Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2013年01月13日

NHKの連続テレビ小説でステマしてた

[これでいいのか]
最近NHKの連続ドラマ小説を見る日が増えた。今やっているのは「純と愛」という奴で、結構賛否両論あるやつらしい。これを俺が若い頃に見たらそのクサさに虫酸が走っていたと思う。一生懸命といえば聞こえはいいが、個人の一方的な意思の押し付けだし、そんな個人の一方的ながむしゃらさに動かされる周囲も周囲って気がする。とは言いつつ、歳を重ねてそんなことなど気にせずに「ふーん」みたいに見ることが出来るようになったのは自分でも驚きだ。

そんな俺のことはさておき、先日のこのドラマで少々驚くべきシーンを目にした。その回は引きこもりオヤジをどうにかして部屋の外に引っ張りだそうと、ヒロイン「純」があの手この手を繰り出すのだがダメ。問題のシーンは引きこもりオヤジが娘に絵本を読んであげていたというので、「純」がそれにならって絵本を読み聞かせるところだ。その絵本の中に、題字・タイトル画を書いた荒井良二の絵本があった。題名は忘れた。

これってステマじゃないの?

それもさておき、荒井良二の作品は一番古いものでも1990年かららしいので、引きこもりオヤジの娘はまだ20歳にもなっていないかそれに近い年齢となる。計算間違いも甚だしいので訂正。まあそれでも最高で26歳前後だよね。時代考証がおかしすぎる上にステマってどういうことだNHK。100文字以内で明確に答えよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2013年01月13日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3794
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする