Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2014年06月20日

オランダ、チリが進出決定(グループB2回戦)

[決めてくれ~~]
グループBは最終戦を待たずしてオランダ、チリの勝ち抜けが決まった。

オランダはスペイン戦に神経を使ったせいなのか、若干体が重そうに見えた。後半途中では勝たなければならないオーストラリアに逆転を許す状況になったが、オランダはニューフライング・ダッチマンが同点弾を決める。決める人が決めたオランダはやはり強く、最後は逆転のピンチを凌いだ直後に逆転弾を決めたオランダが勝利。前大会に続き快進撃しそうな勢いだ。


スペイン-チリはチリの完勝。スペインの時代が終わりを告げたと思わせるには十分な試合だった。スペインはいいところを全く出せないまま終わった。まったくの偏見かもしれんが、ディエゴ・コスタがスペインのチームバランスを微妙に狂わせているように見えたのだが、どうか。スペインのような戦い方は少し考えれば非常に難しいことが分かる。パスの成功率を考えると、パス数が増えれば増えるほど失敗する確率は増える。それをトレーニングによって少しづつ確率を上げていったのがスペインのサッカーで、ある意味究極の姿と言える。ただ、非常に微妙なバランスの上に成り立っているのはなんとなく理解できる。パスの本数を減らすにはロングレンジのパスが有効になるが、実際スペインのパスよりチリのほうが若干パスのレンジが長かった。残念だが、スペインのサッカーはほぼ終わったと言わざるを得ない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2014年06月20日 01:11:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4248
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする