Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2017年03月24日

UAE撃破! 

[決めてくれ~~]
昨日のUAE戦は見事だった。特に今野の出来は出色で、香川が述べているとおり今野が2人以上いるんじゃないかと思えるほど。久保も大迫も原口も素晴らしかったが、あの走りまくっている原口でさえ霞むほどの走りだった。

俺が「これは勝てる!」と思ったのは、開始直後のモーションが異常に速い大迫のシュートを見たときだ。アレを見て、「これは絶対にイケる!」と確信した。試合の入り方も手堅く、危なげない。

間もなくして久保の先取点が生まれる。アレもモーションが速かった。というか、あっ!と思ったら入っていた。リプレイで見ると、右足のインフロントに近いインサイドでのシュートだった。速く、そして確実に決めるあたりが頼もしい。

その後の川島のビックセーブはラッキーだった。まぁ、UAEはそんなにシュートが上手くないので、あんなものかもしれんが。

前半30分過ぎと後半直後にUAEに押しこまれたが、その直後に今度はこの試合の立役者の今野が追加点を決める。大迫の落としから久保が上げたボールを胸できっちりと落とし、今野ってこんなにうまかったっけ?と思ってしまうほどの見事なシュートだった。

しかし、後半20分を過ぎたあたりから、なんとなくUAEに流れが行きそうな感じになってくる。その原因は明らかに中途半端な動きの香川だ。香川っていつもこうなんだよね。ポジショニングはいまいちだし絶対的な走力もないし対人もそんなに強くない。で、試合後半途中からはほぼ消える。あーあ、いつものパターンじゃんとか思っていたら、なんとハリルホジッチ監督は香川に変えて倉田を投入するではないか。この時点で90%くらいで勝ちを確信。倉田の投入で、試合は一気に落ち着いた。その後、ヘロヘロになってしまった久保に変えて本田、傷んだ大迫に変えてザキオカ投入。時間を稼ぎたい状況で、ボールを失わない本田がとても頼もしく見えた。最後のザキオカのダフリシュートはご愛嬌だな。余裕がありすぎるとよくあるパターンだし。

原口、大迫に点を取ってほしかったが、それは贅沢な話かもしれん。

オーストラリアがイラクと引き分けに終わり、日本はちょっとだけ楽になった。タイ戦もしっかりと休養して望めば大丈夫だろう。心配なのは大迫の怪我かな?それとイエローカードだな。

次もしっかりと勝ち点を重ねて欲しい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2017年03月24日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4941
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする