Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2019年02月02日

果たして日本は成長したのか

[つれづれなるままに]
昨日のアジアカップ決勝は、カタールが3-1で日本を破って初優勝を飾った。ほぼ完敗だったのであまり悔しさはない。1点め、2点めは「あれ入るの?」みたいなやつで、あんなので2点取られたらどうしようもない。シュートを打たれる前にどうにかすべきみたいな話もあるが、あんな場面は試合の中で数回あるのは当たり前だ。そのチャンスを決めたか決めなかったかが重要。事実上の決勝戦のあとの気の抜けた試合を日本もやっちまったな。カタールを無失点で優勝させなかったという意地は見せたが、それだけだった。

あちこちで「最後は負けたけど成長した」みたいなことが書かれているけれど、本当にそうなんだろうか。全力で戦って流れを呼び寄せたのはイラン戦くらいで、あれも大迫がいたからどうにかなった試合だ。サウジには攻められっぱなしだったし、ベトナム戦も褒められた内容ではない。グループリーグもトルクメニスタンはぐでぐで、オマーンはPKでかろうじて勝ち、ウズベキスタンでも塩谷のミドルがなければ勝てていない。どの試合を見ても強かったという印象はまったくない。それでもかろうじて勝てたのは、苦しい戦いを重ねてきた経験値の差だったように思う。つまり、過去の遺産で勝ったようなものだ。

確かに森保監督になってからは今までより柔軟な戦い方ができるようになった気がしないでもない。しかし、カタールに力負けした事実はしっかりと受け止めなければならないよな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2019年02月02日 22:22:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5311
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする