Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2012年07月24日

Bioshock2日本語化

[Game Fan]



かなり前に購入していたBioshock2を日本語化してみた。詳しくはBIOSHOCK2 - 日本語化Wikiを参照のこと。比較的新しいゲームだが日本語化は意外に手間がかかった。

じゃぁ早速行ってみようか。ちなみにstremの場合はデフォルトのフォルダはC:\Program Files\Steam\steamapps\commonだ。パッケージ版だとここが変わってくるので、随時読み替えてほしい。例えば、下の\bioshock 2\SP\Content\Systemフォルダというのは、steam版なら
C:\Program Files\Steam\steamapps\common\bioshock 2\SP\Content\System
となる。

Step1 言語設定の変更
1、\bioshock 2\SP\Content\Systemフォルダに有るLanguage.ini内の"Language=int"を"Language=jpn"に変更する。メモ帳や使い慣れたエディタで書き換えればOK。
[拡大]

2、\bioshock 2\SP\Contentフォルダ内に有るLocalizedint.lbfを複製してファイル名をLocalizedjpn.lbfに変更する。エクスプローラーなどでコピーしてから名前を変更すればOK。
[拡大]

Step2 音声ファイルの作成
これは結構数があるので、Wikiにあるようにバッチファイルを作って処理したほうが無難。

1、メモ帳かエディタを開き、以下の文をコピペする。
for %%A in (Bio2_DX*.fsb) do ( copy /y %%A jpn_%%A)
copy /y LocalizedPrefixMap.pmp jpn_LocalizedPrefixMap.pmp
pause

2、「_BS2_SoundCopy_Int_To_Jpn.bat」のようなファイル名で\bioshock 2\SP\Content\Sounds_Windowsフォルダ内に保存する。
[拡大]

3、作成したバッチファイルを実行する。
[拡大]

4、実行するとDOS窓が開いてコピーが始まる。
[拡大]

Step3 日本語テキストの反映
1、翻訳キットをダウンロードする。今のところ第3暫定版まである模様。
第1版 2011年7月4日 http://www.dos-v.biz/uploader/upload.php?id=00288
第2暫定版(差分テキスト 2011/08/24)INT版
第3暫定版(差分テキスト 2011/10/01) INT版 DLパス:bs2

2、ダウンロードしたファイルを解凍して、翻訳ファイル(拡張子:jpn)を\bioshock 2\SP\Builds\Binariesに保存する。場所などは拡大画像を参照。第1版→第2版→第3版と順番に上書きしていけばOK。
[拡大]

Step4 画面設定ファイルの反映
1、エクスプローラーなどで\bioshock 2\SP\Content\FlashMoviesを右クリックし「コピー → 貼り付け」でバックアップしておく。

2、設定ファイルをダウンロードする。
http://www.dos-v.biz/uploader/upload.php?mode=pass&idd=00286

3、解凍して設定ファイル(拡張子:swf)を\bioshock 2\SP\Content\FlashMoviesに保存する。
[拡大]

Step5 字幕のON
ここまで来るとメニューとかは日本語になっているはず。
ゲームのセッティングで字幕をONにする。
[拡大]

ちょっと長い道のりだったね。これで日本語化は完了。めでたしめでたし。

[拡大]


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2012年07月24日 01:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3635
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする