Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2016年05月15日

Mediapad使用感

[おいらのパソコンに関わる話]

さて、Mediapadが届いて1日使ってみた感想など。タブレットは仕事でiPad Air2、個人ではiconiatab A200しか使ったことがないので、比較もその2機種となる。

まず最初に驚いたのが画面のガラスだ。さわった感じがものすごくなめらかなのだ。それだけでなく、指紋のあとがほとんどつかない。最初は指が乾燥しているからかな?とか思ったのだが、ためしに鼻の頭をつけてみたら脂が付かなかった。ということは、ガラス自体に汚れ難くなる加工がされているということだろう。

パネルの感度や回転もiPadと遜色ない。A200は古い機種なので、画面の回転は感度が鈍かった。

体感での処理スピードはかなり速い。これは完全にiPad Air2より速い。使っていてストレスを感じることはほとんどないだろう。

いろいろなところのインプレを見ると、このMediapadは音がよいと書かれている。確かにそれなりの音質を結構な音量で出力出来るようだ。ただこれは、ほぼ無音状態で使用する俺にとっては何のセールスポイントにもならないけど。音はいいよ、マジで。

重さ大きさは、俺の手だと縦に持って入力が一番しやすく、疲れも少ない。気になったのはタッチキーボードのデザインガダサダサだったこと。これはアプリで解決できるので問題はない。だけど最初の見た目ってとても重要だから、もう少し格好のよいデザインにした方がよさげ。デザインが悪いと日本語入力の性能自体が悪く思われちゃうからね。実際そういうインプレも多いようだ。キーボードのレイアウトと日本語変換エンジンは別なんだけどなー。

映画などを見る場合、やっぱり手に持たずに見たいなーと思い、結局キーボード付きカバー購入した。ついでにmicroSDも。そのうち届くだろうから、そのときは改めてその使用感等を書いてみよう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2016年05月15日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4755
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする