Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2014年07月13日

ブラジル惨敗

[決めてくれ~~]
ふぅ。負けたね。負けるべくして負けた。いくらチアゴ・シルバとダビド・ルイスが強くても、あそこまで距離が空いたらダメだろ。みんながブラジルの攻撃力を出したくて前がかりになっちまったってところ。ドイツ戦と全く同じだ。みんなが前がかりになりたがるくせに、攻撃の手段はドリブルで切れ込むしかない。ブラジルが負ける時は大体こんな試合が多い。前掛かりになっているのに動き出しが無く、パスの出しどころがない。だからロングボールに頼りがちになるのだけれど、そのロングボールもなかなか保持出来ず、たまたまうまく行った時にも途中でインターセプトされてカウンターを食らう。はぁぁ、どうしたんだろブラジル。

オランダはスナイデルが突然の怪我で欠場、ちょっと攻撃力が落ちるかなと思ったが、そんな穴を感じさせない攻めを見せた。特にロッペンはやっぱりすごかった。怒りっぽいロッペンだが、今大会のロッペンはとても楽しそうに見えた。良いチームだったんだろうな、と、改めて思う。これでオランダは無敗で3位となったわけだ。

さて、楽しかったワールドカップも残すところ後一試合。ワールドカップが終わりに近づく度に毎回感じることではあるが、なんだかとてもさみしい。次の宴まで4年待たなくてはならない。今大会は手数を掛けずにゴールに向かうチームが多かった。これはしばらくサッカーのトレンドになるだろう。技術は南米も欧米も差がなくなってきており、組織の欧米、テクニックの南米なんていうイメージはとっくの昔に消え去っている。そんななかで、あくまでも「個」を主体としたアルゼンチンが決勝まで残ったのは興味深い。アルゼンチンの「個」が、ドイツを上回るのか、それともバランスの取れたドイツが「個」をぶち破るのか・・・その結果は明日わかる。最後の試合、じっくりと楽しみたいと思う。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2014年07月13日 12:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=4277
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする