Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2016年09月22日

507SHが戻ってきた

[507SH]
先日の屈折360日、ついにSojournerがブラックメダルにというエントリで少しだけ触れたが、先月PORTUSから機種変した507SHが、購入一ヶ月経たずに故障した。画面にブロックノイズのようなものが現れたな、と思ったら、そのノイズが次第に大きくなって、ついにはタッチしてもうんともすんとも言わない状態に。

こういうとき、ソフトウエアのスイッチはダメだよなーとつくづく思う。スマホのタッチパネルが死ぬと電話もかけられないわけで、まさに存在する意味がない物体と化す。これがガラケーであれば画面が多少死んでもボタンは生きている可能性が高い。死にかけても動くのはやはりローテクなんだろうなぁ。早速修理に出した。

故障期間中は代替え機を借りていたのだけれど、その機種が京セラの404KCだった。これが思っていた以上によく出来た機種で、「まーとりあえずスマホ使えればいいや」状態の俺には痒いところに手が届く親切設計で最高だった。なんつーか、とりあえずそのままサクッと使えるんだよね。

修理は1週間もしないうちに完了。なかなか早いじゃないかSHARP。戻ってきて改めて507SHを使ってみると、電話機能に簡易留守電がなかったりディザリングをONにするのに一手間多かったりと、ちょっとしたところがめんどくさく感じる。このあたりは日本市場に特化した機種とWorldWideな機種の違いなんだろう。つか、なんでNexusにしなかったのか、今になって不思議に思う。防塵防水とワンセグに引っかかっちゃったんだよね。だけどイジるならNexusだったよなーと、今になってちょっと後悔している。なんでか知らんがHuluアプリも使えないし。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2016年09月22日 22:22:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4834
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする