Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年04月16日

なでしこW杯出場権獲得 

[決めてくれ~~]
オーストラリアとの一戦は、負ければグループ3位がほぼ確定という結構厳しい状況だったが、内容は自分たちの出来ることを100%発揮しての引き分け。終了間際の1点は、普通のジャッジだったらキーパーチャージじゃね?という際どいものだったので、十分に納得できる引き分けだ。最後の時間稼ぎにギャーギャー言うやつもいるのだろうが、あれは極めてまっとうな判断だった。

スタメン予想は宇津木以外的中。宇津木は予想していなかったなー。だけど宇津木の働きは特筆すべきものだった。

試合では市瀬、清水、宇津木、長谷川がものすごく効いていたように見える。そこに安定の熊谷、鮫島、中島、阪口がしっかりと役割をこなした。当然、岩渕と菅沢も前線から激しいチェイスで頑張った。キーパーも危ない場面を何度か防いだ。全員が持てる力を組織的にも十分発揮した戦い方は、次の黄金時代を予感させるには十分だったと思う。このチームはW杯優勝メンバーと20歳そこそこの若いメンバー、その間の中堅と、各年代がバランスよく配置されているのも特徴だ。素晴らしいチームが出来そうである。

さて、次は準決勝の中国戦。中国はグループリーグを3勝0敗で勝ち抜けてきている。ただし、中国側のグループは中国以外今ひとつの実力ということも言われている。目安は前日に行われるフィリピンー韓国戦の内容かもしれん。

何れにせよ、このチームであと2回真剣勝負が出来るのは最高の訓練になるはず。長谷川があのくらい動き回って、なぜチームに穴が出来ないのか不思議なので、今度はそのあたりをじっくり見てみたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年04月16日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5192
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする