Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2011年01月30日

アジアカップであらわになった問題点

[決めてくれ~~]
我らが代表がアジアNo.1になった。よく戦ったなぁ。ポイントは後半11分の岩政投入だったな。あそこから流れが大きく変わった。監督の采配であそこまで試合が大きく動いたのって、日本代表では初めて見たような気がする。

さて、見事優勝した我らが代表だが、改めて考えるとものすごい大きな課題を突きつけられた大会だったように思う。

最大の課題は「遠藤と長谷部の代わりが誰もいない」ということ。南アフリカW杯から多くのメンバーが入れ替わった今大会だったけれど、チームの心臓である遠藤と長谷部のいずれかが欠けると途端にチームがバタバタした。DFも前目のMFもFWも新しいメンバーはそれなりに機能したし、めざましい活躍を見せてくれた選手も多数いた。しかし、やっぱりこのチームは遠藤と長谷部のチームなんだよな。オーストラリアが未だにケーヒルとキューエル頼みなのとなんら変わりゃしないってことだ。

もう一つが「仕掛ける選手がいない」ってこと。後半途中からは長友がガンガン仕掛けたけれど、中央で仕掛ける回数がもう少しあってもいい。横への動きでスペースを作るのもアリだが、相手をもっと寄せるには前に仕掛けていかないと効果が薄い。藤本にそういう動きを期待していたのだけれど、残念ながらバランス取りに終始してしまった。大久保・松井のように、前につっかけてほしい。

昨日の決勝戦では、川島のゴールキックが3回ほど続けて直接タッチを割るシーンが見られた。制止したボールくらい狙ったところに届くようにしないと話にならん。川島に助けられた場面も多かったが、残念ながらコンスタントに力を出していたとは言い難い。ここ一番の力は半端ないのだから、あとはその力をいつでも出せる精神力をいかに身につけるか、だろう。

それにしても、監督の手腕一つでここまで変わるとは。ジーコと岡田の6年間、日本にザッケローニのような経験と力をもった監督がいたらどうなっていたんだろう。過ぎてしまったことは二度と取り返せないが、その失敗を糧として進むしかないよな。

この優勝で日本は2013年のコンフェデレーションズカップの出場権を得た。7月にはコパ・アメリカにも招待されている。どんどんガチンコ勝負の場が開けていくじゃないか。素晴らしいことだ。さぁ、次はコパ・アメリカだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2011年01月30日 23:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3111
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする