Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2018年03月06日

安倍叩きをしているマスコミは日本を滅ぼそうとしているのか? 

[つれづれなるままに]
オリンピックが終わって、またまたマスコミの安倍叩きが始まっている。ネタは相も変わらずモリカケで、最近は森友学園との国有地取引に関する財務省の決裁文書が書き換えられたとされる疑惑が主たるものだ。これはこれでしっかりと真相を追求してもらいたい。ただ、アビリンピックが終われば北朝鮮問題が台頭してくるはずで、これが今の第一優先事項なのか?ということをもう一度考えてもらいたい。 >マスコミ

そもそも安倍政権を倒したい理由が今ひとつはっきりしない。担いだ神輿を一番にしたいという権力争いからくるものであればわからなくもない。だが、今は明確な対抗馬も存在せず、単に国を混乱に貶めたいだけなのだろうか?と思ってしまう。

こういう場合、安倍政権が倒れると誰が損をし、誰が得をするのかを考えてみればおぼろげながらもその姿が見えてくる。

安倍政権が倒れた場合、何が起こるか。多分、改憲はストップするだろう。消費税率アップは棚上げされるかも知れない。働き方改革もウヤムヤにされる可能性がある。

働き方改革については、経済がさらに上向きになって所得が増えれば、かなりの人が黙ると思う。消費税も経済動向によって意見が別れる。なので、誰がやっても喧々諤々になる話題である。

となると、安倍晋三だから進めていけるであろうのは「改憲」だけである。つまり「改憲」をされると困る人が安倍叩きをしているという、極めてわかりきった結論に達する。

改憲されて困る人は誰か?それは一般国民ではない。いま論議されている改憲は、しっかりと自分の国は自分で守ろうというのが主旨だと思っている。つまり、日本が強くなると困る人がいるのだ。それは誰か。

以前、自衛隊の人から、この記事に近い話を聞いた。
「逆さ地図」で見る、中国にとって邪魔な日本
不思議なことに、日本地図を逆さにしてみると、中国・ロシアにとって日本は本当に邪魔な場所に位置していることがよく分かる。日本のせいで海から外に出ていけないのである。それは日本が中国・ロシアと敵対しているアメリカの属国であるせいもある。その、アメリカという虎の威を借るだけだった日本が強力な軍事力を備え、台湾との連携を深めたら・・・それは中国・ロシアが自由な海路を失い、大陸の中に閉じ込められることを意味する。

中・ロにとって、親米の韓国は目障りでしか無い。だから北朝鮮を使ってアメリカから引き離そうとしている。そうすれば攻略すべき相手は日本だけになるからだ。韓国は北に急接近している。これは中・ロの思惑通りだろう。だから、今、安倍叩きをしているものは反アメリカの輩であろうことは容易に想像がつく。

日本の取るべき道は3つ。今まで通りアメリカにおんぶに抱っこの姿勢を貫くか、アメリカとの関係を希薄にして韓国のように中・ロ側になびくか、もしくは自立した国としての道を選ぶか、である。心情的には、反日教育などを進める国とは手を握りたくはないのだが・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2018年03月06日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5165
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする