Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2007年11月25日

感染させたのはお前だ

[こんな奴はパソコン使うな]
先日、またまたとある部署から電話がかかってくる。
奴「あのー、ウイルスが見つかったってでるんですけどー」
俺「(で?俺にどうしろと?)それで?」
奴「駆除とかやっても何度も出るんですよ。」
俺「あー、俺そんなのわかんね。感染したことないもーん。じゃっ。」
このごろ段々と不親切になっていく俺。だって俺サポセンじゃないし、特段手当ももらってる訳じゃないし、一向に進歩する気配の無い奴嫌なんだもん。感染したこと無いなんてまったくの嘘で、本当は要は直してやりたくなかったのだ。多分レジストリの自動実行みたいな所に何かが書き込まれて削除できないタイプだと思うんだが、そんなの勝手に感染するわけない。自分で感染させておきながら、直せないとなれば泣き付いてくるのはいい加減やめろっ

しばらくブン投げておいたら、またまた泣きの電話が入ってきた。
奴「何度削除してもだめなんですぅ。仕事ができましぇん。」
俺「だって、俺もまじめにワカンナイもーん。」
奴「仕事が仕事がぁぁぁっ。」
俺「・・・わかったよ。今行きます。」
つか、てめーは俺には仕事がないとでも思っているのかこのこん畜生め。俺の時間をてめーの不手際の尻拭いに費す身にもなれってんだてやんでぇ。なんて言葉をぐーっと飲み込み現場へ向かう。

問題のPCを見るとトロイの木馬が仕込まれたファイルがあって、そのファイルを削除してもまた復活する。多分俺の見込みは正しくて、生成用ファイルは別のところにあって、レジストリにその生成用ファイルの実行命令を書き込んでしまうタイプの模様。こんなの少し調べりゃ解決策がわかりそうなもんなんだが、奴には無理なんだろうなぁ。

まずはウイルス対策ソフトで全ファイルをチェックし、その後レジストリエディタでレジストリに登録されている怪しげな自動実行のエントリを削除する。再起動すると見事に修復。嗚呼くだらない。その全ファイルチェック時に意味不明なソフトのインストールが判明したのは言うまでもない。

俺「直ったよ。」
奴「ありがとうございます。」
俺「何にもしないのに感染はしないんだよ。わかる?」
奴「何にもしてないんだけど・・・」
俺「なんだかいっぱいソフト入ってるね。」
奴「ええっ!そうなんですか?」
俺「そうなんですかって、入れたのはあなただよ。他に誰入れるんだよ。」
アンタの部署にはおもちゃの兵隊さんでもいるのですか?(泣)。

自分で入れたソフトも把握できないのであれば、パソコン使うのはやめた方がよろしいかと存じますが如何がでしょうかね。大体アンタのPC、画像や動画データもそんなにないのに、ディスク使用量が10GBを越えているって有り得んだろ。容量を食うデータがなくて仕事にしか使っていないのにそのディスク使用量って事は、それ自体が何かソフトを入れてますってバレバレなんですけどね。そんなのもわからん俺だと思ってるのかこの馬鹿たれが。なめんなーっ! いっぺん氏んでくれ。お前なんかお前なんかお前なんか死刑だーーーっ。はぁはぁ。

ああ、マジでシン・クライアントにしてほしい。もう弄らせたくない・・・


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2007年11月25日 00:43:33



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=1931
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする