Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年07月03日

負けた 

[決めてくれ~~]
なんだろ、悔しくてたまらん。前半は0-0で終わり、いいペースだと思った。後半早々、岳のスルーパスを元気がしっかり決めて先制。この試合、ワールドクラスのシュートでなければ点は入らないだろうと思っていたが、元気はしっかりとサイドネットにぶちこんでくれた。

混乱気味のベルギーをあざ笑うかのように、今度は乾が超絶ミドル。まさかの2-0である。これは勝てるかも。誰しもそう思ったに違いない。

しかし、残り時間がアディショナルタイムを含めたら40分はある。ちょっと早い段階で点差が付きすぎたことへの不安感がよぎる。ベルギーは2人を一気に代え、一気に前への圧力を強めてくる。

それでも守り切れるのではないかと思っていた。30分過ぎまで無得点で堪え切れれば、ベルギーは焦ってミスが多くなるに違いない。その隙をつけば、今のチームなら追加点を奪えるかもしれん。守るんだ。

しかし、その願いは届かなかった。ゴール前でバタつく選手たち。ベルギーの圧力に気おされたのか川島のポジショニングと判断がちょっとおかしい。と、思った矢先、あの気の抜けた感じのゴールを決められる。ドーハの時の同点ゴールより緩かった。このゴールの時点で日本は終わっていたのかもしれん。なんたってがっかり感が半端なかったもの。2点目は完璧に力負け。1点目があのようなゴールならあきらめもつくのだけれど・・・

そして延長がちらついてきた後半終了間際、本田のCKはあっさりと相手GKに。クルトワは落ち着いてスローイングで味方にフィード。おっと、日本選手誰もいないよ。まるでエアポケットに入ってしまったかのような数秒間だった。ルカクのスルーに誰も対応できず、痛恨の決勝点を決められた。

やっぱり世界の壁は厚い。あらゆる状況を想定しての準備が足りず、監督・選手の経験も不足。特に2-1になってからはそれが顕著に出てしまった。選手の健闘は称えるが、ポーランド戦、ベルギー戦ともに負けなくてもよい試合を落としたとみるべき。

メキシコのように、決勝トーナメントに残ってもなかなか勝ち上がれないのがベスト8の壁なんだろう。その壁は我々が想像しているよりもはるかに大きかった。

言いたくはないけれど、ハリルホジッチが監督のままだったらと、どうしても思ってしまう。

ワールドカップ出場まで24年待った。ベスト8以上に行くにももう少し待たなきゃダメなんだろうなぁ。まずはコンスタントにグループリーグを突破できるようにしないとな。

悔しくて泣ける。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年07月03日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5241
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする