Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2014年07月14日

宴の終わり

[決めてくれ~~]
手に汗握る戦いの最後はシュルレのドリブルからのクロスをゲッツェが胸トラップして見事にゴール。それまで破綻していなかったアルゼンチンの守備も疲れていたのだろうか。

それにしても素晴らしい試合だった。準決勝のオランダ-アルゼンチンに勝るとも劣らない攻防だった。アルゼンチンは4度のビックチャンスを一度もモノに出来なかったのが大きく響いた。イグアイン、メッシ、イグアイン(オフサイド)、パラシオ、いずれも魅入られたようにボールは枠から外れていった。唯一ゴールに向かったのはオフサイドになったイグアインのシュートだけ。逆にドイツは前半終了間際のヘベデスと延長前半のシュルレのシュートくらいしか入る感じの攻めはできていなかった。チャンスを外していると勝利の女神はそっぽを向いてしまうのだな、と、改めて思う。

MVPはメッシになったようだが、個人的にはロッペンかマスケラーノにあげたい気持ちだ。とくにマスケラーノは獅子奮迅の働きと言ってもいい。すごすぎだよマスケラーノ。

ついに4年に1度の宴が終わった。終わってしまったなぁ。ハイプレスのチリ、メキシコ、コスタリカ、超絶カウンターをも身につけたオランダ、ブラジルの崩壊、強烈な個の力で王様を担いだアルゼンチン、そして全てを兼ね備えた未来のサッカーのドイツ。素晴らしい試合がいくつもあった。これほど凡戦が少なかった大会も珍しい。一次リーグから面白い試合ばかりであった。

次はロシアだ。ロシアで、今度こそ日本代表の躍動する姿が見たい。今回の大会で、見えかけたような気がしていた世界の後ろ姿は、まだまだ手が届かない位置にあることがよくわかった。日本のサッカーも進歩したが、世界のサッカーはもっと進んでいた。その差をしっかりと見据え、実力を遺憾なくできるようなチームになって欲しい。ブラジルありがとう。本当に楽しかったよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2014年07月14日 21:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4278
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする