Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年06月25日

川島ポカで始まり本田ごっつあんで終わったセネガル戦

[決めてくれ~~]
強敵セネガルとの試合は、川島の「なんじゃそりゃ」で始まった。川島ってこういうのあるよなぁ。川口も結構あった。日本GKの伝統芸か?これ以外はそれなりに無難な出来だったのに、たった1プレーでボロクソに言われているは、少々不憫な気がする。ま、それもこれも負けなかったから言えることだけれど。

その後もマネや右サイドの選手の圧倒的なスピードに苦しめられる。しかし、セネガルはポーランドの時のように前からチェイスしてこない。なんでやねん。そのおかげで日本は中盤で若干時間が作れた。気が付くと日本はほぼ3バック。長友、酒井も高めのポジションをキープし、サイド攻撃を受けてもむやみに飛び込まずスピードを落とさせることを徹底している。なんだかいい感じだぞ。

そしてついに乾のゴールが。うん、いいぞ乾。

後半は長友、酒井のポジションに合わせて乾や原口が中に絞り込んだポジショニングをとったり、香川が若干下がってスペースを作ったりしたところに、柴崎の正確なフィードが何度か炸裂。「ああああっ、大迫ぉぉぉぉぉぉ」みたいなシーンなど、決定的なチャンスを2回ほど作るが生かせず。こうなるとサッカーの神様はしっかりお返ししてくるんだよね。いけるという慢心がそうさせるんだろうか。セネガルの強烈な圧力に耐えきれず、19歳のワゲにズドンと叩き込まれた。

ああ、万事休すと思ったが、われらが代表はあきらめていなかった。本田、岡崎を投入し、なんとまぁ「本田もってる」ごっつあんゴール。なぜそこに転がる。岡崎潰れ役はまりすぎだろ。

その後も「柴崎突撃します!」みたいな「こりゃ入るかも」と思わせるシーンもあったが、見ごたえのある試合は決着つかずのドローで終了。

はぁ疲れた。

なんだかこの試合、諸外国にはめっぽう評判が良かった模様。確かに、自国の試合じゃなかったらメッチャ面白いだろうね。

それにしても柴崎すごい。今大会の柴崎の活躍は、きっと世界中をうならせていると思う。そして香川。こんなにフォア・ザ・チームの動きができるとは思ってもみなかった。香川の献身的な動きがみんなを結び付けているに違いない。

こりゃ結構いけるぞ日本。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年06月25日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5235
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする