Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2019年11月20日

恐ろしいくらいにしょぼかったベネズエラ戦

[決めてくれ~~]
久々に超しょぼい代表戦を見た感じ。一点目は「ま、しょうがないかな?」くらいだったが、二点目は「は?」、三点目は「何やってんの?」、四点目は「・・・」である。ここまでズタボロになってもメンバー交代もしないしベンチからの具体的な指示も感じられない。

しかし、ここで冷静になって考えてみると、森保監督なってチームづくりがうまく行っているのかよくわからなくなるのだ。確かに南野、堂安、中島という組み合わせは破壊力は十分だ。だが、なんのことはない、たまたま素材を組み合わせたらうまくいったと見えなくもない。この三人を機能させる大迫、柴崎、酒井、吉田あたりが欠けてしまうと一気にパワーダウンしてしまう。

今回などはその最たる例で、吉田、大迫、酒井が欠け、中島のワガママなドリブルだけが目立った。ワガママでも結果を出してくれればいいのだが、潰されまくりのシュート外しまくりだ。枠にさえ飛んでいない。あれではチームは機能しない。うまく行っているときは、ベテラン勢がワガママの隙間を埋めているからなのに、中島は未だにそのことに気がついていないように見える。ワガママを通したいのであれば、戦略は中島と言われるまでのレベルになってほしいもんだ。

それにしてもしょぼい試合が続く。東京リンピックにピークを持っていくとすれば、時期的にはこの時期にヘコむのもおかしくはない。だが、戦いぶりは弱い・下手くそとしか見えないのが辛い。後半は盛り返したように見えたが、取れたのはたったの一点である。すべての面でベネズエラに劣っていたことはしっかりと認識すべきだ。

それにしてもツマンネー試合だったな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2019年11月20日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5398
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする