Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2009年09月11日

ガーナ戦

[決めてくれ~~]
また負けかよ(怒)と思ったらあれよあれよと言う間に逆転し、ちょっとビックリした。

先発はいつものメンバーに変わってFWに前田、右DFは久々の駒野だ。前田の起用で前線のチェイスが多少弱くなるから右DFに守備力が高い駒野なのだろうか。いつもと違うので大丈夫かなと思ったが、大丈夫どころか今までよりバランスがいいようにさえ見えた。とは言うものの後半途中まではいつもの代表で、まぁあんなもんだろう。少々違うなと思ったのは、二列目から積極的にシュートを打っていたこと。オランダ戦だけでなくここしばらく見ることが出来なかったシーンだ。

ヨレヨレかもと思っていたガーナだが、まったくそんな風には見えないばかりか2点目と3点目の得点シーンには愕然とさせられた。あそこまで簡単に振り切られると何も言うことはなくて、もう「参りました」って気分だ。コンディションが良かったらもっと速くてキレるんだろうと思うと恐ろしい。

1-2になってからしばらくして長谷部に代えて稲本を投入したが、交代後数分して3点目を取られてしまう日本。ああ、終わったなと思ったのだが、やはりガーナは疲れていたようだ。3点目を入れたあたりから少々動きが鈍くなったように見えた。対する日本は俊輔に変えて本田、前田に代えて玉田を投入。動きの鈍くなってきた相手に対しての玉田は非常に効果的に見えた。さすがのガーナもフレッシュで素早い玉田、いつでもドタバタ動く岡崎、お前は疲れを知らんのかゴリ長友に手を焼いているようだった。遠藤・稲本・憲剛・本田もいいポジションを取っているのでガーナも寄せきれない。そしてあれよあれよの逆転劇。久々に大量得点を見たなぁ。

それでも、ガーナは得点シーン以外にも超決定的なシーンが3回ほどあったので、アレを決められていたらどうしようもなかったわけだよ。だから「こういう勝ちもタマにはあるよね」と言う程度に見るべき試合なんだろう。

ただ、俊輔がいなくなってからどんどん得点出来たというのはよく考えなくちゃいけないことだ。この一試合だけではハッキリしたことは言えないが、このチームでは俊輔がブレーキになっているのかもしれない。そろそろ俊輔を絶対視するのは止めた方がいいように感じる。当然、絶対的なレギュラーのように思われている中澤、闘莉王、遠藤あたりも同じで、その選択が本当に最善なのか、先入観なしで見なければならない時期に来ているような気がするよ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2009年09月11日 23:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2604
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする