Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2011年01月02日

不公平感の原因はオマエだ

[これでいいのか]
なんだか無性に腹が立ったんだ。

自慢するわけじゃないが、俺は多分他の奴より資料を作成したり報告書をまとめたりするのが速い。その出来もまずまずのレベルで、経営者とかにわかりやすい作り方をする。企画立案もそこそこやるし、データ収拾分析はかなり長けていると思う。まぁ素人レベルにしては、なんだが。

だから俺に仕事を振ってきた上司は、何度も俺に依頼して来るようになる。出し惜しみしても仕方が無いし勿体振った態度は大嫌いなので、出来そうな奴はたいてい引き受けることにしている。

今、うちの会社では「業務に偏りがある」とかなんとかで騒ぐ奴がいて、「とりあえずみんな均等に働かせようや」という方向に上層部が流れつつある。そんなこまけぇこたぁどうでもいいんだが、そのやり方とか経営者への報告とかを俺にやれという話がきやがった。確かに俺は生産性を上げて行こうという大きなスキームを提案したが、そんな誰にでもできる途中報告なんて他の誰かにやらせろって。俺はもうアレとかコレとかソレとか本社ぶちょーとか常務とか執行役員とかから来ている宿題でアップアップだし、日常のルーチンワークだってあるし訳のワカンネーどうでもいいような仕事だって振られてる。はっきりいって時間的にかなり無理っぽいんだよ。

そもそも仕事をある程度均等に与えることが生産性向上には必要不可欠なのに、自分の直属の部下たちに均等に割り当てられない上司が「みんな公平に」なんて有り得んだろ。誰がヒーヒー言っていて誰が後ろ向いて舌をだしているのかさえ判らんなんて、哀しくて涙が出そうだ。そんな人間に仕えた我が身を笑うしかないが、できる奴にだけに仕事を割り振るのであればそれなりの待遇を用意するべきじゃないのか。まぁ自分が出来ないことを人に振って成果だけは自分のものにするつもりなのかもしれんけどね。

で、あれこれ理由をつけてのらりくらりとかわしていたのだが、余りにしつこいし本質をわかっていないので「進める手順をまとめておくから見てほしい」こと、「あまりに業務がありすぎて資金繰りさえ見れない。金がショートしてもいいのか?」と半分泣き言半分脅し言葉を伝えたらしばし沈黙された。

いい加減に物事の優先順位をきちんとつけて欲しいと本気で思う。それが出来ないから社内は不満ブーブーなのが判っていないのが恐ろしい。社員の不満の大きな原因は経営者でも役員でもない、身近にいる上司、つまりアイツなんだよ。

と、飲み屋で隣の親父がわめいていた。どこでも同じだなーと思った。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2011年01月02日 23:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=3081
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする