Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2011年01月26日

韓国はやはり強かった

[決めてくれ~~]
ご承知のとおり、準決勝の日本-韓国戦は延長PK戦で日本が勝ち上がった。2-1になった時点で「これは勝てるかも」と思ったのだが、やはり韓国は韓国だったね。強いよ。

組織的な攻撃では日本が上だったが、個の力は完全に韓国が上だったと言わざるを得ない。最後の最後での同点ゴールは「あー、やっぱり韓国強いなー」と思わせるに十分なものだったと思う。実際見ていても「やっぱり逃げきれなかったか・・・」という思いが強かった。日本は前半の決定機を逃したのが最後の最後まで響いた形だ。

あの韓国のパワーはどこからくるのだろう。コンディションはどう考えても良くないはずなのに、後半からは完全に韓国の方が走り勝っていた。韓国の選手に少し経験が不足していたように見えたが、それだけが日本にとって幸いだったように思う。

驚いたのが、我らが代表のメンタルの強さだ。最後の最後に追いつかれてもひるむことも落胆することもなく「勝つのは我々だ」といわんばかりの顔つきだった。本田の勝気がいい方向に作用しているのかもしれん。

それにしても本田だ。あの延長PKのとき、イヤーな予感がしたら見事にGKに当てやがった。何してるんだボケとか思ったら細貝がものすごいスピードで詰めていて驚いた。本田のキックをGKが弾いたのも、その弾いたボールが細貝の前に転がっていくのも、偶然とはいえ本田の「持ってるなー」なんだろう。さらに図々しい事にPK戦の最初のキッカーに出て行くあたり「お前どんだけ図々しくて強心臓なんだよ」って感じ。アレで外したらボケカス味噌糞なんだが、韓国の強い意志さえもぶち抜くような強い弾道で決めやがるあたりが本田△といわれる所以か。PK戦はあの本田のPKの威力ですべてが決まったようなもんだ。韓国最初のキッカーのク・ジャチョルだが、蹴る前の表情に迷いが見えたような気がするし、対する川島はいつもより大きく見えた。その予感どおり川島が見事にセーブ。その後韓国は信じられない事にイ・ヨンレ、ホン・ジョンホともに外してしまう。あの韓国がこんなのありえんだろ。ちょっと信じられないような状況だったが。それも本田のキックがすべてではなかったかと思う。韓国は延長で追いついた段階で安堵してしまったのかもしれんね。

とにかくいい試合だった。韓国はやっぱりとてつもなく強かったし、日本もその重圧を十分に耐えた上で日本らしさも出した。日本の攻撃が機能すると韓国でもついてこれないことが判ったのは非常に大きい。

さぁ、最後は宿敵オーストラリアだ。我らが代表は、俺のドイツのトラウマを取り除いてくれるだろうか。コンディションとコンビネーションが整えば、オーストラリアをケチョンケチョンに出来るはずだ。ただ、オーストラリアのパワープレーはかなりヤバい。日本が一番苦手とする攻められ方を一番得意とするチームなだけに厄介だ。

後半息切れしながらも勝ち上がっていく姿は1999年のワールドユースで準優勝した日本代表の姿にダブって見える。あの時の決勝は不可解なジャッジ等(前の試合のイエローで小野が出場停止。開始早々の南のオーバーステップなど)でスペインに4-0で完敗だった。今回の決勝も、審判は日本に対して最後まで厳しい笛を吹くような気がする。

それでも、今大会で韓国・オーストラリアとガチンコ勝負出来るのは貴重な経験だ。経験を積むだけでなく、勝って記録も残してほしい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2011年01月26日 23:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3106
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする