Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
| Next»

2017年08月18日

オーストラリア戦メンバー予想 

[決めてくれ~~]
8月31日は天下分け目のオーストラリア戦である。これに勝てなくてもサウジアラビア戦があるので望みが絶たれるわけではないが、やはりホームで決めておきたい。といいつつ、今の日本は、コンディションさえ良ければ冷静に戦えるアウエーのほうが勝てる確率は高いように思うけれど。

さて、宿敵オーストラリアを迎え撃つ日本代表だが、ここに来て頼みの大迫は怪我でダメになった。森重・清武も怪我でダメ。大迫の怪我はマジで痛い。香川も怪我をしたらしいし長谷部も復活できるかわからない。久保は調子がイマイチで原口は移籍問題で試合に出れるか不明。その他にも吉田、本田の怪我が報道されていたのが8月最初のころである。誰もいないじゃん。

その後、吉田、長谷部、香川、原口はとりあえず試合に出ている模様だ。久保もだんだん調子が上がってきているっぽい。その他でも岡崎、武藤が点を取ったり、柴崎も良い活躍をしたとの報道もあり、戦力的にはまずまずになってきている感もある。

ハリルホジッチ監督は、相手によって戦術を変えるのがうまい監督だと思う。だから今回の決戦では、予想以上にメンバーをいじってくるような気もする。オーストラリアにはコンフェデレーションズカップのデータを最優先で分析して望むだろう。となれば、今まで以上に中盤より前でカットして手数をかけずショートカウンター、という流れを押してくるだろう。であれば、中盤・守備はボール奪取能力とフィード、攻撃陣はボール保持能力と突破力に長けている選手を使ってきそうだ。あと、絶対必要なのがフィジカルの強さ。この点で齋藤学とか香川とか柴崎は第一候補から外した。本当は柴崎に出て欲しいんだけどね。

俺の予想メンバーはこんな感じ。まだメンバーも発表されていないけれど。

GK 川島
DF 左から 酒井(剛)、昌子、吉田、酒井(宏)
MF 左から 井手口、長谷部、今野
FW 左から 原口、金崎、久保

山口も捨てがたいのだけれど、全開のイラク戦の井手口は非常に良かった。8月31日の気候が暑すぎなければ井手口はかなり効くと思う。

何れにせよコンディション次第。コンディションの良い選手を使えば必ず道は開けるだろう。24日のメンバー発表が待ち遠しい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5034

2017年08月17日

前の会社の人事は「残業するヤツが偉い」って言ってた 

[つれづれなるままに]
"残業するヤツが偉い"と信じた50代の末路

前にいた会社の人事は、「頑張っているかどうかは残業で判断する」と言っていた。俺は時間内に終わらせるが基本だと思っていたし、仕事の遅い奴が残業しているのもおかしな話だと思っていた。だから「残業=頑張り」だなんてこれっぽっちも認めていない。だが、その当時は仕事の状況を計測出来る数値が残業時間しかなかったのも事実である。それでも、上司が仕事の采配をしっかり行った場合、ごく一般的な仕事で残業が特定の人間にだけ偏ることはない。偏るのは個人に仕事が付いているためだ。これは会社が、特定の仕事を「俺の仕事だ」として手離さ(せ)ない状況を容認しているのが原因である。

特殊技能があり、本当にその人しか出来ない場合も確かにある。特殊技能は構成要素として技術的なもの、能力的なもの、資格などがあり、また、強化されるには出来上がりの品質と速さが優れていなければならない。

そういう視点で見ると、昔も「あなたという商品価値」を高めている人が尊重されたのである。「彼に任せておけば大丈夫」はれっきとした商品価値だ。ただ、それは同じ職種の中でのみ通用する暗黙知のようなもので、昔は会社として評価出来ていなかったことが多かったのかもしれない。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5033

2017年08月16日

山中負けちゃった 

[つれづれなるままに]
昨日のWBC世界バンタム級タイトルマッチ12回戦 山中慎介vsルイス・ネリは、ご承知の通り4回2分29秒にタオルが入り山中慎介が負けてしまった。

山中30戦目初黒星に涙、苦しみ悩み葛藤の防衛期間

ボクシングはめったに見ない俺だが、この試合はちょっと楽しみにしていた。山中の左があまりに凄いからだ。あの一発が見れるかもしれん、そう思い見ていたのだが、俺の期待はあえなく終了。山中は今までも結構危ないシーンがあったボクサーだから、4ラウンドにレフェリーが割って入ったときには何が起こったのかわからなかった。まさかタオルが投げ入れられたとは・・・

なんだか最近楽しみにしていたことが次々とダメになる。最初はアマゾンでの購入品(バイクカバー、PC用ファン、ベアリングetc)が調査不足でダメダメだったことから始まり、次は天候不良によるお楽しみイベント(サーキット走行)の自主取りやめ、毎週末雨でバイク乗れないじゃんフザケンナ、そして山中の負けである。会社でも想定外のことが起こっているし、最近運の流れが悪い感じ。楽しみにしていることがことごとくダメなので、8月31日のオーストラリア戦がものすごく心配になってくる。なんだかイヤーな予感がするんだよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5032

2017年08月15日

小池おばさんの本性を白日の下に晒せるか 

[つれづれなるままに]


うん、マジで頑張って欲しい。あのAI発言はその意味がまったく理解できなかった。AIというなら、まずはインプットされた情報とそのアルゴリズムを公開するべき。これから粛々と豊洲移転、オリンピック問題を片付けて行かなきゃならない彼女だけれど、粛々と出来るのかなぁAIが。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5031

2017年08月14日

天気が悪すぎる 

[つれづれなるままに]
このところ、ずーっと雨が降ったり止んだりだ。週末に晴れたのは7月22日の午前中くらいで、7月9日から全て雨だ。7月22日にちょっと乗っただけで、一ヶ月近くマシンに跨っていない。ブレーキディスクとかサビ浮いてるんじゃないかと・・・

ここまで天気が悪いのはあまり記憶にない。CBR600RRを買ってからは初めてじゃなかろうか。一般的には3日晴れて1日雨みたいな感じだと思うが、ここ最近は一ヶ月近く7割型雨だ。7月中旬から8月中旬に掛けて青空になったのは梅雨明け宣言の出された8月2日、3日あたりしか記憶にない。もうね、どうにかして欲しい。

バイクに乗らないと身体がおかしくなるんだよね。仕方がないので少々多めに歩いているけれど、歩くのとライディングでは体にかかる負荷が違う。ライディングはちょっとしたロデオマシーンみたいなものだからね。足腰はつかれるし、ツナギの重さの負荷もそれなりにある。クラッチ、ブレーキで握力も鍛えられる。加速減速で背筋もかなり使う。当然首周りは、加速減速に加えてヘルメットの重さにも耐えなければならない。そこそこ体力ないと乗れないんだなーバイクは。

早く晴れてくれい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5030

2017年08月12日

安倍政権の状況はアメリカ対中ロとかの代理戦争だね 

[つれづれなるままに]
状況を客観的かつ冷静に見ている人はみんな思っているんだろうけど、安倍政権の状況は、アメリカ対中ロとかのパワーバランスを見事に表現しているよね。

日本の情勢を見ていれば世界情勢がわかるみたいなもの。安倍政権は確実にアメリカ寄り。というか、アメリカ寄りでなかった総理は短命に終わっているよね。ここまで長続きしているのはアメリカの国策・国益を侵害しないし尻尾振って協力姿勢を示しているから。逆に、安倍政権たたき組は国益にはほとんど関係ないところで安倍政権を引きずり下ろそうと世論を誘導している。これは当然「改憲」が絡んでいて、改憲されると困る人達がいるから。ワイドショーのスタンスに惑わされるような人は改憲しても日々の生活にはなんの影響もないと思われるのに、改憲したくない人たちの片棒をしっかりと担いでしまっていることに注目すべきだよね。

「安倍下ろし」歪曲報道パニックにみる10年前と酷似したメディアの構図

そういう視点で見ると、あの小池都知事の話題作りは安倍政権への歪曲報道を薄める効果があった。小池都知事は国政に打って出るために、マスコミの注意を安倍総理に恩を売っていた可能性さえある。一気にニュースバリューが落ちた加計学園問題に合わせ、小池都知事の話もあまり出てこなくなってしまったのはその証拠かもしれんよ。

安倍総理はかなりの戦略家だと思う。詰将棋のように周辺準備を確実に行い、目的達成のために進んでいる。その方向性が正しいのかは歴史が証明するとして、戦略を持たずに場当たり的な政策だけで進む政治家よりはずっとずっとマシなのは言うまでもない。短期的に見てもとりあえずは雇用を作り経済を落ち込ませていないのだけどね。安倍政権になって不利益を被っているところってあるんだろうか。不利益を被って騒いでいるのであれば納得もするけれど、それは少々考えにくい。だから、一連のくだらない騒ぎは、改憲によって誰が損をするのかをよく見極めたほうが良いと思う。日本国民じゃないと思うよ俺は。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5029

2017年08月11日

パスワードは定期的に変更しなくていい 

[つれづれなるままに]
セキュリティに詳しい界隈からは前から言われていたことだが、以前から信じられていたパスワード神話がダメダメだったらしい。

あのパスワード規則、実は失敗作だった

その規則とは
1、パスワードに記号や大文字や数字を盛り込む
2、定期的に変更する
というやつで、今でも信じている人は多いと思う。実際俺の会社のコンプライアンスチェックにも「パスワードは定期的に変更しているか」などという戯けたチェック項目があったりする。

いまは
1、おかしな文字列より長く覚えやすいフレーズ
2、パスワードを変更すべきなのは、盗まれた兆候があったとき
が主流だ。

やっとこの意味もない規則がダメダメだったとなったことは嬉しい限りだなぁ。これ、情弱なシステム管理者に教えてあげるべきだね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5028

2017年08月10日

もうすぐ終戦の日だね 

[つれづれなるままに]
あまり終戦とかは気にしないほうなのだけれど、最近のお隣の国のなんとか婦騒動を見ていると、「いやー、こっちは一瞬で20万人くらい殺されてるんだけどなー」とか思ってしまう。戦争に負けてしまったから、「原爆で戦争を終わらせた」みたいな話になってしまっているけれど、これを無差別大量殺戮と言わずしてなんというんだろう。

あの東日本大震災では1万6千人近くが津波で亡くなった。あれでも空恐ろしい事態だったのに、原爆であの10倍以上が一瞬にして死んでいるのだ。そんなの想像さえ出来ない。

お隣さんのように、この原爆について声高々に騒いでもおかしくないレベルの話ではないだろうか。しかし、日本は国を上げてアメリカを非難したりはしていない。それは戦争に負けたからであり、アメリカの属国であるからだ。しかし、そうでなかったとしても、俺には日本人がお隣さんのように醜く騒ぐとは到底思えないのだが、どうか。

北朝鮮情勢が不安定で、今までにないほどの緊張が高まっている。俺は戦争は知らないが、知っている人が死んでいくのは嫌である。やられないようにするために、出来ることは全てやっておくべきだ。俺は「右の頬を殴られたら左の頬を出せ」とか「話せば分かる」なんて言葉は全く信じていない。善意に期待するから裏切られた気分になるのであって、期待しなければ想定の範囲内に入る。そろそろ最悪の事態も想定しておくべきな気がする。北朝鮮がアメリカ本土を攻撃したら強烈な反撃を食らうだけで、何のメリットもない。とすれば、アメリカとつるんでいる国で、少し殴っても直接反撃してこないであろうところを狙うのは至極当然だからだ。

ホント中国韓国北朝鮮日本って厄介だよね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5027

2017年08月07日

バイクで公道をかっ飛ぶのはやめよう 

[Bike!Bike!Bike!]
ちょっと衝撃的な映像だったので載せておこう。



まず驚いたのが倒立フォークの頑丈さだ(そこかよ)。フレームが曲がって前輪がエンジンにまで食い込んでいるのに、倒立フォークは若干の曲がりだけで済んでいる。恐ろしか倒立フォーク。

次に驚いたのがぶつけられた自動車の状態だ。反対車線の外にまで大きく弾き飛ばされ、ぶつけられた側面のドアは縦に大きな裂け目さえ出来ている。車重の軽いバイクの衝突であそこまでなっていることから、バイクがかなりのスピードでまっすぐ車に突っ込んだのが一目瞭然である。160km/h以上出ていたのではあるまいか。これではまるで動くミサイルだ。

不思議なのはバイクのスリップ痕が見えないことだ。GSX-R1100には乗ったことがないので分からないが、前輪をロックさせるくらいの制動力はあると思う。なのに一切のスリップ痕が見えない。となると、バイクが前方不注意で思いっきり突っ込んだか、車が目測を誤って(バイクの異常なスピードを考慮せず)右折したかのどちらかな気がする。

何れにせよ、一番の原因はバイクのスピードの出しすぎだと推測される。確かに北海道は全体的に交通量は少なく道は真っ直ぐで、スピードを出しやすい環境ではある。しかし、事故を起こしては意味がないし、ましてや誰かを巻き添えにするなど以ての外だ。以前のバイクブームは、こういう事故の増加などで社会から消し去られた。今、静かなバイク熱が再燃しつつあるのに、それに水を指すのが他ならぬライダーというのはあまりに悲しすぎる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5026

2017年08月06日

ついてない・・・ 

[つれづれなるままに]
先日、とあるイベントに参加する予定で、申込みまで済ませていた。そのイベントは俺の30数年来の念願で、ついにその日が来たかぁとか思っていた。申し込み時点では天気もよく、イベント開催日には梅雨も明けてバッチリだろうと楽観視していた俺。

だが、その思い虚しく、開催一週間前の天気予報は見事に雨。その後も予報の降水確率は10~60%の間を行ったり来たり。台風5号の不規則な動きに翻弄されているようだ。それでもイベント3日前には一気に状況が変わり、降水確率は10%になった。その時の気象庁の予報ランクはAで、高確率で当たるランクだった。

よっしゃぁと気合を入れていたのだが、イベントの前々日夜、帰路についたら雨が降ってきたではないか。いやーな予感がしたが、「あれれ?予報では今日も降水確率は10%なんだけどなー。だけど明日は大丈夫!」などと自分を慰める。しかし、俺の嫌な予感は的中し、前の日の夜も雨。湿度の状態から見て、このままシトシト続きそうな雨である。この日を33年も待ったんだからさぁ、明け方までに止んでくれればとりあえずOKだから。と空に祈るしかない俺である。

その祈りは通じなかった。朝起きたらまだシトシト降ってやがるじゃないか。無理をすれば参加できなくもないが、33年も待ったのだから良いコンディションになるまで持つことにした。トホホである。

台風5号の馬鹿野郎。もう一日早いか遅ければ良かったのに。テメーのせいで参加費だけ取られちゃったじゃないか。速く消滅しろ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5025

2017年08月04日

反応を期待する人って困るよね 

[つれづれなるままに]
ネット等に意見を書いたら必ず反応を期待する人は本当に困る。で、まず求めているのは「貴重なご意見ありがとうございました」みたいな、「俺(私)ってすごいでしょ認めろ」のようなものがほとんど。反応しなければしないでそのことをネタに騒ぐし、反応したらしたで意見を認めてもらえないと逆ギレを誘ってしまったりする。店が遠いとか駐車場がないとかいつ行っても混んでいて待たされるとか言われても、対応のしようがないじゃん。改善できない意見をもっともらしく言われてもなー。せめて対応可能なものとそうでないものの切り分けが出来るようになってからものを申したほうがいいんじゃね? 本当に貴重な意見を述べてくれる人はその辺が出来ているし、反応など期待しない人が多いんだけどなぁ。

反応を期待している人の意見は、自分のわがままを通したいというのが非常に多い。気にらないのであれば他に行けばいいだけじゃないのかなぁとマジで思う。そういう意見を聞きまくるからムダもしくは過剰なサービスが低価格で横行するんだけど。

はぁぁ、なんだか疲れる。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5024

2017年08月03日

マスコミのみなさーん、築地からベンゼン出てますよー 

[つれづれなるままに]
それも空気中から検出だと。

築地市場 空気中から基準上回るベンゼン

ワイドショーやニュースショーはさっさと取り上げて問題にするべき。なぜ誰も騒がないのかわからない。誰でも影響を受ける空気中のベンゼンは騒がず、ほぼ誰も影響を受けないであろう地下ピットにたまった水のベンゼンは大騒ぎってどういうこと?

でも、こういうのって「悪意」とかじゃなくて、ニュースバリューがあるかないかなんだよね。旬が過ぎた話題には誰も食いつかない。一億総ゴシップ好きってわけよ。サッカーのサポーターに対してアホな発言をする議員とか存在すること自体おかしいけれど、それを面白がって取り上げるから調子に乗るんだ。レストランとかでは、お客が店を育てると言われたりするけれど、お客が店の品位を下げまくってる状態だってそろそろ気が付かなきゃ。

安倍憎しみたいな論調もいいけれど、なぜ憎いのか、どこが憎いのかをはっきり言える人はいるんだろうか。

安倍総理続投が日本の国益、辞めれば習近平が大喜びする理由

ささくれが気になって引っ張ったら肉が裂けて大出血、みたいにならないか、よく考えたほうが良いと思うよ。安倍がだめなら誰が良いのかなぁ。ベンゼンで大騒ぎの小池おばさん?オリンピックも豊洲移転も止まってるようだけど、そんな人に国政を任せられる?民進党?対案も出せない党のメンバーには無理だよね。

世界一の長寿国なんだから、もう少し考えようぜ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5023

2017年08月02日

細菌=バイ菌じゃないし 

[つれづれなるままに]
CMでやたらめったら目につくのが「除菌」うんぬんって奴。手にはバイ菌がいっぱいとかニオイ菌の温床とか、そんなのばっかり。身の回りは細菌だらけなのに、自分は細菌無しで生きていきたいとか思っているのだろうか。

洗濯をしたらきれいになる(細菌がなくなる)と思っているとしたら、それは大きな間違いだし、台所で使うスポンジなど、いくら除菌したってほぼ無意味。ちなみに「殺菌」という言葉は、医薬品や医薬部外品でしか使えない表現だ。だからみんな「除菌」とか「抗菌」って謳うんだよね。これって疑似医療でよく使う手で、効果があろうがなかろうが謳うことはできる代物。医薬品のように、しっかりとしたエビデンスがあるわけじゃない。

さらには、こんな話も。
食器用スポンジは細菌のコロニーと化していて煮沸処理は無意味、細菌の繁殖を可視化するとこんな感じ
誕生日ケーキのろうそくの火を吹き消すとケーキにいる細菌は1400%になる
いずれもあのGIGAZINEの記事なので気にするな。じゃなくて、こういう記事がますます「無菌大好き」人間を作るような気がする。何れにせよ、そもそも人間自体が細菌の温床なんだから、必要以上の除菌とかは無意味でしかない。

台所のスポンジもそんなに気にすることはないだろう。食中毒防止の基本は「清潔」、「迅速」、「冷却(または加熱)」である。それぞれ細菌を持ち込まない、細菌が増える時間を与えない、細菌を増やさないという意味がある。

食中毒予防の三原則

また、解毒の第一歩は「希釈」である。細菌も同じで、薄めてしまうのが手っ取り早い。陶器とかであれば、細菌まみれのスポンジで洗った後に流水でしっかりと細菌を流し、素早く乾燥させれば問題なし。出来れば高温のお湯で洗える食器洗浄機などが非常に衛生的である。この場合、細菌まみれのスポンジで予洗いしても問題ない。問題なのは人間の安心感だけ。豊洲じゃないけど、感情で左右される安心と計測できる安全とは全く違うのだ。

しっかりと理論を理解して、そろそろ安心につけ込む商売なのか否かを判断できるようになりたいものだね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5022

2017年08月01日

磁気コネクターのmicroUSB充電ケーブル購入 

[507SH]
スマホとかで一番壊れるのが、なんといっても充電用のmicroUSBだと思う。家の連中は(嫁を筆頭に)ここをバンバン壊して使用不能にしていた。俺も携帯用バッテリーでこの部分が壊れ使用不能に。スマホとかタブレットでここが壊れたらどうしようもない。

ということで、事前に対策をうつことにした。

microUSB差込口が壊れてしまう最大の原因は、USBを繋いだままケーブルを引っ掛けてしまうことだろう。ということは、ケーブルを引っ掛けても外れてしまえば差込口のダメージは最小限に抑えられるはずだ。今の電気ポットは、ケーブルを引っ掛けてもすぐに外れるよう、コネクタ部分がマグネットになっている。microUSBもこういう構造になっていればかなり安心である。

ということで、こんなコネクタを購入した。

KKmoon M1 マイクロUSB充電ケーブル 金属磁気 USB 2.0 クイック充電 両面充電 Samsung S7 S6 Edge HTC Motorola Nokia Xiaomiなど Androidスマホ用

このmicroUSBの部分がマグネット接続になっている。
null

先日買った携帯バッテリーの充電用USBコネクタに
null

ケーブルから外したmicroUSBを差し込むと準備完了。ちょっと出っ張るが、小さめなので問題なし。
null

充電時はケーブルをつなぐだけ。磁石でパチっとくっつく。
null

向きはどっちでもOK。かなり簡単に外れるので、引っ掛けてもUSB差し込み口が壊れる可能性は非常に少ない。スマホ、タブレット、携帯バッテリーそれぞれに準備しておしまい。

と思ったのは少々思慮が浅かった。家では据え置きで電源をおいている。ここではケーブルが必要。更には持ち歩き用もケーブルが必要なので、ケーブルが足りないことに気がつく。携帯用バッテリーは毎日充電することはないので、最低でも4本のケーブルがないと不便なわけ。結局ケーブルごときに3,000円近くかかってしまった。まぁ壊れるよりいいよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5019

2017年07月31日

YAMAHA強かったねー 

[Bike!Bike!Bike!]
第40回の記念大会だった鈴鹿8耐。こっちは天候も悪かったので8時間ずーっとBS12で観戦した。

鈴鹿8耐を生で見たのは1985年の第8回大会、鳴り物入りでケニーロバーツ・平忠彦組が出場した年だ。スタートで大きく出遅れたキングケニーだったが、その後格の違いを見せつけ、一回目のライダー交代ではすでにシングル順位になっていたと思う。平でトップに立ち、ガードナー・徳野組との差をじわじわ広げていく。Tech21チームはそのまま独走状態に入る。最後はガードナー・徳野を周回遅れくらいにしていたような気がする。それでもガードナーは諦めない。最後のピットインでライダー交代せず、スモークシールドのまま平を追走。ガードナーの走りは鬼気迫るもので、遠目に見ていてもその思いが伝わってくるようだった。

ああ、このままケニーロバーツ・平忠彦組が優勝だな。誰もがそう思った残り30分。突如最終ライダーの平がスピードダウン。俺はずっとシケインで見ていたのだが、シケイン通過時は特に変わりなかったように記憶している。だが、平はメインストレートでマシンを停めてしまった。

まるでドラマを見ているような劇的な優勝を飾ったガードナー・徳野。すごいものを見たと思った。

あれから32年。マシンのレギュレーションも何度か変わり、鈴鹿のコースも若干ながら変更があった。32年前は2分20秒近かった予選ラップタイムも、今はなんと2分6秒台である。ライディングフォームも大きくイン側に身体を投げ出すフォームに変わった。マシンもHONDAの圧倒的優位は薄れ、ついにYAMAHAが3連覇をする程になった。

さて、来年はどんな夢を見せてくれるのだろう。TVで見る限りでは一時期のフィーバーも薄れ、スタンドにも空席が見え比較的余裕を持て観戦できそうな感じ。そろそろ生で見に行こうかな。その前にもてぎでのMotoGPだなー。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]
このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5021
| Next»