Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年07月07日

次期日本代表監督について

[決めてくれ~~]
日本代表はロシアでベスト16という成績に終わった。なんだか西野を押す意見も結構あるようだが、本当にそれでいいのだろうか。

今回のワールドカップは、日本がショートパスをつないで云々とか、またまたパス大好き意見が復活している。「ちょっとまて」である。今回はたまたま乾、長友、香川の左サイドでのパス交換がうまく行ったように見えた。ただ、そこからカウンターを食らうケースも結構見られたではないか。手数と人数をかけることもときには必要だが、基本は「少ない人数、少ない手数」だと思う。そもそもの話として、ハリルホジッチの戦い方はカウンターを喰らわない戦い方だった。中盤で手数を掛けないから当然である。そこにオプションとしてのショートパスを組み込んだ、アジア最終予選でのオーストラリア戦をより進化させたような形で戦っていたら・・・

西野監督がチームの和を取り戻した的な話も、俺は非常に懐疑的だ。西野監督はハリルホジッチ前監督のそばにいたのであるから、チーム内の不協和音は前の立場でも取り除くことが出来たはず。2番手にいて出来ないのにトップになったら出来たなんて、常識的に考えればありえない。もし不協和音を取り除く力があったと仮定すれば、ハリルホジッチ在任中にその力を発揮しなかった時点で職務怠慢である。だから西野の線は絶対に否定したい。

個人的には、日本サッカーの流れを変えてくれたユーゴ系(オシム、ハリルホジッチ)がいいんじゃないかと思う。もしくはJリーグにそれなりにいて日本のことをよく知っている人、ドゥンガとかピクシーとか・・・俺は戦術的に長けている人がいいと思う。なんだか今の日本は戦術の教育というか、そういうのが遅れているらしいから。5レーンとか最近知ったもんな、え?俺だけですか?

もう一回アギーレもいいんじゃね?メキシコはあっと驚くような戦術を引き下げてくるからね。個人的にはハで始まってチで終わる人がいいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年07月07日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5243
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする