Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年03月09日

J.エドガー

[おやじのみた映画]
FBI初代長官J・エドガー・フーヴァーを描いた作品。これが事実に基づいているのかは分からない。

フーヴァー、トルソンの年老いたメイクはちょっといただけなかったが、それ以外では面白く観れた。観終わった後のエンドロールで監督がクリント・イーストウッドだということに気がつく。

何も前知識を持たないで観たので、フーヴァーがクローゼット・ホモセクシュアルであったように描かれているのには少々驚いた。しかし、だからこそFBIという組織を構築できたようにも思う。フーヴァーという人物を描くには欠かせない要素だったと、観終わった後に思った。

それにしてもクリント・イーストウッドの作品は、史実に基づいたものはかなりスローテンポだし盛り上がりも少ない。これは意識的にそう仕上げているとしか思えない。最後までしっかりと観れたが、デカプリオしか印象に残らないのは残念。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年03月09日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5168
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする