Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2008年12月17日

SpamTBとNiftyの対応 その2

[サイト運営]
SpamTBとNiftyの対応 その1 の続き

翌日、またまたhttp://ほげほげ.cocolog-nifty.comからである。このサイトに送っても意味ないってば、と誰に言えばいいのだ?

そのSpamTBが来た数時間後、@nifty カスタマーサービスデスクからメールが届いた。

このたび詳細情報をご連絡いただきましたが、ご連絡内容にはトラックバック送信者のIPアドレス、トラックバック内容の記載がございませんでした。そのため、当窓口といたしましても、具体的な調査・対応を行なうまでには至っておりません。ご了承ください。

トラックバックスパム行為の点において、弊社側での対応を希望される場合は、お手数ですが、このたびご連絡の内容とあわせ、上記情報についてもご連絡いただけますようお願いいたします。

なお、トラックバック内容、トラックバック送信日時、送信者のIPアドレス、該当ココログのURL は、関連性がわかるよう完全に対応させた状態でご連絡ください。

※@niftyのネットワーク以外から送信されたトラックバックについては、弊社では送信元の特定調査は行えません。この場合は送信元のネットワーク事業者へご相談ください。

※このたびご連絡の内容についてもあらためてご連絡いただくようお願いいたします。

ご連絡いただきありがとうございました。

麻生?と洒落にもならん言葉が口から出てしまう。なんだこれ。

「ご連絡内容にはトラックバック送信者のIPアドレス、トラックバック内容の記載がございませんでした。」といわれてもだね、送信先はApacheのログにapp.cocolog-nifty.comって出ているし、Nucleusのログにもfrom: http://ほげほげ.cocolog-nifty.com/blog/いついつ/いつ/エントリ.htmlって出てるよね。トラックバック内容は拒否してるからこちらには残ってないし、キミたちの運営しているブログのTBの内容が判らないというのはどんなもんなんだろうね。

もっとも、@niftyのカスタマーサービスデスクはURLからIPアドレスを引けないみたいなんで、こんな回答も致し方ないと思うしかないのだろうな。

というかだなぁ、URLを逆引きしてみるとだな、ほげほげ.cocolog-nifty.comはどれも202.248.89.71な訳だよ。このIPアドレスを禁止IPにするのもアレなんでメールしたのに、これじゃバカ丸出しじゃないか。

ということで、カッとなってTBを送って来ている app.cocolog-nifty.com (Address: 210.131.5.22)を遮断した。反省はしていない。だけどまだSpamTBがくるんだけど、なんで?




ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2008年12月17日 22:30:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2324
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする