Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2016年09月07日

勝点3が最大の収穫

[決めてくれ~~]
昨日のW杯最終予選のタイ戦は、原口・浅野のゴールで2-0と勝利した。前回のUAE戦と同じく、入れてしかるべきシーンが何度もあったが、結果は2点のみ。これも前回と同じく、危ないシーンはあまりなかった。ただ、2-0としてから若干手を抜いた感じが見えたのが気になるところか。

タイはUAEほど日本対策をしてきた感はなかったが、アジアでの日本対策、つまり自陣バイタルエリア近くでボールを奪っての素早いカウンターというのがほぼ確立さているような感じだ。そのタイミングは香川、本田など、ボールが渡った瞬間に日本が全体的に前がかりになる直前である。特に最近はボランチ当たりからのボール出しが狙われている。自陣バイタルエリアで奪ったボールは、前掛かりになって大きく開いているエリアに出され、そこに相手選手が2~3人で一気にカウンターを仕掛けてくる。

こうなると、さほど足の早くない吉田、森重のCBコンビはつらい。カウンターを喰らわないためにはボランチやサイドバックのバランス取りとカバーが重要なのだが、その意識や経験の少ない選手、例えば前回の大島のような選手をボランチに入れてしまうと、カウンターを食らう確率がどうしても上がってしまう。

カウンターを食らわないようにするには、今までより手数や人数をかけずに攻めるようにする必要があり、そのためにはボールをしっかり保持できる選手が絶対必要となる。また、敵が前を向いた状態でボールを取られないことも重要だ。となれば、浅野のような裏を狙う選手を前において相手の守備ラインを下げ、原口のようなドリブルで仕掛けられる選手をおいて相手を引きつけるというのは非常に効果的だ。そしてボランチには守備能力の高い山口を置いてほぼ完成。目論見通り危なげない試合運びで勝利出来たわけである。

タイ戦で少し気になったのが本田のスタミナである。とりあえず動けているように見えるが、ここぞという時の力が衰えているように見えた。最近試合に出ていないことやピッチの状態なども要因だろうが、シュートに力が無かったり枠に飛ばなかったりシュートを空振りしたりと、全くらしくないプレーが数多く見られたのが気にかかる。また、長谷部もUEA戦、タイ戦ともにらしくないミスが見られたのが心配だ。まー、サッカー選手の結婚前ってこういう感じになりやすいんだけどね。香川はスペースさえあればどうにかなるので、周囲が香川の勝手な動きに合わせられるようになれば問題ないだろう。

さて、次は10月の2連戦である。チーム戦術が確立されれば、イラクは普通に撃破できるだろう。問題はやはりオーストラリアだ。相手もこの段階で日本を叩ければワールドカップ出場にむけ大きく前進できる。オーストラリアのホームでもあるし、厳しい戦いになるであろう。

2試合を終えて2勝がオーストラリア、サウジ、1勝1敗が日本、UAE、2敗がタイ、イラクと、綺麗に3グループにわかれている。W杯予選は、勝ち上がるというより如何にして相手を脱落させていくかを考えたほうがいい。4敗すればほぼ出場の目はなくなる。まずタイを殺し、次にイラクを殺す。そしてUAE、サウジがじわじわ死んでいくのを待つ。そういう筋書きで十分だったはずだが、何故かUAEにホイミを唱えてしまった日本。だからどこかでザラキを唱えなければならなくなった。オーストラリア、サウジに1回づつ敗けても良かったのに、オーストラリア、サウジに3勝することが必要になったのだ。だから次のオーストラリア戦は絶対に敗けられない。

チャレンジは本戦出場の目処が立ってからにしてくれないかなぁハリルホジッチ監督。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2016年09月07日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4827
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする