Linuxからアホ話まで、何でもありでござる
Next»

2021年07月30日

オリンピック男子サッカー フランス戦

[決めてくれ~~]
グループリーグの最終戦は、メキシコ戦に引き続き驚きの内容だった。

メンバーは板倉→やっと復帰の富安、相馬→旗手、林→上田の3人を代えて望む日本代表。前半27分に上田のものすごいシュートをキーパが弾き、それを久保があっさりと決めて先制する。フランスの前線は怖い選手が多いのだが、吉田と富安はそれをしっかりと跳ね返す。34分にも上田のドッカンシュートをキーパが弾くが、そこに詰めたのはなんと酒井。前半で2-0とは思っても見なかった。

後半も危なげない試合運びを続け、後半24分に三好のうまいシュートが決まり3-0。その後フランスに退場者が出て試合はほぼ決まった。試合の締め方もメキシコ戦の失敗を繰り返すことなく、ボールを回しつつ無理なく攻めた。終了間際の得点は強豪国の得点そのものだった。

この試合は旗手、上田がとても良かった。特に上田は、以前のひ弱さが消え失せ、また、技術もより向上している様を見せてくれたのは驚きだった。フィジカル的に強い相手に全く歯が立たなかった数年前とは完全な別人のようである。シュートの技術も林、前田より一歩上を行っているように見える。やっぱりシュートは枠に飛ばせないとね。

次の試合で酒井が累積で出られないのは少々痛いが、板倉も休養バッチリだろうから心配はしていない。

さぁ、次はニュージーランドだ。守備を固めてくる可能性が高いが、その守備をどう崩して見せるのか、楽しみである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5559

2021年07月30日

オリンピック女子サッカー チリ戦

[決めてくれ~~]
グループリーグ最終戦はここまで2敗のチリ。イギリスやカナダと違って、あまり大柄な選手はいない。その分技術的にはしっかりしている印象のチームだ。

スタメンは南→宝田、宮川→北村、中島→三浦、塩越→岩渕、田中→菅澤の5人を入れ替えた布陣である。前半は惜しいチャンスもあったが無得点。後半は菅澤に代えて田中を投入するが、チリに「ゴールじゃね?」と思われるようなシーンを作られたりして主導権を握れない。それでもどうにかこうにか杉田→岩渕→田中で先取点を奪い、逃げ切った。

それにしても今回のなでしこは動きが鈍い。原因はポジショニングで、スペースを作り、そのスペースを使う動きが見られない。後半の最後のほうは若干そういう動きも見られたが、それ以外は???である。その原因は岩渕の動きすぎにあるのかもしれない。周囲がその動きの穴埋めに注意するのに精一杯で、それ以外のアイディアが生まれないのかもしれん。岩渕はとても頑張っていたが、周囲のサポートが思ったより得られていない印象が強い。

今一つの調子に見えていた中島は、今回は多少復調したように見えた。だが、得意のボールをポンと出して相手をかわす動きは相手にほぼ読まれている感じ。キーマン中のキーマンなので、相手もかなり研究してきているのだろう。ここまで来て冒険はしづらいが、岩渕、中島、長谷川を外したほうが面白い展開を見せてくれるのかもしれない。

どうでもいい話だが、なでしこのストッキングの履き方が興味深い。普通にストッキングを履いているグループと、膝上までストッキングを上げて履いているぐるーぷがあるのだ。これを見ていると、このチームは2つの派閥があるのかも?と思ってしまう。ストッキングを膝上まで上げているのは長谷川、清水、遠藤、菅澤、北村だろうか。最初にやり始めたのは清水、長谷川あたりかもしれん。ストッキングを膝上まで上げると、なんとなく足が長く見える。こういうのを見ていると、微笑ましい感じがする。

さて、準々決勝は米国に完勝しているスウェーデンである。かなり厳しい戦いになるのは必至だし、今までのような戦い方で望めば確実に負けるだろう。日本に起死回生の策はあるのか。無さそうに見えるが、諦めずに待とう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 18:30:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5558

2021年07月29日

塩屋小学校

[廃墟]


廃墟ではないが、2016年を持って廃校となった小学校である。体育館の中から海が望める、素晴らしい景観の小学校だ。現在はある企業が買い取っており、勝手に敷地内には入れない。やんばるアートフェスティバル開催時にはメイン会場となっているので、ぜひ一度中を見てもらいたい建物である。

学校入り口。正面に体育館が見える。
[拡大]

横の建物の壁面にはアートが。
[拡大]

塩屋小学校跡地の石碑。
[拡大]

防波堤の壁面には短歌が書かれている。
[拡大]

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5552

2021年07月27日

オリンピック男子サッカー メキシコ戦

[決めてくれ~~]
オリンピック男子サッカーの第二戦はメキシコが相手である。先のメキシコーフランス戦を見て、右サイドのライネスを止めるのにかなり苦労するだろうと思ったし、サイドからスピードで振り切られて大ピンチの絵しか見えてこなかった。試合中盤から完全に主導権を握る試合運びも驚異だ。引き分けに持ち込めれば十分と思っていたこの試合だったが、その後ろ向きな予想は開始早々嬉しい誤算となった。

ライネス対策も兼ねていたであろう斎藤は、先取点を取られたメキシコの守備の混乱にガッチリつけ込んでPK獲得するし、キッカーの堂安は相手を「こいつらヤバイ」と思わせるに十分など真ん中への蹴り込みを見せる。久保も堂安も全く気後れするところなどない。

久保に対しての当たりは結構厳しいのだけれど、第一線に続き審判は取ってくれないのが気にかかる。というか、全体的に審判下手くそじゃね?

前半はほぼ完璧な出来だったが、前田を入れたことで前線と最終ラインの間隔が開き始めるんじゃないかという悪い予感が頭をよぎり始める。そんな中、メキシコのバスケスが堂安を止めきれず痛恨のレッドカード。日本にしてみればこれほど大きなプレゼントはなかったはずなのだが、何故か試合を殺しきれない。攻めるでもなく守るでもなく、挙げ句の果に1点取られてバタバタする始末。もしフランスに負け得失点差になったら笑えない結果となるかもしれん。

だが、この勝利を素直に喜ぼう。あのとんでもない強さに見えたブラジルも、第二戦はコートジボアールに0-0で引き分けている。自国の試合はどうしても厳しい目で見てしまうのだが、日本は思っているより強いのかもしれん。ここまで来たらしっかりフランスに勝点を上げてスッキリと決めてほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5557

オリンピック女子サッカー イギリス戦

[決めてくれ~~]
オリンピック女子サッカー 第二戦の相手はイギリス。カナダ戦からGK池田に変えて山下、左サイドバック北村に変えて宮川、右ボランチは三浦から林、前線は菅澤、岩渕の2トップから田中のワントップへ、左サイドの長谷川がトップ下に周り、左サイドは杉田へと、総勢5人が入れ替わった布陣で望む。

立ち上がりはなんとなくいい形も出来ていたが、この試合も得点の匂いがほとんどしない。中島も相変わらずパッとしない。長谷川や田中は技術があるのだから、もっともっと1人で攻め込んでもいいと思うのだが、繋いできれいに攻めようとする。サイド攻撃も途中で進撃をやめて横に流したり下げたりの繰り返し。いいところなしで終わったと言ってもいい。

最後のチリ戦に勝てば決勝トーナメントに進出できるが、ちょっと昔のW杯のように、ピークを準決勝あたりに持ってきて、グループリーグでは今一歩というコンディションの作り方なのだろうか?気になるのはやっぱり中島で、彼女が目立たないようでは日本が苦戦するのは当たり前。そのあたりも相手は研究しているのかもしれん。長谷川も同じ。長谷川はいつものように動き回りすぎて穴を開けるようなことがあまりないのでその点は評価できるが、その分良さも半減しているように見える。

さて、天下分け目のチリ戦はとにかく勝利が求められる試合である。追い詰められて何か変化が見られるか楽しみである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 21:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5556

2021年07月23日

オリンピック男子サッカー 南アフリカ戦

[決めてくれ~~]
オリンピック男子サッカーの初戦は、コロナでお騒がせの南アフリカが相手だ。

試合は序盤から日本ペースで進む。南アフリカがこんなに圧力もなく、ただ受けるだけの試合運びをするとは思っても見なかったので少々驚いたが、そんな南アフリカに対し、伝統とも言える「無理しないでかっこよく」パスを繋ぐ日本。さらにはこれも伝統の「シュートが枠に行かないorキーパー正面」が続く。

後半も同じような展開だが、疲れのせいか、南アフリカに攻め込まれるシーンも出てくる。相手は俊足の選手が数人いて、高いラインを保った日本のサイドの裏側にポーンと出してきたりする。日本は相手を潰しに行くのだが、結構あっさりかわされたりしているのが恐ろしい。

試合は久保の個人の力で勝点3をもぎ取ったが、それ以外ではほぼ見るところなしである。泣ける。

同じグループのメキシコーフランス戦を見たが、いずれもサイドに俊足の選手がいて不安はますます大きくなるばかりである。アイツらは南アフリカの選手より遥かにうまく、個でも組織でもかなり高いレベルにある。アイツらを日本は止められるのか、心配だ。

それにしても林である。俺は林が日本のキーマンだと思っている。林が1点でも取れれば、日本は上り調子になると見ている。しかし、このままであれば、日本にメダルの可能性は殆ど無いだろう。メキシコは強い。もともとメキシコは相手の分析に長けていて、その戦術で実力以上の力を発揮することがままある。W杯の決勝トーナメントに必ず残るのは、そういう力があるからだ。それに比べ日本は練習試合の段階から手の内をさらけ出し、分析されまくりの状態にあると見て良い。隠し玉は三苫くらい。それも周囲と噛み合うかは不明だし、三好の代わりに三苫となれば、爆発的な戦力アップになるとは考えにくい。0トップで三好、久保、堂安、三苫というのは面白いかもしれんけど。

このグループはメキシコ3勝、日本、フランス1勝1敗1分、南アフリカ3敗とか、メキシコ・日本・フランス2勝1敗、南アフリカ3敗という可能性が十分あるので、得失点差も大きなポイント。そんな中で南アフリカに1点しか取れなかったのは後々響きそう。また、あの変な笛でのイエロー3枚は少々ヤバめ。メキシコ戦で大事なフランス戦の出場停止者が出てしまう可能性があるのは痛い。

次はメキシコ戦。今日みたいな戦い方だとほぼ負けると思っている。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5555

オリンピック女子サッカー カナダ戦

[決めてくれ~~]
オリンピックサッカーが開会式前に初戦を迎えている。

先に開催されたのは女子で、相手は強豪カナダである。試合はあっけないくらい簡単に先取点を奪われる苦しい立ち上がり。その後は押し込んだり押し込まれたたりと、実力はほぼ拮抗しているように見えた。

日本が苦しくなった要因のひとつに、日本のダイナモである中島がパッとしなかったことが挙げられる。ポジション取りに迷いが感じられ、ダイナミックな動きも少なかった。三浦と塩越と相性が良くないのかもしれん。

全体的に???と思ったのが、横パス等が後ろに流れてしまう場面が多かったことだ。そのため受ける側は下がってボールを受けなければならなくなった。また、パススピード、パスの判断も遅く、相手に時間を与えてしまうことが多く見られた。カナダには日本のメンバーより足の速い選手も多く、ちょっとした時間を与えてしまうことでチャンスの目が消えてしまったようだ。

南、北村もいつもの感じではなかったように見える。大舞台のプレッシャーなのだろうか。塩腰はなかなかいい出来だったと思うが、もう少し足が速ければどれだけチャンスを作れただろうと思ってしまう。ま、相手が速かったんだろうけど。菅澤も頑張っていたけれど、どうしてもトラップが大きかったりしてボールが収まりにくかったのはいつもの通り。もう少しで前線で時間を作ってくれる選手になれるはずなので、期待して待とう。

PKは・・・ちょっと飲まれちゃったかな?TVで見ていて、田中の表情に高揚感も迫力も見て取れなかったので心配していたが、その心配が当たってしまった。俺は絶対岩渕がキッカーになると思っていたのだけれど、誰も話し合う様子もなかったのは不思議。

負けてもおかしくない試合だったが、岩渕の力でなんとかドローに持ち込めたのは幸いだった。女子サッカーは参加12チームのうち、グループリーグで落ちるのはたったの4チームなので、決勝トーナメントに向けてコンディションを調整すればいいと思う。全体的に力は拮抗しているようなので、コンディションとキーマンが出るか出ないかにかかっているのかもしれん。さて、次はこれまた強豪のイギリスだ。どんな試合になるか、楽しみである。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 21:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5554

2021年07月21日

ホテル・サンセットビューインシャーベイ

[廃墟]


1980年頃開業し、2000年頃に閉館したホテル。六田原展望台と隣接している。本館だったであろう場所は、GoogkeMapで見る限り更地にまではなっておらず、基礎の部分は残っている模様。そこに向かう入り口は立ち入り禁止である。
[拡大]

手前のコテージタイプの棟は、現在工事中に見える。
[拡大]

当時を偲ぶ案内板。ほとんど読めない。
[拡大]

広場には噴水があったようだ。
[拡大]

噴水近くの建物は枠組みしか残っていない。
[拡大]

この建物の奥に、本館であったであろう場所に行ける階段がある。その手前にも取り壊されていない建物がある。
[拡大]

その脇には数棟あると思われるコテージタイプの建物が、こちらもまた工事中のようだ。
[拡大]

一番興味深かったのは、噴水跡の手前にある公衆トイレ付近から、上に登れる道があったことだ。どこに続いているのだろうか。きちんと防備して登ってみたい場所だった。
[拡大]


ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5551

2021年07月19日

六田原展望台

[廃墟]

六田原と書いて「むたばる」と読むらしい。昨年秋は草ボーボーで廃墟のようだったが、今年に入ってきれいに整備された。

[拡大]

草ボーボーだったところもきれいになっている。
[拡大]

景色は絶景だ。
[拡大]
[拡大]

ここまで登る道路は、勾配、カーブともにかなり険しいので注意。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5550

2021年07月16日

U-24 ホンジュラス戦

[決めてくれ~~]
前半はもっと点数が取れたこと以外は、ほぼ文句なしの内容だった。後半は相手にフレッシュな選手が増えたこと、前線が前田に変わって厚みが無くなったことなどが影響して押し込まれるも、終盤では押し返して勝利。前田については良い評価も聞かれるが、個人的には???が多かった。

FWの総評としては、この動画が俺の言いたいことが具体的に述べられていて素晴らしい。


終了間際に出てきた育成の藤田譲瑠チマはいい選手だ。最終ラインとのバランスをうまく取り、一気に落ち着いた。将来が楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5549

2021年07月14日

物事は多方面から見ましょうね

[これでいいのか]
ちょっと気になる記事があった。
巧妙化する「排除アート」 誰にもやさしくない都市が牙をむく時
確かにこういった長居しにくかったり座り心地の良くないベンチが増えているように感じる。これを「排除」と言えなくもない。しかし、もう一方ではこういう事実もある。
仙台・青葉通地下道内の噴水、市が撤去へ 2008年から止水状態、修繕費など考慮
この地下通路は、出来た当初はとてもきれいでいい場所だった。味気ない一般的な地下通路とは全く違う場所だったのだが、いつの間にかホームレスが住み着くようになる。この噴水で洗濯をするだけでなく、周囲に糞尿を垂れ流す始末。ホームレスの排除のため見回り回数を増やしたりしていたが、一向に解決されない。きれいだった地下通路は悪臭が漂うようになり、結局水を止めざるを得なかった。

人間は生きるために虫や害獣などを寄せ付けない街作りをしている。いつぞや札幌市にヒグマが出没したが、ヒグマが出ると弱者の人間の行動は制限される。安全のため、ヒグマとの距離を置くためだ。誰もヒグマと共存したいとは思わないだろう。だから距離を置き、解決しない場合は時期を見て排除する。こう言うと極論に思うかもしれないが、要は程度問題なのだ。どの程度まで許容し、どこから排除するのか。その枠組みの話なのに、白か黒かで話をつけたがるから話がまとまらないのである。ついでに言うと、誰もホームレスを減らそうという話には持っていかないのが誠に素敵で不思議である。アホらし。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5548

2021年07月12日

レキオリゾートホテル

[廃墟]
沖縄県の国道331号線のこのあたりを走っていると、山の中腹に白い建物が見える。



この建物はレキオリゾートホテルと言って、1988~1993年の数年間のみ営業していたホテルらしい。

落書きがひどく、また、窓等も全くない。一応外観だけ確認。

[拡大]

[拡大]

[拡大]

[拡大]

[拡大]



ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 21:07:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5547

2021年07月01日

W杯アジア最終予選組分け決定

[決めてくれ~~]
アジア最終予選の組分けが決定した。

森保ジャパンはオーストラリア、サウジ、中国と同組 W杯アジア最終予選

日本はB組で、オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムとの組み合わせだ。

中国が驚異だのサウジとは当たりたくないだの、いろいろな意見があるが、アジア最終予選でモタモタしているようではどうしようもない。まぁ、コロナと同じで危機感を煽っていく報道手法なのだろうが、馬鹿なことをしない限り余裕なはずだ。というか、この組み合わせで上位2カ国が無条件出場なのだから、楽勝過ぎてあくびが出るくらいだ。前回同様6勝2分2敗か6勝3分1敗は確実だろう。そもそもオマーン、ベトナム、中国の6試合で5勝は可能。サウジとオーストラリアの4試合で2勝は計算できる。取りこぼしが1〜2試合あるとしても余裕で通過のはず。

それでもやはり真剣勝負は面白い。早く始まらないかなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5546

2021年06月30日

アニサキスを殺せ

[つれづれなるままに]
美味しい魚介類にミソをつけてくれるのが寄生虫。その代表が「アニサキス」である。昔はスルメの表面にアニサキスの渦巻き模様がついているものも多かった。イカ刺しに飾り包丁を入れるのもアニサキスを切るためである。このアニサキスは寄生虫なので冷凍か熱すれば死んでしまう。なので、安全に食べるには熱を加えるか包丁で切るか冷凍するかしか手はなかった。

そんなアニサキスを手っ取り早く殺す方法が開発されたらしい。
パルスパワーを用いた新しいアニサキス殺虫方法を開発 ―アニサキス食中毒リスクのない刺身―
要は、大電流のパルス電流にてアニサキスを殺すものらしい。電流の大きさはこの記事からはわからないが、200V(or 100V)の電源から電気エネルギーをコンデンサに貯めてから放出とのことなので、瞬間にかなりの電流が流れるのは想像に難くない。これで風味を損ねることなくアニサキスだけを殺せるとのこと。これを使うと、船で釣り上げた直後に生で美味しくいただくとかができる感じ。キッチン付き船でレストランとかできんじゃね?とか思ったのは俺だけかな?

美味しいイカ刺し食いてぇなぁ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5544

2021年06月28日

TVの偏向報道が酷すぎる

[だめだこりゃ]
先日久々に夜のTV報道番組を見た。サンデーステーションとか言うやつだ。その番組では、ワクチン接種率の高いイスラエルで感染爆発している、というニュースを初っ端に放送していた。で、その肝心のイスラエルの状況はこれ。
イスラエルにおける新型コロナウイルスの感染状況・グラフ
6月24日時点でピーク時の1%、絶対数では194人である。激減したときの感染者数は20名以下だったので、それから比べれば確かに増加している。しかし、イスラエルの人口は約900万人。東京の感染者数より遥かに少ないのだ。これで感染爆発といえるのだろうか。誤差の範囲にしか見えないのだが。

更にコロナの危険性を煽る報道が続く。コパアメリカでの感染増を例に取り、スポーツイベントで感染者が増加していることを嘆く。だが、何故かEURO2020については報道しない。当然大谷が活躍している大リーグもだ。ネガティブ要素だけを報道するのはいかがなものか。オリンピック開催で感染者が増加した時に、政権を貶めるための布石なのだろうか。

感染予防がうまく行っているイベントなどは一切報道しない。出てくるコメンテーターや専門家(と呼ばれる人)も、具体的なデータなどは一切示さず、個人の感想ばかりである。こんな番組ばかり見ていては正しい判断などできるはずもない。TVはどんどん自分の首を締めているように思える。TVは見るもんじゃないな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 22:00:00 - コメントなし - No Trackbacks - [この記事のみ表示]

このエントリのTrackBack URL
https://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5545

Next»