Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2016年09月02日

負けたのに腹立たしさがない

[決めてくれ~~]
昨日の試合は見事に負けたのだが、不思議なことに腹立たさしさがない。周りを見ると、中東の笛だの疑惑のゴールだの書かれているけれど、そんなことで慰めたって意味が無い。本来なら圧倒的な力の差を見せて勝ってしかるべき相手に逆転負けをしたのだから、呆れてしまったのかもしれん。

昨日は試合開始前に「前半最初に攻めるシーンが多いと危ないかもね」と思っていたのだが、実際その通りになってしまった。力の差はかなりあるのだから、もっと現実的な試合、つまりもう少し相手をリスペクトして守備的に構え、中央では相手の危険な選手だけを殺すセーフティな試合運びでよかったはずだ。コンディションが上がっていないのであれば引き分けで十分なハズで、無理して勝ちに行く必要などない。コツコツと勝点を積み上げていけば、中東勢は勝手に落ちていってくれるからだ。前回もそのような戦い方をしてきたのに、なぜ出来ないのか。

やはりこういう大事な試合は経験がモノを言う。もしヤットのような選手がいれば、もっとしたたかに戦えたかもしれない。そもそも大島が引き気味になったからといって、長谷部が前に出ていく必要はないのである。あんな経験のない選手を使った事自体が意味不明なのだが、仮に使うとしてもできるだけゴールから遠いところに置くべきだ。ボランチの位置なんてリスクありすぎだろ。

と、書いていたらだんだんムカムカしてきた。逆転されても鬼の形相になるわけでもなく必死さも感じない選手たちには失望した。しっかりとブロックを作られているのに、相変わらずサイドでチョコチョコやって馬鹿の一つ覚えのように真ん中に上げるだけ。スペースがないのはわかるが、なぜドリブルで直線的に切り込んでいかないのか。攻めてこない相手など怖くない。相手は必死にシュートブロックしていた。勝つための持てる力を全て出そうとしていた。それに比べ、淡々と負けに向かって時計を進めた日本。

ワールドカップ最終予選であんな戦い方を見たのは本当に久々だ。次の試合もあまり期待できないかもしれんね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2016年09月02日 22:22:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4824
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする