Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2005年02月06日

ネズミ捕りに捕まった その1

[違反キップコレクター]
猊鼻渓に6台でツーリングに行った時の話。

俺が行くツーリングってのは目的地で遊ぶとかのために行くんじゃなくて、本当にただ走るためだけに行くことが多い。目的地を決めないとルートも決められないので一応目的地は決めるのだが、別にそこに行きたいわけじゃない。俺の一緒に行く仲間もかっとび(死語)大好きなので、はたから見たら真の集団暴走行為してるだけの連中だ。

その単に走るだけのツーリングでの帰り道、俺はあまり車の走らない道を結構なスピードでかっとんでいた。その道は制限時速40Km/hだったのだが、120Km/h程度で走っていた。

ふと前を見ると、白黒の車が見えた。あら、やべーと思いフルブレーキングしたのだが、120Km/hからフルブレーキングしたってそう簡単に止まれるもんじゃない。道路に警官が出てきて俺を静止しようとしたんだが全く止まれず、その警官の前を20~30m程度オーバーランしてやっと止まった。

警官はかなり怒った様子であった。そりゃそうだ。計るまでもないくらいの速度超過だもの。俺は移動交番の中に連れて行かれた。
「出してたね。ここ制限速度何Km/hだか知ってる?」
「はぁ・・・」
「いまスピード確認してもらうから、少し待ってなさい。」
「はぁ・・・」

俺は免停以上を覚悟した。少なくとも100km/hは出ていたのは間違いないからだ。暴走行為で取消かも知れない。

少ししてスピードが表示された。
「!」

俺は我が目を疑った。警官も多分そうだったにちがいない。デジタルメータには53Km/hと表示されていたのだ。

警官は苦々しそうな顔をして青キップを記載し、俺に確認を求めた。なんでそんな速度表示になったのかは今でもわからないが、「やったぜラッキー」と思った俺はニコニコしながら青キップにサインし、悔しそうな警官を横目でみながらさっそうとバイクにまたがりその場を立ち去った。

捕まったなかで一番あせった出来事だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2005年02月06日 04:08:10



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=468
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする