Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2010年02月04日

HDレコーダが壊れた

[DIYする?]
朝起きて居間に行くと、なんだか⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンと異音がする。耳を澄まして発生源を探ると、どうやらHDレコーダのようだ。機器を引っ張り出して見ると背面のFANがものすごく汚い。エアダスターで埃を吹き飛ばすと、そのときはとりあえず音は収まった。FANは寿命だな、と思いつつ仕事に出かける。

仕事から帰ってくると、嫁がHDレコーダ周辺を掃除している。何してんだろと思ったら、「これ、うるさいからコンセント抜いちゃったwww。」だと。「おいおい、コンセント抜くのはまずいだろ」と思いつつ、いい機会だからカバーを開けてみることにする。で、開けてみたのがコレだ。1、2、3

[拡大]

メイン基盤周りは細かい埃でいっぱい。
[拡大]

問題の電源周り。こっちの埃は半端ない。
[拡大]

うひゃーキタネー。嫁は「買ったばかりなのに壊れたの?」なんて言ってるが、コレを買ったのは2007年の1月だ。すでに3年が経過していて、その間ずっとこのFANは回りっぱなし。壊れてもぜんぜんおかしくない時期なんだよね。

で、そのFANはこんな状態。この埃の色を真っ白に加工したら、凍りついたみたいに見えるだろうなと思ったら少し笑えた。
[拡大]

汚さにちょっとたじろいだが、気を取り直してよく見てみる。HDはなんと3.5インチのSATAだ。超ラッキー。家に使っていない320GBのSATAがあるので気が向いたら付け替えてみよう。一気に倍だぜうっしっし。DVDはフィルムケーブルを使っているが、何のことは無いただのIDE。壊れたら市販のパーツを買ってきて簡単に交換出来そうだ。まぁ、今でもDVDドライブは調子が悪くて、一回ではメディアをセットできないのだけれど・・・

CPUらしきものにはヒートシンクしか付いていないし、電源周りも大きな発熱をしそうなパーツもない模様。このままFANを外しておいても問題ないだろ。ということで、埃をエアダスターで吹き飛ばし、とりあえずFANを撤去する。取り外してFANを調べると、電源コネクタはPCで一般的に使われている2ピンや3ピンのものより小型だし取り付けのネジサイズも違う。とはいうものの、普通の5cmのFANを買ってきてコネクタを付け替えれば問題なかろうというレベル。取り付けのネジ穴はドリルで大きくすればいいだけだしね。

ということで、一件落着。さて、まずはFANを買ってこないと。

[関連エントリ]
HDレコーダのハードディスク交換


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2010年02月04日 23:00:00



コメント

hogehoge

それがそう簡単にはいかんのよ
もとと同じロットのHDDしか認識しなかったり、DVDドライブは認識しなかったり、認識したけどドアが開かなかったりなw

機種次第だけどまとめwikiもあるから目を通した方が良いと思うよ
2010年04月03日 18:00:20

oyajiman

実際、HDを交換してちょっと痛い目にあったのは関連エントリに書いたとおりなんだがなw。

まぁ、何も調べていないみたいに思われてるけど、俺が購入してちょっと経ったころに調べた記憶だと、上位機種のRD-E300だったかの情報はあったがこのRD-E160の情報はなかったわけよ。

調べても情報がなかったら、やってみるのが漢ってもんだw。それに、暴死したほうが話としておもしろいだろ。
2010年04月03日 22:31:03

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2749
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする