Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2012年09月23日

残業年1873時間もすごいが783万円がもっとすごい

[これでいいのか]
残業年1873時間で783万円、年収1574万 さいたま市職員なぜそんなことが許されるのか (1/2) : J-CASTニュース

残業1873時間ってことは月平均150時間くらいだから、ブラックなところとかは結構ビックル一気飲みというレベルの労働時間じゃない(って、俺もかなりマヒしてるなー)。それより驚きは残業単価。なんと時間あたり4180円なり。割増率がどのくらいかわからんが、確かこのくらいの残業になると50%以上になるはずで、50%と仮定したら換算時給は2787円。なかなかいい金もらってますなー兄貴。って、こんなの計算しなくても「この職員の年間給与は791万円」なんて出ているんだけどね。

こういう時に一般企業で良く言われるのは、「残業は上司の指示で行うもの」とか「残業しなければならないのは能力のない証拠」とかってやつだ。こういうのは公務員は言われないんだろうか。というか、さいたま市では年間1000時間を超える残業をした職員が79人いたらしいので、さささっと計算しただけでもこの79人に年間3億円以上が残業代で支払われたってことになるみたい。財政難とか言いつつ、公務員は優雅なものですな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2012年09月23日 01:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3692
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする