Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2007年10月13日

本気だったの?

[これでいいのか]
予想通り昨日からのネットの話題は「内藤VS亀田2」だったようだ。昨日の試合はまだ仕事中だったので、おもむろに携帯TVを取り出し感染観戦したのだが、なにせ仕事中だったので素敵な解説はほとんど聞いていないのが残念。だけど、小さい画面ながらもそこそこ試合は楽しめたのが救いだった。映りの悪い画面からも内藤の優勢は十分によくわかった。亀田2の動きときたらまるで子供相手にやってみせる牛の真似そのもので、世界選手権に挑戦してくる選手の技量とは到底思えないレベル。そんなにボクシングは見ないけれど、今までの日本人世界チャンピオンの試合は、それなりにレベルが高かったと思うのだが…

途中から亀田2のラフぶりがすこーし目につくようになり、それは御存じのとおり12Rでピークを迎えるわけだけれど、内藤が冷静に対処している分その滑稽さのコントラストが一層強くなっちゃったのはご愛嬌だ。竹原慎二の言葉をそのまま借りれば「しかしチャンプ内藤は大人じゃ」ってことなんだな。

昨日の試合の様子などは、スポーツニュースなんかより
品性下劣!やはり亀田ボクシングコントはゴキブリ以下のゲスでした!
とか
ボクシングを守った内藤〜WBC世界戦
なんかの方が面白いね。

さて、負けても切腹もしない亀田2だけど、昨日の試合の醜さと亀田2の卑怯さが次第に明らかになってきた。そのことは「目を狙ってきた」 ボクシング内藤陣営一問一答と内藤自ら答えているんだけれど、大人の冷静な試合運びをした内藤のその言葉は重みは、亀田興、大毅への反則指示否定「あれは亀田家のボクシング用語」とかとは比べものにならない。どうせ釈明するなら、せめて「ドラえもんに助けてもらおうと思って言った。」くらいの寒さを出してほしかったと思う。そしてついに亀田大毅らを処分へ 世界戦の反則でという段階にまできているらしい。

さて、茶番劇は実力通りの結果であっけなく幕を閉じたのだけれど、世界選手権の判定であれほどまでに大差がつくなんて聞いたことがない。考えてみればあれほどの実力差ってのは詳しい人なら既にわかっていたことのはず。それなのになぜ無謀にも亀田が挑戦してきたのか不思議といえば不思議。この実力差を把握できていなかったのであればそれ以前の大馬鹿野郎の証明だし、わかっていてまぐれを期待したのであればこれもまたお馬鹿の証明になるってことだ。本当に勝つ気があったんだろうかね?



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2007年10月13日 01:44:29



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=1884
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする