Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
«Prev Next»

2021年09月05日

タイヤの溝がない

[Bike!Bike!Bike!]

ミシュランのPowe5を履いてから約6000Km走った。とても走りやすいタイヤだし、耐摩耗性も比較的高いと思っていたのだが、5000Kmを超えたあたりからリアの減りが顕著になってきた。

[拡大]

真ん中はほとんどスリック。サイドはそれなりに残っているのはご愛嬌。これに対してフロントはこんな状態である。

[拡大]

最近は面白がってわざとリーンアウト気味にコーナリングしているので、コンパウンドがソフトなサイドが若干減り気味だが、全体的にもうしばらく持ちそうな状態である。おかしいなー、もう少し持つと思ってたんだけどなー、という心の叫びが聞こえる。うちなーの路面は本土に比べると若干グリップが良くない。そのため、ペースもそれなりで、がっつりバンクさせることはめったに無い。それに合わせてフルブレーキングすることもあまりなく、フロントには負荷がかかりくにいライディングになりがちだ。それがそのままタイヤの摩耗に現れているのかもしれない。

驚きなのはここまで減っても操縦性に大きな変化が出ていないこと。S2※系は2分山あたりから操縦性がはっきり変わって、なんだか曲がんねーという感じがしたし、RossoCorsaも乗らない期間があったりしたせいか途中から操縦性が大きく変わった。PowerRSも比較的変化の少ないタイヤだったが、これはもっとスゴイ感じ。リアのグリップが落ちたせいなのか、今の方が曲がりやすいくらい。ただ、フロントのサイドのコンパウンドが結構やわいのか、段べりみたいになってきているのが気になる。これはPowerRSのリアでも起きた現象で、ミシュランはセンターとサイドの減り具合に結構差がある模様。

しかし、前後でここまで差がついたのは初めての経験だ。B16→RoadAttack→PilotPower2ct→S20→S20EVO→S21→PowerRS→RossoCorsa→Power5と履きつぶしたが、ここまで前後の減り具合が違ったことはなかった。現在約50,000Kmなので、平均して1組5,555Kmである。一番長持ちしたのはPilotPower2ctと、なぜかRossoCorsaだが、いずれも8,000kmは走れていない。うーん、乗り方なんだろうなぁ。

次の候補は最新のRossoⅣか、PowerGPだ。RossoⅣは単なる新しもの好き、PowerGPはPower5との違いを見てみたいのと、俺の乗り方だとハイグリップの方が長持ちするかもという理由。さて、どっちにしようかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5567

2021年09月01日

たまには燃料添加剤

[Bike!Bike!Bike!]


このマシンを購入して早11年。走行距離ももうすぐ50,000Kmになる。本土や北海道にいたときは3〜6ヶ月の冬眠期間があったが、うちなーに来てからは冬眠なしである。今まで一番長く寝かせた期間は、うちなーにマシンを持ってくるまでの10ヶ月だ。寝かせている間はガソリンを満タンにし、できる限りマシンが冷えたり温まったりしないよう何重にもガードしているので、このくらいの間にガソリンが変質する可能性は少ないだろう。

だが、最近なんだか燃費が悪い。普通に走っていても以前の7〜8%落ちくらいの燃費だ。タイヤの可能性もあるが、もしかしたら若干インジェクションのバランスが狂っているのかもしれん。

ということで、数年ぶりにWako'sのFUEL1を入れてみた。


ワコーズ F-1 フューエルワン ガソリン(2サイクル・4サイクル)・ディーゼル兼用洗浄系燃料添加剤 200ml F101

このFUEL1、変質してしまいねとねとになったガソリンの一部を元に戻すスグレモノ。変質したねとねと成分はガソリンだけでは取れないらしい。もしその成分がインジェクションにまとわりついていたら、燃焼バランスが狂うと思われる。実際キャブレターの頃、キャブが同調していないと吹け上がりが悪くなり、結果としてアクセル開度が大きくなるという経験をしているので、インジェンクションのバランスの崩れは燃費に多少は現れると思う。

最初はガソリン10Lチョイの段階で100cc投入。気のせいかアクセルレスポンスが上がったような気がする。この10Lを使い切り、満タンにして残り100ccを投入した。気の持ちようだけかもしれんが、アクセル開度は今までよりすこし少なめかも・・・

ネットでこれをマメに入れているようなコメントを見たりするが、ガソリンの劣化が始まる前に給油するようなマシンであれば、そんなに高い頻度で使うものでは無かろう。結構高いし。

前回投入してから約3年。車検2回に一回でいいかなって感じだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5566

2021年08月13日

夏用ライディングウエア買ってみた

[Bike!Bike!Bike!]
今年の週末は天候が悪い日が多く、なかなかバイクに乗れない。クヤシー。

そんな状況だが、夏場のライディングはメチャ暑い。本州も暑いことは暑いのだが、標高の高いところに行くとそれなりに涼しい。要は逃げる場所があるってこと。だが、亜熱帯島国のうちなーは、海に囲まれているため最高気温こそ33℃くらいまでだが、どこに行ってもほぼこの気温。おまけに日差しはこれでもかというくらい強い。マジ死ぬ。革ツナギはとてもじゃないが無理だし、ナイロンの3シーズン用のウエアでさえ、「このままだと脱水症状で逝くかも」と言うレベル。これはメッシュ素材でガンガン風を当てないと、熱中症になって笑えない結果になりそう。だが、本格的なメッシュのライディングウエアはそれなりのお値段である。

安くてそれなりのものを探していて見つかったのがWORKMANのCORDURA(R)EURO(コーデュラユーロ)ライディングメッシュジャケット。なんとお値段3,900円。激安だ。

早速近くのワークマンに出かける。バイクで行こうかと思ったが、あまりの暑さにバイクは断念し、エアコンで涼しい車で出かける。ワークマンで早速お目当てのウエアを見つけ、隣りにあったメッシュのライディングパンツも合わせて購入。こちらも激安3,900円だ。なんと財布に優しいことか。

商品を調べていると、肘にはプロテクターを入れるポケットのようなものは無いようだ。パンツのほうはひざ用プロテクターのポケットはあるが、手持ちのものを入れてみると全く膝の部分にプロテクターが当たらない。なので、肘、膝には別途プロテクターをAmazonから購入する。購入したのはこれ。

こちらは合わせて8,283円ナリ。胸部プロテクターもコミネなので、コミネで統一してみた。

都合16,000円くらいかかったが、走ってみての爽快感は素晴らしい。ま、そこそこのスピードで走っていないとダメなんだが、今までと比べれば天国である。ただ、ショートブーツがとんでもない状態なので、通常のブーツを履かねばならず、ヒザ下だけが異常に暑いのが難点。次はブーツだな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5564

2021年06月22日

581日ぶりの表彰台と喜んではいられない

[Bike!Bike!Bike!]
マルク・マルケスが581日ぶりに表彰台に立った。レースは序盤を見逃し、残り23周回ぐらいから観戦。この時点でM・マルケスは既にトップを走っていた。その直後に白旗が振られるが、ここからマルケスが一気に差を広げる。接戦だったレースが、この数週で2秒近いアドバンテージになる。

その後、「また転倒するんじゃないかな?」とヒヤヒヤだったが、マルケスは無難に走りきり優勝。まだ怪我前のモンスター的なマシンコントロールにまでは戻っていないようだが、それなりに戦える感覚が戻ってきたようだ。

しかし、HONDAはまだまだ迷宮から脱していない。P・エスパルガロが10位、中上は14位、A・マルケスは転倒リタイヤと、全く戦えていない。そもそも予選でほぼ全マシンが1秒以内の中に入るという不思議な結果で、本間利彦さんの分析によると「マシンが悪いと差が出にく」く「シャーシが良くないと差が出ない」とのこと。「MotoGPは、オートバイの性能を競うものではなくて、ライダーの速さを競うものになっている」という言葉が耳に残る。SUZUKIも迷宮に入ってきたのか?YAMAHAも速いのはクアルタラロのみ。単にライダーの才能のみで勝っていると言うのは的確な指摘だと思う。全体的に扱いやすいのはDucatiとKTMなのかもしれない。どうした日本メーカー!


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:06:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5541

2021年05月01日

ライダーは爆音がお好き?

[Bike!Bike!Bike!]
バイクに乗っていてつくづく思うのは、爆音マシンが多いなーということ。ボーッとして走っていると、爆音を轟かせたマシンに抜かれ、その爆音にビビることさえある。どノーマルで乗っている俺には全く理解できない。四輪と比較しても、爆音仕様にしている割合はバイクのほうが圧倒的に多い。なぜそんなに爆音が好きなのか?レーシングマシンの音にはシビれるが、速さだけを追求したマシンだからグッとくるのであって、音だけ真似てもカッコいいと思は思えない。

バイクに嫌悪感を持たれる大きな原因が、その騒音である。バイクが好きな俺には、バイク乗りの立場を厳しくすることに加担することは出来ない。爆音を轟かせたマシンが集団で走っている姿を「カッコいい」と思う人は少ないはず。

最近のライダーは平均年齢が高い。俺のようないい年こいたオッサンが、爆音を轟かせて悦に入っている姿は、あまり見たいものではない。それでなくとも、エンジンの高回転を保つとそれなりの音がでるのだ。普段のライディングで、周囲からしかめっ面をされながらマシンに乗ってもいいことなどないはずだ。

「これだからバイクは・・・」と言われないようにしたいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5533

2021年04月29日

ニュルっと滑る

[Bike!Bike!Bike!]

ここ最近はいつものコースを逆周りしている。なので、全てが逆になる。左コーナーは右コーナーになるし、上りは下りに、下りは上りになる。一番美味しいであろうところも、通常周りなら上りが主だが、逆周りになると下りが多くなってくる。

路面状況も対抗車線ではかなり違っていて、道路の痛みやうちなー特有の滑りやすい(と言われている)アスファルトも、片側だけ滑り止め加工されているところも多い。下りが続くと、どうしてもフロントに荷重が行きやすい。その状態でコーナーに入ると、結構バンクさせなければならなかったりする。今履いているPower5も、交換してから3000Kmほど走った。まだスリップサインは出ていないが、最初の頃よりは若干グリップが落ちてきている感じ。そんな複合的な要素も混じってだろうか、右コーナーでセンターラインに近いところを走っていたら、前輪がニュルっと滑った。ほんと「ニュル」って感じ。

いつもの美味しいコースには、右コーナーでこういう「ニュル」っと行く場所が数箇所ある。大抵はインにつけすぎて、ワダチの関係から若干逆バンク気味になっているようなところなのだが、わかっていてもついついそこを走ってしまう。物覚えの悪さと下手さがなせる技だなー。

もうそろそろ次のタイヤを考えておこうかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5532

2021年04月24日

クアルタラロ2連勝

[Bike!Bike!Bike!]
MotoGP第3戦ポルトガルGPは、クアルタラロが圧倒的な速さを見せぶっちぎりで優勝。リンスもクアルタラロに勝るとも劣らない速さを見せていたが、残り7ラップで転倒リタイア。ここからはクアルタラロの1人旅である。2位にはバニャイア、3位はミルと、HONDA勢だけ置いてけぼりのようなレースが今回も続いた。

そんな中、マルケスがやっと復帰した。結果は7位だったが、まだまだ体慣らしというか、復帰を無駄にしないよう慎重に走っているように見えた。あと数戦で元に戻るんじゃないかな?中上も最後尾からスタートながら10位と健闘。HONDAに少し明るい兆しが見えてきたように見える。

それにしても不思議なのは、クアルタラロのマシンの最高速がDucatiに負けていなかったということだ。完走した16台のなかで、最高速が一番早かったのがクアルタラロの348.3Km/h。次はアプリリアのアレイシで347.2km/h、その次がなんとマルク・マルケスで346.1km/hとなっている模様。それ以外は全て330km/h台のトップスピードだ。ヤマハのマシンも飛び抜けてクアルタラロだけがトップスピードが出ている。なぜ?

さて、次はスペインのヘレスサーキット。役者が揃い始めて楽しみな一戦となるのは間違いない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5530

2021年04月22日

いつもと逆周りで走ってみた

[Bike!Bike!Bike!]


今日はいつものコースを逆周りに走ってみた。

逆周りに走ってみると、コーナーは全く覚えていないし、路面状態も全く違っていてびっくり。それに何故か今日は気分が乗らず、マジにちんたら走ってしまう。で、こういうときに限って後ろに速いバイクがやってくる。

あんまりてれてれ走っていてもドキューンと抜かれるだけなので、少しペースを上げて走るが、まー、当然のごとく後ろにピッタリとついてくる。これ以上ペースを上げるのは道の状況もうろ覚えだし、日曜は比較的車も多いのでちょっと怖い。少し走っているとやっぱり抜かれた。

どのくらいのペースで走っているのかな?と後をつけてみたが、かなり速い。途中路面の凹凸でマシンが振られたりして、結構怖かった。反対周りだとこんなに路面がうねっているなんて知らなかったのでそこそこビビった。そのマシンは途中から何故かペースを落として走っていたが、美味しいコーナーが続くところに入ったら急にペースアップ。俺が1つ目のコーナーを抜けたろころには影も形も見えない。はえーなぁあのライダー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:04:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5529

2021年04月18日

アルカリ系チェーン用洗剤には気をつけろ

[Bike!Bike!Bike!]
null

うちなーに来て海沿いを走る(というか、海ばっかりなんだけど)ようになって、全くサビとは無縁だったCBRが少々怪しくなってきた。こっちはちょっと風が強かったりすると、塩がどんどん運ばれてくるようで、バイクカバーの表面がベタベタしたりする。なのでとにかく錆びやすいらしい。マジマジとマシンを見ると、エキパイの集合部分とかにサビが出ているじゃないか!なんということだ。

塩は水をかけて洗い流すだけでもかなりサビを防げるらしい。だが、コイン洗車場のようなところは北部でお目にかかったことがない。なので安い高圧洗浄機を購入した。これで軽く洗車するだけでもかなり違うだろう。

ついでなので、超久々にカウルを外して洗車してみた。このバイクを購入して10年以上が経過するが、自分でカウルを外したのはこれで2回めである。CBRは最高出力が上げられた2009年式あたりから、騒音対策のためかエンジンもフルカバーされるようになった。俺の場合、スライダーもつけているのでますますカウルの脱着がめんどくさい。NSRのようにクイックリリースみたいな仕組みがあればやりやすいのだけれどなぁ。

まんどくせーと思いながらカウルを外す。中は思ったより汚れていない。やっぱりカウルを外すと洗いやすい。車体だけだと面白くないので、チェーンをガッツリ洗うことに決定。アルカリ系のチェーン用洗剤をたっぷり使ってチェーンの頑固な汚れをゴシゴシ落とす。チェーンはかなりきれいになった。

が、しかーし、ここで大問題が発生。部分的にリアのスイングアームの色がおかしくなっているではないか。なんということだ。洗剤が強力すぎてアルマイト加工に影響を及ぼしてしまったらしい。泣ける。ろくに調べずに使った俺が馬鹿だった。チェーンはきれいになったものの、他の部分が劣化するというおそまつな結果になってしまったとさ。

アルカリ系の強力な洗剤には注意しましょう、の巻。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5527

2021年04月09日

2021MotoGP第二戦

[Bike!Bike!Bike!]
2021MotoGP第二戦はクアルタラロが優勝。第一戦と同じような展開で、序盤はDucatiが圧倒的なパワーでトップを走り、それをヤマハ、スズキが追うという構図が続く。

第一戦はビニャーレスが中盤以降に素晴らしい速さを見せて優勝したが、第二戦は同じような展開ながらクアルタラロが躍進。残り5周でTOPに立ち、そのままチェッカー。今年のヤマハはいいね。スズキもなかなかいいマシンの仕上がりのようだけれど、今のところは総合的にヤマハのほうが少し上というところか。

Ducatiはチート使ってんじゃないの?と思えるほどストレートが速い。その速さは笑えるほどだ。ストレートが速すぎて、コーナリングで逆にタイムロスしてんじゃね?他のマシンをごぼう抜きだもの。あの速さは異常だ。ストレートで速いのは何事にも変えられないアドバンテージだもんなぁ。

それに比べ、HONDAは今年も見る影もない。どうしたHONDA。マルケス頼みのマシン開発が、ついに破綻したというところか。マルケスが誰でもそれなりに速く走れるバランスの良いマシンに乗ったらどうなるんだろうね。これほどまでに弱いHONDAは見たことがない。中上も今ひとつだしなー。ガンガレ中上。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5525

2021年04月07日

大雨で路面にゴミ多し

[Bike!Bike!Bike!]


3月の終わりから、突然の大雨に度々見舞われているうちなー。川の水は増水し、付近の赤土をたっぷりとコバルトブルーの海に流してくれる。沖縄の川はとても短くて、土砂が途中で堆積するようなところは存在しない。山も低いけど。

なので沖縄の水道水はなんだか荒々しい味がする。本土の深い森の中を通り抜けてきた、良く磨かれた雪解け水とはまったく違う味である。水温もかなり高いし、気温による水温の変化も激しい。水で手を洗って、頭がキーンみたいなことはありえない温さだ。

道路も雨になるとガンガン水が流れる。山から落ち葉とか砂利とかそんなものも運ばれてくる。だから大雨のあとの道路はいろんなものが落ちていて、ちょっと危険だ。今日も道には杉の木の枝葉や石ころなどが散乱していた。あぶねーあぶねー。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5524

2021年04月01日

MotoGP開幕

[Bike!Bike!Bike!]
ついにMotoGP2021年シーズンが開幕した。昨年はコロナの影響でMotoGPは第二戦(7/19)のスペインGPからスタート。その初戦でマルケスが転倒リタイヤし、2020年のマルケスはこれで見納めとなってしまった。MotoGPも日程が大幅に変更され、全20戦が15戦に縮小、日本GP も中止となってしまった。

今年はとりあえず予定通り開催されたが、マルケスの復帰はまだ先のようだ。レースはDucati勢の圧倒的なスピードに度肝をぬかれるが、スタート6番手から追い上げたヴィニャーレスが他を圧倒する速さを見せて優勝。最終ラップのミル、ザルコ、バニャイアの争いは面白かった。圧倒的なストレートスピードのDucatiにバランスのSUZUKI、YAMAHAがどう絡んでいくのか、これからも見ものだ。

残念なのは昨年に引き続きHONDAの低迷である。マルケスだから勝てたマシンであることがこれ以上ない形で明らかになっているわけだが、あのHONDAがこのままで終わるはずはないと思う。ただ、難しいマシンであることに変わりはなさそうなので、あのマシンを自在に操れるライダーが出てくるのかは極めて疑問だ。

本間俊彦さんが、「今のMotoGPの状況は、現状打開のためにライダーをシャッフルして、誰かが解決策を見出すのを待っているような感じ」みたいなことを話していたが、本当にそういう様子に見える。以前よりフロントからあっけなく転倒する状況は減っているように見えなくもないが、根本的な解決には至っていないようだ。

さて、次回は同じカタールで4/4に開催される。初戦は転倒に終わった中上選手だが、同じサーキットでの2戦目は調子を上げてくるので期待したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5522

2021年03月21日

3週間ぶりのライディング

[Bike!Bike!Bike!]
ここ数週間は週末に雨が降ったのでバイクはお預けだった。3週間ぶりに雨がない週末を迎えたので出発。って、おい、書きかけのままでアップされてるじゃんか。



この日もいつもの道を2周走ってみた。お楽しみの峠は合計4回走った。今日はなぜかフンガーダム近くの路肩にバイクが停めてあった。こんなところにバイクが停めてあるのは極めて珍しい。車種まではわからなかったが、比較的大きなSSだ。近づいて行くと、なにやら路面が濡れているように見える。その水のようなものは、停車しているバイクのあたりから流れていた。バイクが汚れるのも嫌なので、濡れているところを思いっきり避けて通り過ぎる。

ぐるーっと一回りして、再度その峠を走ったら、そのバイクはまだ同じ場所に停車してあった。こりゃおかしい。路面の濡れも全く乾いていない。もしかしてこの液体は水ではなくてオイル?突っ込んでクランクケースを割ったのか?3回目もまだ停車してあった。こりゃ完全に事故である。いやー、オイル踏まなくて良かった。

流石に最初に通り過ぎてから4時間後の4回目には、そのバイクは無くなっていた。バイク屋が運んでいったのだろう。ただ、路面はオイルの上に枯れ葉がかけられてあるだけ。「明日のあさイチとか走りに来た人はヤバそうだな、しっかりオイル処理してくれよ。」とか思ったが、思っただけで俺もそのまま通り過ぎた。

クランクケースやっちゃったら大出費だなー。安全運転が一番。事故らない、怪我しないことが最優先だよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5521

2021年02月27日

純正ブレーキパッドは良く効く

[Bike!Bike!Bike!]


先日フロントのブレーキパッドを交換した。前も書いたが、今まではタイヤ交換時か車検時に交換していたブレーキパッドだが、今回初めて行った某ラ〇〇ラ〇〇でのタイヤ交換では、異常に時間がかかっただけじゃなくブレーキパッド交換しますかの一言もなかった。その後、すぐにブレーキパッドがかなり消耗しているのに気が付いた。なんたるちあである。気が付かなかった俺もダメだけど。

今回は純正のブレーキパッドを装着。フルード交換、キャリパー揉み出しとか、一通り整備してもらったのでブレーキ周りはとてもきれい。走り始めて、その初期制動の強さにびっくりした。そういえば、以前に交換したときに「握り始めの効きが甘いなぁ・・・」と感じたことを思い出す。以前のパッドは純正品ではなく、バイク屋に勧められるものを装着していた。メーカーは・・・忘れた。グッと強めに握ればそれなりに効くのだが、ちょっとブレーキをかけたときはスーッと前に進んでしまう。ある意味ではコントロールしやすいと言えなくもないのだけれど、その違和感に慣れるまでしばらくかかった。今回は純正に戻したので、その前の状態に戻ったわけだ。

以前のパッドは、タイヤ交換後からブレーキング時の「キューン」みたいな音がでかくなった。静かな道だと歩行者が振り向くくらい。その音も純正に変えたらしなくなったのは嬉しい。ハードなブレーキングだとそれなりに音は出るが気にならないレベル。これはパッドのせいではなく、バイク屋の腕なんじゃないかと思う。

今までブレーキパッドは何回取り替えたかなぁ。全く覚えていない。リアブレーキは一度も交換していないはず。リアは交差点で停止している時とか、坂道発進でしか使わんからなー。要は、バイクが動かないようにするためだけにしか使っていないわけで、これでは摩耗するわけもない。

このブレーキパッドに慣れるには、もうちょっと掛かりそうだな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5515

2021年02月21日

リアブレーキ論争に終止符か?

[Bike!Bike!Bike!]
バイク乗りにとって、結構話題になるのがリアブレーキの使い方だ。雑誌とかで「ブレーキングのはじめに、ちょっと早めにリアブレーキをかけると車体が安定する」というようなことが書かれてあったので、俺もそれを真に受けて練習してみた事がある。こんなことを書いたこともあるが、結論から言えば、リアブレーキの操作に気を取られて危険かつ遅い、である。そもそもかなり強いブレーキングだとリア荷重がほぼ抜けてしまい、チョコっと踏んだだけでロックしてしまう。接地していないタイヤで制動力など生まれるはずもない。なので、最近はリアブレーキなど気にしないようにしていた。そんなとき見た動画かこれ。

本間利彦さんの解説はとても理にかなっている。コーナリングスピードの話もそうだし、現在のMotoGPがなぜあんなにフロントからコケるのかの話もそうだ。この話はレースの場合の話だけれど、フロントブレーキだけで間に合っているのであれば、無理してリアブレーキを練習する必要はないと確信できたのは大きい。
本間利彦さんのリアブレーキの動画はもう一つあるので、これも載せておこう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5513

«Prev Next»