Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2017年07月21日

柴崎岳は俺の見込み違いだった

[決めてくれ~~]
といってもいい意味で。

柴崎は青森県 野辺地町の出身。あまり自己主張をする土地柄ではない。柴崎自信も寡黙だし、語学的にも厳しい。だから海外に行っても活躍できないと思っていた。実際、テネリフェに移籍した最初の頃は、慣れない環境へ順応できていない旨の報道が続いた。こりゃ予想通りだめかなーと思っていたが、柴崎は俺の思っている以上に精神的にタフなやつだったようだ。

気がつくとテネリフェでも存在感がどんどん上がっていき、いつの間にかチームに欠かせない存在となっていた。柴崎の活躍及ばず、チームは残念ながら1部昇格を逃してしまったが、その活躍は相手チームにも鮮明に記憶されたのだろう。テネリフェを破って1部に昇格したヘタフェに移籍することになったのはご承知の通り。

テネリフェではなんと10番をつけるらしい。たった5ヶ月前に、順応できず体調不良に陥っていた人と同一人物には思えないくらいの飛躍である。それほどまでに体調が回復した後の柴崎のパフォーマンスが素晴らしかったのだろう。もっと活躍して、日本代表に戻ってきて貰いたい。日本代表には、過度な自己主張をせずにチームのために戦う10番が必要なのだ。原口、金崎、久保や乾という個性的でうまくて強い選手の隙間を柴崎が埋め、且つ類稀なる創造性を発揮した時を想像すると身悶えしそうになる。多分柴崎は上がってくる。苦しい環境に置かれれば置かれるほど柴崎は伸びるような気がする。なぜなら柴崎はメンタルが非常に強く勤勉で努力家だからだ。岡崎のように年齢を重ねるごとにレベルアップする選手に違いない。メッシやロナルドなどの世界的な選手とマッチアップで、そのレベルアップは今以上に加速するだろう。

リーガ・エスパニョーラの開幕が待ち遠しい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2017年07月21日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5012
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする