Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2008年06月25日

本当に洗っているのだろうか

[これでいいのか]
洗濯から戻ってきたスーツを着ると、なんだかしょっぱいような匂いがするときがある。バスや電車のシートの匂いといえばわかってもらえるだろうか。洗濯から戻ってきたスーツのくせにそんな匂いがするのである。

また、あるときつけたネクタイは猫の小便臭かった。オレんちの猫がやんちゃだったころは粗相しまくりで、ありとあらゆる物が被害にあったのだが、たぶんそのネクタイも被害にあったやつだ。だけどクリーニングに出しても匂いが取れていない。昔はドライクリーニングといえどもクリーニング後は有機溶剤などの匂いがほのかにしていたように記憶している。ドライクリーニングは水溶性の汚れには適さないということもあるのだろうが、なんだか腑に落ちない。

匂いだけならまだしもそのネクタイは十分にしわも取れていないし汚れ自体も薄くまんべんなく広げられただけといった感じで、なんとなくくすんで見える。

以前ある週刊誌だかなんだかに格安クリーニングチェーンについての告発記事が載っていたことがあるが、そこには確か「あまり汚れていないものは洗わずプレスだけして返すこともあった」なんてことが書かれてあって驚いた記憶がある。

そもそも今のクリーニング屋はポケットにハンカチが入っていてもそのまま返ってくる。昔は必ず別の袋に入れられて返ってきたものだが、今ではポケットに入ったままご丁寧に変なしわまで付けられて返ってくるのだ。ポケットに物を入れたまま出す方がよくないのは重々承知である。しかしハンカチのような布製品ならまだしも、紙とかネームプレートのようなプラスチックとかまでそのままの状態で返ってきたこともある。昔のクリーニング屋を知っている物としては少々信じられない。というか、洗ってもそのまま入っているということが腑に落ちないのである。

安ければいいというものでもなかろうに、品質も見極められず価格だけで勝負が決まるのが今の日本なのだろう。ついでになんとなくスーツの洗濯の頻度を調べてみたら、そこには驚くべき実態があった。

スーツってどれくらいの頻度で洗濯すればよいでしょうか? - OKWave
スーツの洗濯頻度 - Yahoo!知恵袋

シーズンが変わる時とか2ヶ月にいっぺんとか、どういう神経だか俺には理解できん。こいつらの体からは老廃物がでないのだろうか。臭いぞお前。ジャケットならまだしも、同じジーンズやパンツを洗濯せずに2ヶ月履くのかオマエ等は!と小一時間問い詰めたい。普段着は洗うのに食い扶持を稼ぐ仕事着は洗わないとは信じられんのだがどうか。ああ、きっと制服があるのだな、そうだそうに違いない。しかし、こういうやつらは制服も洗わないような気がする。とにかくものすごく驚いたぞ俺は。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2008年06月25日 22:17:18



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2148
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする