Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年03月27日

日本代表には「不安」を利用すべし 

[決めてくれ~~]
ウクライナの監督、シェフチェンコだったんだ。時の経つのは早いね。

さて、今日はウクライナ戦だ。マリ戦では散々な言われ方をしている代表だけれど、現段階ではあんなものじゃないかと思う。日本人は何があっても不安に思う人種だから、試合でも失敗を恐れ冒険しない。この状況を打破するにはよっぽどの自信をもたせるか、開き直らせるしかない。前回のブラジルW杯では、自信じゃなくて過信になってしまったように思う。開き直ったのは南アフリカW杯だろうね。

もう一つ忘れてはならないのは、相手は日本をものすごく分析してくるということ。南アフリカでグループリーグを突破できたのは、日本人でさえ「えええっ!」みたいな戦い方に変えたから。アジア予選とかの戦い方を全て投げ捨て、全くの別チームと言っていいほどの変わりようだったのを忘れてはいけない。逆にブラジルW杯では戦い方を一切変えず、真正面からぶち当たってそれはそれは見事に玉砕した。それも、相手の力が上回っているとわかり始めた途端に失敗を恐れる日本になってしまい、後ろでチマチマ回すだけの戦い方だった。

マスコミの誘導を真に受けるとブラジルW杯の二の舞になるだろうね。日本らしい戦い方なんてないんだよ。日本人の特徴は勤勉で若干敏捷性に優れていることぐらい。テクニックは中の上だろうし、身体能力も並、一人で局面を打開できるスーパーな選手もいない。更には失敗を恐れ冒険しない。そんな我々日本人が強国を倒すには、奇襲しかないのがわからないのだろうか。それもしっかりと役割をもたせ、型にはめて実行させる。決めたことは守るのが日本人なので、その特性を120%利用することがものすごく重要なポイントではなかろうか。自分で考えてリスクを取れる日本人は本当に一握りしかいない。だから決めてあげないとダメ。それで自信がつけばリスクを取り始めるようになるはず。

個人的には本戦までとにかくモタモタしていて欲しい。そして、蓋を開けたら「え?そんな戦い方するの?」くらいの驚きを与えて欲しい。相手に分析されて対抗できる力はないのだよ日本は。みんな日本代表の力を過信しすぎだよ。もっと冷静に分析すべし。

俺は、ハリルホジッチ監督は最後の2週間とかでグループリーグ仕様の戦い方をガッチリ仕込んでくると信じてる。頼むぜハリルホジッチ監督。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年03月27日 21:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5181
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする