Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年06月20日

コロンビア戦は思いもしなかった展開

[決めてくれ~~]
ロシアワールドカップH組の第一試合は日本ーコロンビア。前回のブラジルでは手も足も出なかった。さらには日本はW杯で南米チームに勝ったことはなく、W杯以外でも南米のチームには分が悪い。それだけでなく本戦直前のゴタゴタもあり、日本の苦戦はだれもが予想していただろう。

しかしである、開始たったの3分で大迫が怒涛の突破。強い!と思ったがシュートはキーパー正面。なんたるちあである。しかしキーパーのはじいたボールの先には香川が猛ダッシュで詰めていた。ハリルホジッチの教え通りじゃん。だが、だがである。香川のシュートは敵にあたってコースを外れた。やっぱりかよ・・・

と思ったら審判がなんだか笛を拭いてPKスポットを指さしている、で、おまけに赤いカードが出てる。

なにがなんだかよくわからなかったが、相手選手が香川のシュートをハンドで阻止したことがスロー再生でわかる、このPKを香川がど真ん中に転がして日本先制。うはっ、こんな展開は思いもしなかった。

10人になっても、なぜかコロンビアはカウンターを警戒してかあまり前に来ない。日本もほとんど想定していなかったであろう状況でも、落ち着いてゲームを進める。この進め方にはちょっと驚いた。こういう時間の進め方を日本もできるんだと思ったらうれしくなった。

しかし、やっぱりコロンビアは強かった。前半終了間際のFKをきっちりと決めて前半は1-1の同点で終了。

後半、コロンビアはハメスを投入。お互い何度か惜しいチャンスを作るが決まらず。特に大迫は随所で「半端ない」を見せるが得点には至らない。このまま終わるかもとか思い始めた71分、ついにその時が来た。大迫半端ないが炸裂したのだ。

そのあと何度か危ないシーンや何やってんの本田というパスミスもあったが、大事には至らず。日本が8年ぶりに本戦で勝利をつかんだ。なんという展開。

本田以外、本当にみんなよく走った。運にも助けられたかもしれないが、運も実力のうち。初戦突破で決勝トーナメント進出の可能性が出てきた。セネガル、ポーランド戦が楽しみになってきた。やっぱり自国が勝つと気分が違うなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年06月20日 02:06:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5231
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする