラーメンバーがほとんどいないんだから、ここで活躍するのは最高のアピールの場だったはず。やる気あんのか?

監督も監督である。第二戦で全く違うメンバーで望み、第三戦は第一戦とほぼ同じメンバーという戦い方しかしない。コンビネーションとかいろいろな問題はあるだろうが、毎回同じだと呼んだから使ってみるみたいな気合の抜けた采配にしか見えない。言い換えれば、第一戦のメンバーがベストメンバーで、その順列は何があってもそう変わらないということになる。少々許せないのは交代選手の使い方と、途中で全く行っているように見えない戦術の変更だ。やれればやられっぱなしで前半終了という姿をなんど見たことか。そんな遅い判断(判断しないという方が正確かもしれん)で、これから戦っていけるのだろうか?

不甲斐ない代表戦は、ここ6試合で4試合めである。時期的にはまだ問題ないかもしれんが、これでW杯予選やオリンピックは大丈夫なのか、不安は大きくなるばかりだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5412

2019年11月25日

手も足も出なかったレッズ

[決めてくれ~~]
しょぼい試合第3段はACL決勝のレッズ対アルヒラルである。しょぼいと言ったらレッズファンに申し訳ないが、開始数分で手も足も出ない感満載だった。U-22、A代表は「もっとやれるだろ(怒)」という思いもあっての「しょぼい」だったが、レッズは「ああ、これじゃ勝てない」という感じ。レッズの試合をまともに見るのは久々だったが、こんな試合しかできないチームではないはず。

それなのにチーム戦術がちぐはぐな感じで、個々が勝手に動いているように見えた。個人能力でも見劣りする部分はたしかにあったが、ポジショニングで十分カバーできるレベルにも思えたのだが・・・

レッズはワンタッチ後のボールを置く位置に全く意図が感じられなかった。ボールをもらってもとにかく前を向けない。たまに前を向いても、パスコースを探しているうちにあっという間に間合いを詰められ万事休す。守備と攻撃の2ラインで、その間を埋める選手がほとんどいないのだから、相手にしてみれば守りやすかっただろう。また、日本ではフィジカルモンスターの槙野がタジタジになるほどゴミスは強かったしカリジョもジョビンゴもうまかった。ほぼ勝てる要素なし。

唯一勝てるチャンスがあるとすれば、興梠が絡んでの何かだと思っていたけれど、興梠もほぼ孤立。ただ、唯一前に向かっていける感のある選手だったのは確かだ。

レッズが残留争いに巻き込まれているのも致し方ないのかもしれん、残念だけど。

逆に、アルアヒルの選手は本当に嬉しそうで、ゴミスの涙を見たときにはついうるっときた。おめでとうアルアヒル。クラブワールドカップではアジアの代表として頑張ってほしい。いい線行けると思うよ、マジで。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5399

2019年11月20日

恐ろしいくらいにしょぼかったベネズエラ戦

[決めてくれ~~]
久々に超しょぼい代表戦を見た感じ。一点目は「ま、しょうがないかな?」くらいだったが、二点目は「は?」、三点目は「何やってんの?」、四点目は「・・・」である。ここまでズタボロになってもメンバー交代もしないしベンチからの具体的な指示も感じられない。

しかし、ここで冷静になって考えてみると、森保監督なってチームづくりがうまく行っているのかよくわからなくなるのだ。確かに南野、堂安、中島という組み合わせは破壊力は十分だ。だが、なんのことはない、たまたま素材を組み合わせたらうまくいったと見えなくもない。この三人を機能させる大迫、柴崎、酒井、吉田あたりが欠けてしまうと一気にパワーダウンしてしまう。

今回などはその最たる例で、吉田、大迫、酒井が欠け、中島のワガママなドリブルだけが目立った。ワガママでも結果を出してくれればいいのだが、潰されまくりのシュート外しまくりだ。枠にさえ飛んでいない。あれではチームは機能しない。うまく行っているときは、ベテラン勢がワガママの隙間を埋めているからなのに、中島は未だにそのことに気がついていないように見える。ワガママを通したいのであれば、戦略は中島と言われるまでのレベルになってほしいもんだ。

それにしてもしょぼい試合が続く。東京リンピックにピークを持っていくとすれば、時期的にはこの時期にヘコむのもおかしくはない。だが、戦いぶりは弱い・下手くそとしか見えないのが辛い。後半は盛り返したように見えたが、取れたのはたったの一点である。すべての面でベネズエラに劣っていたことはしっかりと認識すべきだ。

それにしてもツマンネー試合だったな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5398

2019年11月19日

キルギスタン戦もコロンビア戦もしょぼかった

[決めてくれ~~]
まずはW杯2次予選のキルギスタン戦。勝ち点3を奪えた以外で見るべきものはなにもなかった。途中からキルギスタンの得点を期待するくらいひどかった。キルギスタンに点を決められていたら少しは目が覚めたかもしれん。得点もセットプレーからの2得点、それも一つはPKときたもんだ。久々にしょぼい試合を観た。

と思ったら、コロンビア戦もしょぼかった。コンビネーションのかけらも見られない。堂安、久保は個人技で負けてはいなかったけれど、勝ってもいない。それ以外の選手も同じだ。ボランチや最終ラインがボールを持っても受けるための動きはほとんど見られずじまい。上田はアントラーズで強くなったなぁと思っていたが、イザという試合ではやっぱり遠慮がち。可愛そうなくらいにボールを取られていた中山を交代させなかった理由もよくわからない。点差は2点だが、それ以上に力の差を感じてしまう試合だった。これでよくブラジルとかに勝ったなーと思う。メンバーをいじらなければもう少し良かったのかもしれないが、この試合を見る限りでは東京オリンピック大丈夫?という印象しか持てない。ちょっとメンバーをいじっただけでここまで落ちるのだから、オーバーエイジを入れたらもっとひどくなるのではなかろうか。自国開催のオリンピックなんだから、過去最高の成績は必須だろ?個人の能力はそれなりにあるんだから、後は集中力と強いハートだ。まー、それが難しいんだけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5397

2019年06月27日

決定力不足というのはもうやめてほしい

[決めてくれ~~]
先日のコパ・アメリカのエクアドル戦の記事にこんなのがあった。

またまた決定力不足露呈、しばらく「半端ない」頼み

この手の記事を読むと、疑問がふつふつと湧いてくる。最大の疑問は「決定力不足じゃない国やチームってどこよ?」である。決定力不足を嘆く人は、これをマジに列挙してほしい。挙げてみるとわかると思うが、超トップのレベルは完全に突然変異頼みなのである。突出した才能を持った選手が偶然出てくるかどうか、そんなの分かるわけないし望んで叶うものでもない。ではセカンドレベルの選手は育成すれば生まれるのか?だが、これもまた難しい。だが、サッカーの裾野を広げればものすごい選手が出てくる可能性が上がるのだけは確かだろう。だから、こんなの嘆く前にサッカーの面白さをもっと広めろってば。

「半端ない」頼み、もそうである。そもそも「半端ない」大迫は世界的に見てどのくらいのレベルなのか、である。ストライカーとして見た場合、超一流レベルとは言い難いだろう。だが、大迫の本当にすごいところは、チームを機能させる能力が高い点だと思う。決定力、パス能力、ボールキープ能力、試合の流れを読む力などなど、サッカー選手として全てにおいてそれなりの高い能力を備えている。穴がないのだ。確かに大迫が出ると試合が落ち着く。だけれども、大迫がガンガン点をとっているわけではないのである。このあたりをみんな勘違いしているように思う。大迫には点を取ることと決定的なチャンスを作ること、ボールをしっかり収めることを要求しているくせに、他のFWには「決定力」しか要求していない。おかしいだろそれ。ロシアワールドカップのときのフランス代表ジルーのように、点を取れなくてもかけがえのない選手だっているのだ。

というか、敗因を「決定力不足」とするのは、あまりにも安易過ぎる。相手より点を取れなかったから勝てないわけで、「決定力不足」を問題にするのは「点を取れば勝てましたね」とバカでも分かることを言っているに等しいと思うのだが、どうか。もう少し点を取れる可能性を広げるための分析とかを記事にしてほしいもんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5353

2019年06月26日

なでしこ散る

[決めてくれ~~]
コパ・アメリカのA代表に続き、なでしこも決勝トーナメント1回戦であっさりオランダに負けた。試合開始30分くらいまでは完全な負け試合に見えたのだが、その後オランダが単調な攻めになってきたおかげで次第に復調。前半43分の同点ゴールで「お、これはもしかして勝てるかも」と思ったのだが・・・

後半は結構な時間、日本のペースで試合が進む。俺期待の中島がイマイチだったが、中島を籾木に変えてからは清水との連携も格段に良くなり、どんどんオランダ陣内に攻め込むなでしこ。しかし、惜しいシュートは数本あったがいずれもキーパーやバーに邪魔をされてしまう。入らないときってこんなもんだよな・・・と思っていたらオランダが息を吹き返した。多分攻め疲れたんだろうなぁなでしこは。で、ゴール前になだれ込まれて熊谷のハンドを誘ったわけだけど、もうね、ため息しか出ないわけだよ。山下の奇跡的なセーブを祈ったけれどそんな祈りなど通じるわけもなく、なでしこはベスト16で敗退してしまった。

うーん、ある程度予想はしていたけれど、やっぱりあのレベルだったんだよ今のなでしこは。なんつーか勝てる感じがしないんだよね。それは多分「つよい」じゃなくて「うまい」だから。前半途中までは日本のバックラインから中盤にボールが渡った瞬間にオランダがガンガン来ていた。ボールを奪う位置、ターゲットがはっきりしていたよね。それに比べて日本はフォワードから意味もなく(といったら言い過ぎだけど)追いまくり、無駄に体力を消耗するだけ。菅澤も岩渕ももう少し体力を温存していたら後半の決め所で違った動きをできていたかもしれない。まぁ、前線から行かないとオランダのロングボールの精度が上がってしまい危険度が増したかもしれんけどね。

本当に残念だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5352

2019年06月19日

なでしこラウンド1最終戦

[決めてくれ~~]
なでしこジャパンは一試合残してラウンド1突破を決めているが、最終戦のイングランドに勝てば一位突破、勝てなければ二位、もしくは三位での勝ち抜けも有りうる微妙な状態だ。アルゼンチン戦は少し前の男子代表を見ているようだったし、スコットランド戦も終盤は結構押し込まれた。今のなでしこは飛び抜けた力を持っているわけではないのだ。

といっても、守って守って守り抜いて・・・という戦術もフィジカル的な問題から難しい。となれば、相手より人もボールも早く動かすしかない。モノを言うのは「頭の回転」の速さになってくるだろう。一位通過の場合は中国、カメルーン、ニュージーランド、チリ、タイのいずれかで、かなり組みやすしである。二位通過では相手はオランダかカナダで、結構やばめ。三位通過ではフランスかドイツになる。こりゃやばい。ということで、是が非でも引き分け以上で終わってもらいたい。

だが、なんだか今回のなでしこはアレなんだよなぁ。攻撃のテンポが一定すぎて、崩せる感じがしないんだよ。アーリークロスでもいいしミドルでもいい。とにかくゴールに向かってボールを運ばなきゃ点にならないんだけど、ゴールを避けてボールを回しているように見えてしまう。サッカーはボール回しの旨さじゃなくて点を取るゲームなのにねぇ。

もっとゴールに向かっていってほしいもんだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5350

2019年06月17日

コパ・アメリカ見たい!

[決めてくれ~~]
コパ・アメリカ見たい!

U-22はトゥーロン国際大会決勝でPK戦の末に負けてしまったが、なかなかいい戦いぶりだったと思う。前半は格の違いを感じさせる内容ではあったけれど、後半は「もしかしたら行けるんじゃね?」と思う場面もそれなりにあった。ブラジル相手にあそこまで戦えるとは。何より技術が素晴らしい。ブラジルよりは全体的にワンランク落ちるものの、日本の選手もここまで来たかと思わずにはいられなかった。こんな衝撃は1999年ワールドユース(U-20)の選手を見たとき以来だ。

そんな年代の選手が結構出ているのが今回のコパ・アメリカだ。当然常連組もいるが、若い選手もたくさんいるコパ・アメリカの代表がどんな戦い方をするのか、非常に興味がある。この戦いぶりは来年の東京オリンピックを占う上で大事な試合じゃないかと。

ああ、コパ・アメリカ見たい!見たいけどDAZNでしか放映しないし時間も早朝なんで・・・残念だなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5348

2019年05月25日

コパ・アメリカ メンバー決まる

[決めてくれ~~]
▼GK
川島永嗣、小島亨介、大迫敬介

▼DF
植田直通、板倉滉、岩田智輝、立田悠悟、原輝綺、杉岡大暉、菅大輝、冨安健洋

▼MF
柴崎岳、中島翔哉、中山雄太、三好康児、伊藤達哉、松本泰志、渡辺皓太、安部裕葵、久保建英

▼FW
岡崎慎司、前田大然、上田綺世

キリンカップメンバーから引き継いでいるメンバーは大迫敬介、冨安健洋、柴崎岳、中島翔哉、岡崎慎司だ。キリンチャレンジカップはどう見ても興行の色合いが強いメンバーだが、こちらは東京オリンピックを見据えたメンバーといったところか。これはTV中継がないから出来たメンバー徴収かもしれんね。うーん、見てみたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5346

2019年05月11日

なでしこメンバー決定!

[決めてくれ~~]
6月7日からフランスで行われる女子ワールドカップのメンバーが決まった。

GK
池田咲紀子(26=浦和)、山下杏也加(23=日テレ)、平尾知佳(22=新潟)

DF
鮫島彩(31=INAC神戸)、宇津木瑠美(30=レイン)、熊谷紗希(28=リヨン)、三宅史織(23=INAC神戸)、清水梨紗(22=日テレ)、市瀬菜々(21=仙台)、宮川麻都(21=日テレ)、南萌華(20=浦和)

MF
阪口夢穂(31=日テレ)、中島依美(28=INAC神戸)、籾木結花(23=日テレ)、長谷川唯(22=日テレ)、杉田妃和(22=INAC神戸)、三浦成美(21=日テレ)

FW
菅沢優衣香(28=浦和)、岩渕真奈(26=INAC神戸)、横山久美(25=長野)、小林里歌子(21=日テレ)、植木理子(19=日テレ)、遠藤純(18=日テレ)

この23人の中で、W杯初選出はなんと17人。平均年齢も前回の27.6歳から23.9歳にまで若返っているらしい。30代が3人、20代後半が6人、20代前半が12人、10代が2人という構成は驚きでもある。20代後半で唯一初選出されたのが中島だけれど、最近の代表戦をみていたら絶対に必要な選手なのは間違いない。フィールドプレイヤーで中心となるのは熊谷、三宅、清水、中島、長谷川、岩渕あたりだろう。残りはちょっとわからないが、阪口が本調子になっていれば心強い。個人的には清水梨紗選手が好みなんで頑張ってほしいなぁ。

なでしこは2011年にW杯優勝したときよりも格段に技術は良くなっている。ただ、ライバル国のレベルアップも著しく、上位国は紙一重の差でしか無いように見える。だからこそ戦える選手でなくては駄目だ。これは男子にも言えるが、「うまい」より「強い」選手が大事。体格的に劣るからこそ強いハートが絶対に必要となる。そこに長谷川とか清水とか中島のような、とにかく走れる選手が融合すれば優勝の可能性は十分にあるだろう。またしびれる戦いが始まるね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5341

Next»