Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2019年04月10日

新紙幣とかIHIの不正とか

[つれづれなるままに]
最近なぜか新聞を見ている。全部読むわけではなく、見出しをささっと眺め、興味の湧いたものだけ流し読みする程度だ。ここ最近はネットでニュースを見ていたので、紙の新聞は久々である。

で、紙の新聞に目新しい発見があったかというと、実は殆ど無い。ネットも紙もTVのように垂れ流しではないので読み返すことができるが、紙とネットのニュースで見ると、情報量の多さや比較対照のしやすさからネットの方に軍配が上がる気がする。

だが、物理的にささっと見直す便利さは圧倒的に紙である。なので、気になった記事とかもさっと読み直せるのは良い。ただ、これも事務所に詰めている人間だからできることなのかもしれん。

というどうでもいい話はさておき、2つほど気になった記事があったので書いておく。

1つ目は新紙幣である。世の中、デザインがどうのこうの使われている人物像がどうのこうのという話でかしましいが、新紙幣に変えることで大きなメリットが出てくる可能性がある。それは、アングラに溜め込まれているお金を世に引っ張り出すきっかけになるかもしれんということである。現金でなければ成立しないビジネス、いわゆるブラックマネーはかなりの額になるらしい。それが表に出てくるだけでかなりの経済効果があると誰かが言っていた。これは旧紙幣の使用できる期限を切るなどの措置が必要であるが、チャレンジする価値はありそうだ。

2つ目はIHIの不正である。自動車業界の不正検査が話題になったのは記憶に新しいが、今度はIHIが矢面に立たされている。この検査、一体誰得なんだろう。ビジネスだけ考えればメーカーが責任を持てば良い話で、法律で検査を義務付ける必要はない。品質が悪ければ販売数が減るだけである。そもそも日本はくだらない規制とか基準とかが多すぎる。安全検査とか安全試験とか、むちゃくちゃ多い。それも何故か知らねど年々増えていっているような気がする。うがった目で見ると、天下りとかそういったたぐいの者を食わせていくために中抜きしているよぅにしか思えない。そのために法律が作られ、基準が変わるか厳しくなり、検査項目も増えていくように見えるのだ。

ホント誰か切り込んでくれないかなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2019年04月10日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5332
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする