Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年06月29日

決勝トーナメント進出! 

[決めてくれ~~]
日本はポーランドに0-1で破れたが、コロンビアの頑張りで首の皮一枚つながった。前半の展開はまずまず。だが、相手がバタついているときに決めておかないと・・・決定的なチャンスになったであろうシーンもそこそこあった。惜しむらくは、チャンスにサイドに逃げる走りばかりだったこと。本当の強豪はあそこで必ず前に仕掛ける。仕掛けることで相手は嫌がるし反則も起きる。ゴールから離れていってどうするんだ。

前半で「攻められる!」と勘違いしたのか、途中からは高徳は高い位置をとりっぱなし。当然、高徳、柴崎、山口の位置関係もひどくて中盤がポッカリと空いてしまう。更にはタイミングの悪いチェックの宇佐美、むやみに上がっては本職の守備でポカを繰り広げる槙野と、こりゃやられるなという雰囲気がバンバン伝わってくる。TVでは「よく守ってます」とか言っていたけれど、全然ダメじゃん。案の定、ちゃんとマークつけよ!状態でドフリーのヘディングシュートを決められる。

その後は前半のような得点の匂いはまったくなく、槙野のオウンゴールもどきさえ生まれる始末。川島は1戦2戦と「もしかしたら防げたかも」で2点を許しているが、ポーランド戦では超決定機でボールを掻き出し、槙野のオウンゴールも防いだ。コレでチャラだな川島。

そんなグループリーグ敗退が色濃く出始めたとき、なんとまぁコロンビアが助け舟を出してくれた。もうコロンビア様々である。で、ここから物議を醸し出した試合の進め方になる。

結構叩かれているようだけれど、俺は「コロンビアが勝ち切る」に掛けた西野監督の決断に恐れおののいた。もしセネガルが同点に追いついたら、西野監督はどんな目に合うのかわかったもんじゃない。今回のハリルホジッチ騒動とは比べ物にならないバッシングを食らうはずだ。そんなリスクをガッチリ受け止め、賭けに出た西野監督の胆力に畏怖する。

この試合も敗れはしたものの、これまでの先発を休ませ、決勝トーナメントで100%戦えるメンバーを絞り込む事ができた。西野監督はここまでの掛けに勝ったのだ。恐るべし西野監督。

だがしかし、次の対戦はルカク率いる破壊力抜群のベルギーである。西野監督の誤算は、岡崎がダメっぽいこと、フィジカルに長けるはずの槙野、守備力の高いはずの山口、攻撃力の高いはずの宇佐美が使えないとわかったことは誤算だっただろう。ここまでひどいとは・・・と思ったはずだ。大迫、乾はしっかり休ませたかっただろう。ただ、香川、原口が休めたのは良かった。心配なのは柴崎である。この試合も開始20分程度まで少々重そうに見えたし、スプリント回数も少なかったのではないか。

さて、次は7/2である。ベスト16の壁を破ることができるか!

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年06月29日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5238
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする