Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2008年08月17日

Willcom03がやってきた その1 購入決断

[W-ZERO3]
俺が使っていたW-ZERO3は今更ながらWS003SH。簡単に言えば初期型だ。いつ購入したんだかさえ記憶の彼方に追いやられている状態だが、調べてみるとW-ZERO3がやってきたなんてエントリをアップしたのが2006年5月30日のようなので、どうやら既に2年以上経過している模様だ。

その間、かなりの頻度でハングアップしたW-ZERO3。ハングアップする携帯など存在していいのか少々疑問だが、野暮なことは言わないようにしとこう。この2年の間にメモリを増強したWS004SH、かなりスタイリッシュになったW-ZERO3[es]、もったいぶって告知していた割にはインパクトに欠けたAdvanced/W-ZERO3[es]と、[es]系へちゃくちゃくと進化してきたZERO3。しかし、どれも購入したいと言う気にはなれなかった。その理由は、画面が小さいこと、小型化したとは言えどもまだデカいことの2つである。

画面はアドエスになってから640x480から800x480へと多少解像度が上がったが、3.7インチと3インチの差は大きく感じた。これで筐体が小さいなら我慢も出来るが、[es]、アドエスともそんなに小さいわけじゃない。だったらデカくても画面の大きい初代の方がいい。初代をリアルVGA化すればかなり使えたからだ。

しかし、今回のはグッときた。とにかく軽くて小さいのだ。初代は220gあったが、Willcom03はたったの135gだ。大きさも普通の携帯サイズにまで縮小されている。さらにOperaではフラッシュも動くようだしワンセグもついている。

ああ、いい感じ。しかしOSはMS社のWindowsMobileだ。新型は少々様子を見てからでないとソフトのアップデートの嵐が起こる可能性がある。ということで、しばらくアップデートの様子を見ていたが、そこはさすがに4代目、1ヶ月経っても本体関連のアップデートは1件のみだった。これはかなり安定していると見ていいかも知れん。

Willcom03がやってきた その2







ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2008年08月17日 22:30:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

コメントする