Linuxからアホ話まで、何でもありでござる

2017年07月16日

排気量最高速神話 

[Bike!Bike!Bike!]
先日バイクで走りに行ったときのこと。あまりの暑さに水分補給をまめに行っていたのだが、水を飲もうとバイクを降りてヘルメットを脱いだとき、とあるドライバーから「このバイクって何Km出るんですか?」声を掛けられた。

ん?最高速?測ったことないなー、というか、出す場所もないし。ということで「さぁ、測ったことないですね~」と答える。水を飲んで戻ると、そのドライバーはまだバイクの周りにいて、しげしげとマシンを見ている。

ドライバー「これ、600なんですね」
俺「ええ」

という、お決まりのパターンで苦笑い。ライダー以外でバイク乗りに話しかけてくる人は、殆どが「これ何cc?」や「どのくらいスピード出るの?」と聞いてきてウザい。興味があるんだったら自分で調べれば?とマジ思う。

で、600ccなんですねという人は、ほぼ「デカイ排気量=すごい」という思考回路である。つまり「なーんだ、600ccなんだ。大したことないじゃん。」なのである。だからこういう人にはご希望どおりこう答えることにしている。

俺「1000ccとか、重いしデカイしパワーありすぎるしで怖いんですよ。」

これは「俺、チキンなんだよね」とか「下手くそなんで小さくて軽いのがいいの!」とか「面白さは排気量じゃないんだけどわかってないなー」とか「パッと見て車種もわからんのはにわかだよね」というような意味を込めている。400ccでもデカくて重くて扱いきれない俺なのに、1000ccなんて選ぶわけ無いじゃん、わかってくれよ。と、暗に伝えたいのだが、伝わっているかはわからない。

それにしても、なぜみんなは排気量のデカさ、最高速の速さにこだわるんだろう。個人的には125cc位が一番おもしろいと思うのだけれどね。

と、ここまでの会話でそんなことを思った。するってーとそのドライバー、こんな事を言い始めた。

ドライバー「いや、1000ccでもそんなパワーないですよ。Z1持ってますけど大したことない。」

ん?Z1?いや、パワー無いわけないだろ。そりゃ最新のマシンに比べれば無いだろうけど、大排気量のトルクってすごいじゃん。

俺「Z1ですか。俺、バイクに興味持ち始めたのはZ2からなんですよね。」
ドライバー「Z2なんて高くて手に入りませんよ。400万くらいしますから。Z1は250万くらい。」
俺「いやいや、発売当初は安かったでしょwww」

なんということだ。会話が全然噛み合わない。俺はレストアされたマシンの話なんてしてるわけじゃない。当時のマシンの話をしているだけ。この御仁、リターンライダーなんだろう。金はそれなりにあるのでマシンはそれなりのものが欲しい。だけどハーレーはイヤってところか。もしくは中年デビュー。

うーん、所有する喜びが一番強いバイク乗りとは、どうしても会話が噛み合わないんだよなぁ。俺はやっぱり乗るのが好き。だからスクーターでも楽しい。で、たまにしか乗らないから、より操る楽しみの大きなSSがいい。だけど重くてデカくてパワーあり過ぎは怖い。こんなところだ。

というか、やっぱり話しかけられるの苦手だなぁ。今度は人がいたら降りないようにしようっと。

ブログランキング・にほんブログ村へ
posted by oyajiman at 2017年07月16日 22:00:00



コメント

コメントはありません

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このエントリのTrackBack URL
http://www.oyajiman.net/oyaji/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=5008
言及リンクが無い場合は掲載されません。

コメントする