Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年01月24日

「96時間」はすごかった 

[おやじのみた映画]

つらつらっとAmazonのPrimeビデオのページを眺めていたら、「96時間」という映画に目が止まった。この作品、評価者が399人で評価点は4.4、脚本はあのリュック・ベンソンとのこと。これは間違いない。超面白いに違いない。

観はじめると、どんどん映画の中に引き込まれる。最初は冴えない感じのブライアンだが、その能力の凄まじさが次第に明らかになっていく。ちょっと凄すぎて現実離れしている感もあるがこれぞ娯楽映画ということなんだよね。

驚くのは、ブライアンが絶体絶命のピンチになるシーンが非常に少ないのに、観ている方の心拍数が上がってしまうことだ。発生した問題をどんな手を使ってもクリアしていくその様は、「なんでこの映画が話題になってないの?」と思える程である。内容ではミッションインポッシブルとかトランスポーター以上だ。

いやー面白かった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年01月24日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5138
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする