Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2008年03月27日

バーレーン戦について

[決めてくれ~~]
バーレーン戦は高原も稲本も怪我で欠場。これを書いている時点は試合前なので、どんな結果になるのか楽しみ半分不安半分といったところだ。今の段階でつまづくようであれば論外なんだが、バーレーンも弱くはないので簡単に勝てるとも思えない。

不謹慎ではあるが、惨敗してほしいと思っている面もある。惨敗して日本のサッカーをより進化させてくれる人に監督交替となった方がいいようにさえ思う。そんな事を思うのも、今ならまだ間に合うように思えるからだ。いくらなんでも最終予選に入ってからでは遅い。

******

試合が終わった。見事な負けっぷりだった。勝てる要素などどこにも見当たらない試合だったといっていいだろう。日本の個の力は、ちょっと身体能力が高い相手が出てきただけで通用しなくなる。特に瞬発力がある選手にはてこずる。そんなの昔から判っていたことだ。速いボール回しもポジションチェンジもなく、まさにジーコ時代に逆もどり。いや、あのころはまだもう少し個の力がある選手を並べていただけましかもしれない。チームプレーも出来ず、個の力も足りず、バーレーンレベルに負けてしまう。バーレーンに見るべき点があったかといえばほとんど無い。そんなチームにさえ勝てないのだ。

同じようなメンバーでもなぜ戦い方がこうも違うのか。その違いをもたらしているのは何であるのか、そんなことはすでに言葉にする必要も無いほど明確だ。

いまならまだ間に合う。もう一度日本を強くしてくれる監督を探すべきだと思う。ついでに会長もな。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2008年03月27日 01:29:35



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=2060
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする