Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2013年11月05日

他人ばかりに意識を向けて書いているブログは気持ち悪い

[つれづれなるままに]
以前ブログを書くのは誰のため?というエントリを上げたことがある。俺は誰のためにブログを書いているのか。前のエントリの繰り返しになるが、その答えは「俺のため」である。誰のためでもない。こんな場末のブログでは一番の読み手は自分自身だ。自分自身の言いたいこと書きたいことを書く。そこに他人の目にに対する意識がないとは言わない。読む人がどんなふうに感じるだろうか、俺の言いたいことは伝わるだろうか、ということは必ず意識する。しかし、それは結局自分が後で読み返すために校正しているようなものだ。

まれに読んでいてものすごく気持ちが悪くなるサイトがある。文章の特徴で言えば、間違った知識をひけらかすとか、やたら自分の主張を押し付けるとか、異常に読み手に語りかけるような文章だったりするが、それがなぜ気持ち悪く感じるのかということに対しては今まで自分の中で明確な答えがなかった。

先ほどとあるサイトのエントリを読みながら、ふと、なんだかこの人の文章って読み手にばかり意識がいっているよなぁ、と思った。そう、それだ。俺にとっての気持ち悪さのバロメーターは、誰向かって書いているのか、だったのである。沢山の人に自分のことをわかってもらおう、正しいと言ってもらいたい・・・そんな意識で書いた文章は相手に必要以上の賞賛と同意を求めているように見える。その図々しさ、おこがましさ、そして相手の受け取り方の自由を無視する愚かさが伝わってくるのだ。

もっと簡単に言っちゃうと、見えない誰かと大声で会話している奴がいたら気持ち悪いだろ?ってことだな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2013年11月05日 01:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4032
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする