Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2006年09月15日

飲酒運転

[これでいいのか]
あまり大きな声じゃいえないけど、俺は若いころ飲酒運転常習犯でした。それもバイクで。いまはほとんど酒飲まないし、運転もほぼしないので飲酒運転なんて全然してないけど。

飲酒して運転すると、確かに反応も鈍るしなにより気持ちが大きくなってしまうのが非常に危ないですよね。バイクは何があっても比較的まっすぐ走るんでまだいいんですが、車はどうしても蛇行しちゃう。

おっと、話がそれましたね。飲酒運転の取締りを厳しくしたら飲酒運転の検挙数は下がったようですが、そんなことより、車やキーなどにアルコール検知センサーでもつけて、検知されたら車が動かないようにすればいいのに。

取り締まるってのは結局後行程なわけですよ。起こってから取り締まったってあまり意味はありません。出来ないようにしてあげるのが本当の対策と言うものです。こういった対処療法的な交通政策ってのは、先進諸外国から笑われてる話らしいですからね。交通事故が多いから罰則規定を厳しくしたとか、取締りを強化したってのは効果が持続するものではないのです。その事故が起こらないようにするためにその原因を究明し、対策するのが賢い選択というもの。たとえば交差点での事故が多いのであれば、交差を少なくするために一定方向の通行にするとか、交差点にスピードを出して侵入できないように互い違いに路上駐車スペースを設けてしまうとか、事故自体が起こりにくくする方法はいろいろあるはずです。

飲んだら乗るなじゃなくて、飲んだら動かんくらいにしてもいいんじゃないのかなぁ、日本のメーカーさん。早く実用化してよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2006年09月15日 09:14:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=1373
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする