Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2011年11月13日

さあ最終予選だ

[決めてくれ~~]
タジキスタンを4ー0で一蹴し、2戦を残して最終予選へと駒を進めた我らが代表。まずは順当な結果だろう。3次予選が始まる前に苦戦するとか言う人もいたが、タジキスタンだけが草苅場になり且つ日本がヘマをしまくればもつれるかも程度にしか心配していなかった。結果だけを見ればその通りになった。

北朝鮮はもう少しがんばるだろうと思っていたのだが、予想に反してあっけなく散ってしまった。テセやリャンを本戦で見ることは出来なくなってしまったのは残念。なんとなくではあるが、初戦の日本戦でその力の差を目の当たりにして士気が下がったようにも見える。初戦に勝った両国がそのまま最終予選に駒を進めたという結果を見ても、初戦がいかに重要であるかがわかる。

ザッケローニ監督になってからまだ負けていないわけだが、ただ勝っているだけではなく、着実に進化している感じで頼もしい。こんな清々しい気持ちで代表を見れるのは本当に久々である。オシムが病に倒れるまでの間は同じような高揚感を味合わせてもらったが、その幸せはそんなに長く続かなかった。ザックはいつまで我々に夢を見せてくれるのだろう。

話は変わるが、先日のスポーツニュースでザックジャパンの戦績について触れていた。これまで17戦11勝6分、総得点は35点で1試合平均2.1点。これまで課題だった得点力不足は、高さのハーフナー、速さの李、総合力の前田と、タイプの違う3枚を選べるようになったことで大きく改善した。なーんて感じで北澤が話していたのだが、これにはおいおいちょっと待てよと言いたくなった。ザックジャパンになってから台頭してきたのはハーフナーだけ、それもここ数試合だけである。前田はなんで岡田に呼ばれないのか不明だったし、李だって急激に伸びているわけでもない。そもそも総得点35点のうち12点はタジキスタンから取ったもので、それを除くと15試合で23点、1試合平均1.5点にしかならない。そんなインチキ数字使ってもっともらしい話に仕立てるなと言いたい。というか、得点力不足じゃない国ってどこにあるのか教えてたもれ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2011年11月13日 23:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3393
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする