Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年06月22日

波乱万丈ロシア大会 

[決めてくれ~~]
今回のワールドカップはかなり波乱万丈。驚きの連続である。今日の時点で終了した試合は23試合、全試合の1/3ちょっとだ。その中での「こりゃ~驚いた」7つを上げてみよう。

第七位 モロッコ、ペルー強かったけど敗退決まってめちゃ残念
今大会で一番もったいないと思った国がモロッコ。その次がペルー。いいチームだし強い。シュートがもうちょっとどうにかなれば、イランにもポルトガルにも勝てていたかもしれん。ペルーもデンマーク、フランスと互角の戦い。あんないいチームが後一試合しか見れないのは本当に残念。残念すぎる。

第六位 キッキングとかやめれ韓国
まだあんなことやってんのかと・・・同じアジア勢として悲しくなったよ。スウェーデンもラフプレーを警戒した動きに見えた。初戦から怪我なんてしたくないもんね。だけど、第3戦のドイツにあんなテキトーなことしたらぶっ潰されんじゃね?と、いらぬ心配をしたくなる。

第五位 フランスかなり強いぞ
グループリーグ2試合を観た中でのNo.1はフランス。かなり強い。19歳のムペッパはブレークの予感ムンムンだし、そんな若手をサポートしつつ連携もしっかり取れている。ムペッパの得点を祝う姿からは、チームの雰囲気の良さが伝わってきた。このチーム、まだ持てる実力の60%程度しか出していないように見え、決勝までを見据えた余裕すら感じる。フランス2回目の栄冠かも。

第四位 セネガル メチャ強いぞ
ヤバイヤバイヤバイ。セネガルマジ強い。今まで見た試合の中では多分一番か二番に強い。何だあれ。アフリカが組織的になったら反則だろ。もっと自由にやれよ。なんであんなにきれいにポジション取りしてんだよ。それであの身体能力って・・・準決勝くらいまで十分行けるんじゃないかなぁ。コロンビアーポーランドの引き分けを希望します、ええ。

第三位 アルゼンチン2試合終わって1分1敗
アルゼンチン-クロアチアはまだ見ていないが、結果だけ見れば0-3の完敗。初戦もメッシのPK失敗という誤算はあったものの、内容だけ見れば引き分けも当然。個々のメンバーは申し分ないのに、メッシシステムが今ひとつ機能しない状況に陥っている。多分これは南米予選のときから引きずっている問題に違いない。グループリーグではクロアチアが頭一つ抜け出たので予選突破の可能性はなくなってはいないが、ナイジェリア-アイスランドの結果次第では自力突破の可能性がなくなる。ワールドカップ恐ろしかー。

第二位 メキシコ、ドイツを破る
ドイツの出来はそんなに褒められたものではなかったが、メキシコのカウンターは本当に鋭く迫力満点だった。シュートの精度が良ければ、あと1~2点は確実に取れていただろう。はっきり言ってドイツの完敗である。ブラジル大会のドイツは頭一つ抜きん出た強さだったが、そのチームがあんなにチンチンにされるとは思っても見なかった。メヒコメヒコヤーヤーヤー。

第一位 大迫半端ない
今のところ、文句なしコレ。前半開始直後の突進から香川のPKまで、ハリルホジッチ解任からパラグアイ戦までの混乱を見事に引き継ぎ、日本中を混乱に陥れた立役者。誰がこんなの予想した。更には決勝点、超やばいハメスのシュートを「何故そこにいる??」大迫がブロックと、半端ない半端なさを見せてくれた。セネガル戦では「ワールドカップで得点」という夢=プレッシャーが外れた「大迫超絶半端ない」を見せてくれるに違いない。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年06月22日 21:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5232
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする